かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【いつも通りのグダグダ】

【韓国型機動ヘリ「スリオン」 核心装置技術を移転できず国産化失敗】
2014.12.15 09:10 中央日報日本語版

 韓国型機動ヘリコプター「スリオン」の動力伝達装置の国産化失敗による直接的な国富損失は5000億ウォン(約540億円)にのぼる。独自の技術による国産ヘリコプターの開発、12兆ウォンの経済的効果という青写真も水の泡となる状況だ。監査院が強力な調査と違約金を検討するのもこのためだ。

 業界によると、現在まで製作された「スリオン」は24機。防衛事業庁は2020年までに計240機の「スリオン」を生産する予定だ。最近締結された2次契約66機を含めると、残余機数は150機にのぼる。

 今まで「スリオン」に供給された動力伝達装置はすべてエアバスヘリコプターが納品したものだ。匿名を求めた業界関係者は「スリオンの動力伝達装置は1機当たり21億ウォン」とし、「国産化の失敗で計5000億ウォンにのぼる資金をエアバスヘリコプターに支払うことになる」と話した。

 国産化失敗の原因について、韓国航空宇宙産業(KAI)は監査院の調査が進行中という理由で立場表明を拒否した。しかし技術移転契約の当事者、エアバスヘリコプターとS&T重工業は激しく対立している。S&T重工業は「初期契約段階からスリオンの国産化は不可能だった」と主張した。動力伝達装置に必要な450個余りの部品のうち「国産化」対象は当初30%(134個)にすぎなかったということだ。

 契約構造も複雑だ。エアバスヘリコプターがS&T重工業に技術移転すれば、S&T重工業が動力伝達装置部品を開発してエアバスヘリコプターに納品し、エアバスヘリコプターがまたKAIに納品する形だ。S&T重工業は「正常な契約なら我々がKAIに直接納品すべき」と話した。監査院は複雑な納品構造が生じた原因に対する調査もしている。

 S&T重工業側はエアバスヘリコプターの故意的な技術移転遅延を疑っている。会社関係者は「公文書を送って回答を受けるのに1年以上かかり、設計図面が随時変化したり、以前になかった品質認証手続きが生じ、開発期間が延びるしかなかった」と述べた。

さらに今まで開発が完了した部品は80個余りだが、うち18個は監査院の調査が始まりながらエアバスヘリコプターが一斉に開発完了を承認したという説明だ。さらに開発された部品までも納品できずにいる。S&T重工業は「エアバスヘリコプターから『当初契約した134個の部品を100%開発完了しなければ一つの部品も受けることはできない』と話しているため」と明らかにした。S&T重工業とエアバスヘリコプターの間の契約書には、部品供給のための量産基準は含まれていない状態だ。

「スリオン」核心部品の国産化失敗による違約金も攻防の対象となっている。監査院は今回の件を「国庫支援された事業の契約不履行」と見なし、最大1000万ユーロ(約136億ウォン)の違約金を検討している。これに対しS&T重工業は「エアバスヘリコプター側が違約金として約100億ウォンを出さなければいけないという話を聞いた」とし「もし監査院がKAIに違約金を科す場合、エアバスヘリコプターを通じて結局は我々が違約金を支払わなければいけない構造であり、納得しがたい」と訴えた。

これに対しエアバスヘリコプター側は「技術移転を含めて契約をすべて誠実に履行してきた」という立場を明らかにした。シンガポール支社を通じて中央日報が送った質問書に対するメールでの回答でだ。エアバスヘリコプターは「スリオン」国産化失敗の原因を尋ねる質問に対し、「本件を含む国防関連問題については、監査院の監査が包括的に進行中だと聞いている」とし「したがって具体的な回答をするのは適切でない」と答えた。続いて「エアバスヘリコプターは監査院など韓国関係機関の調査に必要なすべての協力をしていて、今後もそうする」と伝えた。
http://japanese.joins.com/article/998/193998.html
http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=193999&servcode=300§code=300


【骨組み(フレーム)・ガラス窓破損、国産ヘリコプタースリオン・・・安全性議論】
2016.05.09 08:53 イーデイリー

試作期2機の気体フレームに亀裂発生・ウィンドシールドに亀裂も
『振動の問題で無く、運用過程、低気温作戦遂行上の問題』
海軍の作戦ヘリコプター事業進出・輸出戦線に暗雲


 韓国型機動ヘリコプタースリオンの骨組みである機体のフレームとガラス窓の破損など、様々な欠陥が発生している事が分った。スリオンは、第1世代の国産ヘリコプターである。

 9日、軍とKAIによると、先月スリオン(KUH-1)の試作3号機と4号機の機体のフレームに亀裂が発生した。スリオンの試作期は、地上試験・飛行試験の為6機生産された。

 機体のフレームの亀裂の他、陸軍航空作戦司令部に納品された一部の量産機では、機体の前方のガラス窓『ウィンドシールド』にヒビ割れが発生した。ウインドシールドの欠陥は、上空を飛行する際の低気温に耐えられずに発生する欠陥だと把握された。軍とKAIは、2012年末~2013年初めまでの50日間、アラスカで行われた低温飛行テストに通過したと発表していた。

 スリオンは、韓国航空宇宙産業(KAI)と軍が、2006年6月陸軍運用の老朽ヘリコプターUH-1Hと500MDの入れ替えを目的に、体系開発に着手した機種である。2012年までに投入された開発費は1兆3,000億ウォン、2023年までに量産コスト4兆1,500億ウォン、運営維持コスト3兆6,300億ウォンを含む、9兆ウォンが投入される汎政府国策事業である。

 スリオンは2012年12月、量産型1号機が完成し、720億ウォンの予算浪費問題、開発過程の振動問題などで難航していたが、『戦闘用適合判定』を受け、軍に正式納品されている。2022年までに約200機のスリオンが陸軍に配備される計画で、現在までに50機量産されている。スリオン1機の価格は185億ウォンである。

 スリオンは、機動ヘリコプターの他、上陸機動ヘリコプター、義務護送専用ヘリコプターなど、軍用派生型として開発され、警察・消防・山林ヘリコプターに改造・開発され、官・軍の分野を合わせると、数百機が飛ぶ計画である。

 しかし、開発完了から4年で、致命的な欠陥が見付かり、KAIと軍は非常事態に陥っている。様々な派生型の機体生産、2次海上作戦ヘリコプター事業進出、輸出戦線への影響が予想されている。

 先月21日、防衛事業庁、陸軍、国防科学研究所、国防技術品質院、KAIなど関連機関と企業が会議を行い、亀裂対策を相談し、亀裂が発生したスリオンの試作機は、補強材の重ね貼りで運用すると結論付けた。更に、今後の亀裂防止の為、亀裂が発生しなかった量産機の設計を補強する計画である。試作機と陸軍が運用している量産機の測定したデータを利用し、補強材を最適化する形状管理作業に着手した。

 軍関係者は、「現在、陸軍と義務司令部がスリオンを運用中で、様々な欠陥が発生し、一部のパイロットは、搭乗を避けるケースがある。徹底した改善作業が必要だ」と耳打ちした。

 これについて、KAIは、「現在、部品の納品企業と設計を再検討するなど、試作機・量産機のフレームとウィンドシールドの改善策を準備している。初の国産ヘリコプターで開発が終了後も、絶えず改善作業が必要で、致命的な欠陥で無く、改善過程にある」と話した。

 一方、KAIは、今後海軍が導入する海上作戦ヘリコプターの2次事業にスリオンで挑戦する計画だが、今回の欠陥で困難に陥ると見られている。海上作戦ヘリコプターは、海上作戦を行う為、海風と塩分に耐える高い耐久性を備える必要がある。

 軍専門家は、「KAIと軍が、欠陥を最小化する作業に力を傾け無ければ、輸出戦線への影響は避けられない」と指摘した。KAIは2023年までにスリオン300機を、東南アジアや南米などに輸出し、市場占有率を30%に高める計画である。
http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=01462886612647280&SCD=JC41&DCD=A00304


2014年12月末~50日間、アラスカで「スリオン」の低温飛行試験を実施した結果、全ての項目で、評価基準をクリアした。
試験では、「スリオン」を氷点下40度の低温下に12時間以上露出させた後、振動や荷重など約120項目を評価する形で行われた。


【国産機動ヘリコプター『スリオン』機体に亀裂発生・・・軍、調査に着手】
2016.05.09 19:54 聯合ニュース

放射庁『安全には影響なく・・・改善策準備する』

 軍の最新型国産機動ヘリコプター『スリオン』の機体に亀裂が発生し、軍が調査に着手した。

 キム・シチョル防衛事業庁スポークスマンは9日、国防部定例ブリーフィングで、「(国内で運用している)スリオン約40機の一部の機体に問題が発生している事が分った。放射庁、陸軍、国防科学研究所、国防技術品質院、韓国航空宇宙産業(KAI)が、関連対策を協議している」と発表した。

 問題のスリオンは、4機の機体の左側のフレームに装着された振動吸収器の上端に亀裂が発生し、別の機体のコックピット前方の防風ガラス(ウィンドシールド:wind shield)に5ヶ所ヒビが入っていた事が分かった。

 防衛事業庁関係者は、「亀裂が生じた部分は、飛行の安全項目(FSP)、主要構造品目(PSE)に当らず、機体の荷重に影響は無いと分析された」と説明した。

 この様な調査結果に基づき、軍は、スリオンの飛行を停止せず、問題の改善策を準備し、来月中に適切な対策を行う計画である。

 防風ガラスのヒビに関連し、防衛事業庁関係者は、「外部の物体の衝撃を含む様々な疲労の累積で破損した事が確認された。防風ガラスの破損時も、ヘリは安全に着陸した」と発表した。

 更に、「防風ガラスの強度改善が求め、これを補強した改善形状の技術的な変更を進め、ガラスにフィルムを貼って防護力をUPする」と説明した。

 スリオンは、2006年に始まった韓国型機動ヘリ開発事業に基づき、国防科学研究所とKAIが開発した国産機動ヘリで、2009年試作機が出荷され、2010年テスト飛行した。現在、陸軍義務搬送航空隊を始め、部隊で様々な任務を遂行している。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2016/05/09/0302000000AKR20160509072251014.HTML?template=5566

いつも通りのグダグダで、フランス製の国産ヘリコプターになりました。
そして、案の上、様々な欠陥が・・・。(笑)

いいんじゃないかしら?
それでこそお笑い韓国軍!!
実際に戦闘になれば武器を捨てて逃げるだけなんだし。
敵に高性能な武器をくれてやるより、捨ててあってもいらないようなガタクタの方が被害は少なくて済む。(笑)

で破損した窓に、カーフィルムを貼って補強するらしい。
ホント、何でもアリなんだから。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック