かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【意味分ってるの?】

【国会、'韓米FATCA『批准遅延』
 ・・・金融会社6,000億の税金爆弾に当る可能性】

アメリカ、9月発効期限
金融所得に30%課税
2016.05.09 18:33 ソウル経済

 20代総選挙以降、事実上放置している国会のせいで、来年以降、国内の金融会社は、最大6,000億ウォンを上回る税金爆弾に当る危機に陥っている。韓米が納税者の金融情報を自動通知する『外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)』を、国会が批准していないからである。この協定が、9月までに発効されない場合、来年以降アメリカ政府は内国税法(IRC)を適用し、国内の金融会社がアメリカに投資して得る利息や配当などの収入に、30%の税率が適用される。

 9日、ソウル経済新聞と資本市場研究員が、FATCA未批准によるアメリカ政府の課税額を分析した結果、年間最大6,650億ウォンの税金を更に支払う事になる事が分かった。両国政府は域外脱税を防ぐ目的で、2014年3月妥結し、昨年6月、正式署名を終え、政府は昨年7月、国会に批准を要求した。両国政府が合意した批准期限は今年9月である。

 資本研によると、昨年末時点で、海外に投資されたファンドの総額は61兆ウォンで、内北米に投資された金額は24兆4,000億ウォン(40%)水準である。3年平均のスタンダードアンドプアーズ(S&P)500指数の配当収益率は15.4%で、これを適用すればアメリカの投資収益は約3兆7,500億ウォンに達する。現行12.3%、約4,620億ウォンの税金で済むが、国会がFATCAを批准しなければ、来年以降30%が適用され、1兆1,270億ウォン支払う事になる。国会の批准遅延で、金融会社がアメリカ政府に6,650億ウォン(17.7%)の税金を更に多く支払う状況が発生する。イ・ヒョソプ資本研研究委員は、「協定により、アメリカに投資する金融会社は天文学的な課税爆弾に当る可能性がある。域外の脱税を防ぐ為の国際協定を批准しない事も、両国の信頼を害する」と伝えた。
http://www.sedaily.com/NewsView/1KW8WQU375?OutLink=nstand

脱税してなきゃ、何の問題も無い。
国籍ロンダリング中の孫正義や、パナマ文書に名前がある様な企業や個人は困るかも知れないけどね?
>域外の脱税を防ぐ為の国際協定を批准しない事も、両国の信頼を害する?
 害するほどの信頼がどこに?(笑)
 国際協定を守る気など、端から無い民族が、批准してもね?
 朝鮮人=脱税や脱法・違法行為だし。(笑)

批准の意味分ってるの?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック