かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【不動産投機の成れの果て】

【『構造調整の激風』東南圏の住宅ローン急増
 ・・・家計不健全化のプライマーになる?】

慶南(キョンナム)不動産好況風で家計融資5年で80%増
蔚山(ウルサン)72%、釜山(プサン)56%↑
2016.05.08 17:52 ソウル経済

 巨済(コジェ)・昌原(チャンウォン)・蔚山(ウルサン)・釜山(プサン)など、東南圏経済ベルトの家計負債が、5年で全国平均の2倍以上、急速に増加しれいる事が分かった。造船・海運など、東南圏経済ベルトの核心産業の構造調整による大量失業が予告される中、これらの元利金返済負担が高まり、家計負債の不健全化を招く可能性が懸念されている。

 27日、韓国銀行・統計庁によると、巨済(コジェ)・昌原(チャンウォン)などを含む、慶尚南道(キョンサンナムド)の家計負債(預金取扱機関基準)残高は、昨年末現在46兆9,,000億ウォンで、2010年(25兆9.000億ウォン)に比べ80.8%増加している。全国17市・道の内、済州島(チェジュド)(91.7%)に次いで高く、全国平均(36.9%)の2倍を超えている。蔚山(ウルサン)の家計負債も17兆1,000億ウォンで、5年で72.8%増加し、 釜山(プサン)も49兆ウォンで56.4%増加している。

 2010年以降の海運・造船業の不況が続く中、これら地域の家計負債が急増したのは、不動産景気が回復し、住宅ローン(集団ローン)が大幅に増加しているからである。KB国民銀行によると、慶南(キョンナム)の昨年末の住宅売買価格指数は、2010年末に比べ21%急騰し、全国平均(6.2%)の3倍以上高く、ソウル(1.1%)を大幅に上回っている。蔚山(ウルサン)も、同期間25.8%上昇し、釜山(プサン)も20.4%上昇している。家計負債全体に占める集団ローンの割合は、慶南(キョンナム)が2010年の47.9%→昨年53.9%に、蔚山(ウルサン)が58.2%→61.4%に、釜山(プサン)が66.6%→71.5%に上昇している。

構造調整で失業者急増、元利金返済に赤信号

 問題は、慶南(キョンナム)・蔚山(ウルサン)地域の核心産業の構造調整で、元請け企業だけで無く、下請け企業でも大量失業が予想され、債務者が元利金返済に困窮する可能性が高い事である。政府が、『特別雇用危険業種』に指定し、失業手当を支給しても、収入の減少は避けられず、元利金の返済には力不足である。チェ・チャンホ蔚山(ウルサン)商工会議所経済総括本部長は、「家計負債が急増する中、大量に失業者が発生する事は、家計負債のリスク要因になる。大企業出身退職者は、退職金などを貰う為、元利金の返済に負担を感じないだろうが、中小協力会社の退職者の退職金は幾らでも無く、これらの家計負債が問題になる可能性がある」と懸念した。

 実際、第1四半期の求職給与の新規申請者数は、蔚山(ウルサン)が9,500人で18.2%増加し、慶南道(キョンナムド)が19,400人で4.8%、釜山(プサン)が22,300人で2.9%増加している。全国の求職給与の新規申請者数が307,300人で、1年間で1.3%増に留まっている事に比べ、東南圏で失業者が急増している事になる。

単に失業手当を支給するので無く、家計負債連携対策が急務

 失業者は、真っ先にコストを削減すると見られ、その結果、延滞率が上昇し、それが銀行の不良を招く可能性がある。元利金返済負担に絶えられかい家計が、集団ローンで購入した住宅を売りに出せば、住宅価格が急落する可能性も排除出来ない。実際、慶南(キョンナム)の住宅売買価格指数(KB国民銀行算出)は、3月100.0で、2月100.1から小幅に下落している。慶南(キョンナム)地域の指数の下落は、2013年2月以来、約3年ぶりの事である。蔚山(ウルサン)の場合、現代重工業がある東区の住宅売買指数が昨年3月100.5に上昇していたが、今年3月現在、小幅に下落した100.3を示している。

 専門家は、単に失業手当を支給するだけで無く、家計負債の連鎖不健全化を防ぐ事が出来る総合対策が必要と指摘する。ユン・ジョンス昌原(チャンウォン)商工会議所調査チーム長は、「失業者の安定対策だけで無く、家計負債の不健全化問題も考慮し、更に進んだ対策が必要」と話した。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160508175228276

韓国の不動産は投機物の一種で、終の棲家として購入する訳じゃないし、銀行は担保を取って融資してるんだから、担保物件を差し押さえればいい。
『貧乏人が不動産投機に失敗した』・・・それだけの事で、失業とは無関係。
何の抵抗も無く安易に金を借りまくる性質を変えない限り、10年に1度は、破綻、又は破綻の危機に・・・。

もうすぐ、10年に1度の祭りが始まりそうだね?
日本に泣きついてさえ来なければ、政府が余計な事さえしなければ、何度破綻しようが問題ない。
ビール片手に、高みの見物と行きますか?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック