かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【盗人猛々しい!!】

【日本1位の鉄鋼会社新日鉄『POSCO株3.3%残して売却』】
2016.05.17 06:16 韓国経済

なぜ株売却?

保有株5.04%の内、1.72%売却・・・150万株終値基準3,110億規模
日本、日新製鋼との合併資金準備重視した可能性

16年間の友好関係に影響するのか?
新日鉄株式代金『単なる売却・・・戦略的パートナー関係維持』

『韓国の鉄鋼見通し暗く見た』分析も

 日本1位の鉄鋼会社、新日鉄が(新日本製鉄+住友金属)が保有しているPOSCO株5.04%の内1.72%(約3,110億ウォン)の売却を決めた。新日鉄が日本4位の鉄鋼会社日新製鋼との合併資金準備の為、POSCO株の一部を売却する事にしたとの分析が優勢である。鉄鋼業界の一部は、新日鉄が鉄鋼産業の未来を暗く見ている結果では無いかと見ている。

鉄鋼会社の合併発表直後、株売却

 新日鉄は16日声明を発表し、保有しているPOSCO株の内、150万株を売却すると発表した。同日終値基準で3,110億ウォン規模である。新日鉄はPOSCO株4,394,712株を保有している。売却が終われば、新日鉄の持株率は3.32%に下がる。

 新日鉄は、「競争力向上、海外事業拡大、資産縮小の為、POSCO株の売却を決めた」と説明した。正確な売却記事は、示さなかった。

 鉄鋼業界は、新日鉄が日新製鋼との合併資金準備の為、POSCO株を売却すると分析している。新日鉄は13日、日新製鋼との合併を発表している。日新製鋼の買収には、約1兆ウォンの資金が必要と知らされた。

 世界景気の悪化、中国発の供給過剰で始まった鉄鋼業界の不況に備える為の先制的な構造調整と評価され、規模を拡大し、原料購入コストを削減し、設備投資を効率化する戦略である。日本国内の鉄鋼の供給過剰縮小策との分析もある。

 鉄鋼業界関係者は、「新日鉄は自主的な構造調整を始めたと見ている。規模を拡大するのと同時に、非核心資産を売却し、生産性を高める事を意味する」と話した。世界1位のアルセロール・ミッタルとの差を縮小し、中国の河北鉄鋼、宝山鉄鋼など、ライバル会社を締め出す戦略との分析もある。

POSCOとの友好関係に影響するのか?

 新日鉄は声明で、「POSCOと戦略的パートナー関係は維持する」と強調した。業界の一部では、新日鉄が鉄鋼業界の未来を明るく見ておらず株の売却を決めたと分析してい。日新製鋼の買収資金準備で、POSCO株を最初に売却する事は、鉄鋼景気の鈍化を懸念しての事と説明する。

 POSCOの昨年の連結基準営業利益は2兆4,100億ウォンで、前年比25%減少している。同時に960億ウォンの当期純損失を記録し、創業以来初の赤字を記録している。今年第1四半期は、昨年第4四半期に比べ、2倍近い6,598億ウォンの営業利益を記録しているが、世界的な供給過剰が消えない状況で、下半期の実績を楽観視出来無いと指摘されている。

 しかし、すぐにPOSCOと新日鉄の戦略的提携関係が壊れる事は無いと業界関係者は分析している。POSCOと新日鉄は2000年、相互出資、共同技術開発などの内容を含む包括的提携を結び、新日鉄はPOSCO株の3.3%を、POSCOは新日鉄株の2.5%を保有している。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2016051658101&nv=3

何が戦略的提携関係だよ!!
技術を盗むことしか考えない泥棒の癖に。
窃盗と戦略的連携・・・恥でしか無い。
全部売っちゃえば?(笑)

裏切りの代償は、真綿で首を締める様に、POSCOに跳ね返って来る。
ざま~みろ!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック