かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【経営者の責任?】

【造船・海運への貸付額90兆・・・揺れる銀行】
2016.04.27 23:00 SBS

<アナウンサー>

 我が国の経済の最大の話題に浮上した造船・海運業の構造調整に関連し、果たして銀行は安全なのか?と懸念されています。この2業種の銀行全体の貸付額が90兆ウォンに達するからです。

ソン・スンウク記者の取材です。

<記者>

 昨年5兆ウォンを越える赤字を記録した大宇造船海洋.

 赤字のこの企業に、銀行が融資、又は保証人になっている金額、すなわちエクスポージャーは20兆ウォンに達します。

 産業銀行が6兆ウォン、KEBハナ銀行など4大都市銀行も2兆ウォンを越えています。

[A都市銀行の行員化]

 「国策銀行が、積極的に(不良企業を)支援するのに、我々だけが生き残る為に手を引けば、社会的に非難されませんか?」

 昨年、2,300億ウォンの赤字を記録した韓進(ハンジン)海運に、都市銀行は2,190億ウォン融資しました。

[B都市銀行行員]

 「(海運会社が)資金を借りる事自体、企業の信用度を下げる可能性がある為、(銀行の)顔色を伺っていたようです」

 この様な形で、融資と保証を続けた結果、構造調整対象の海運・造船業への銀行の貸付は90兆ウォンに達しています。

 国策銀行の割合が大きく、都市銀行へのダメージは制限的と言う見方が優勢です。

[ク・ヨンウク/リサーチセンター理事]
 
 「都市銀行は約7~8年調整をして来た為、波及効果は遮断されています」

 しかし、都市銀行が17兆8,000億ウォンも融資している造船業の状況が更に悪化すれば、銀行の健全性が悪化し、再び国民負担に繋がるとの懸念もあります。

 政府も管理に入りました。

[イム・ジョンリョン/金融委員長]

 「企業の構造調整過程で生じる可能性がある副作用と問題点は様々あるが、何より金融市場の安定が重要です」

 大統領府関係者も、韓国銀行による産業銀行の債権買入れ、又は韓国銀行が出資する方法で産業銀行を支援する為、法改正を推進すると発表しました。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160427202504442

法改正について、野党はすでに反対を表明してるし、選挙に惨敗し、セヌリ党の議席数は過半数に満たず、セヌリ党内部では親朴派と反朴派が激しく対立し、反朴派の議員は『パク・クネ大統領は離党せよ』『むしろ離党してくれた方がいい』と言い出す始末。

レームダックは進み、国民の賛同も得られない状況で、反朴派や野党が賛成するはずも無く、法改正は絵に描いた餅に終わりそうな予感。

構造調整そのものは与野党共に必要だと考えているらしいけど、いかんせん金が無い。どうするんだろ?(笑)

【韓進(ハンジン)海運『用船料交渉、年末まで時間くれ】
2016.04.28 02:13 韓国経済

『10~20%の引下げ可能・・・船主は政府の支払保証要求』
韓進(ハンジン)海運、『船主の半分以上はファンド・・・期限短かければ、交渉不発に終わる可能性も』

期限、釘を刺さされた現代商船、事実上瀬戸際戦術
昨年12月以降、業界状況最悪・・・独自生存不可能と判断
『自律協約申請前、産銀と十分協議した』

 韓進(ハンジン)海運は、海外の船主との用船料の引下げ交渉の期限を今年の年末まで延長されれば、年間用船料を10~20%(1,000億~2,000億ウォン)程度下げる事が出来ると言う補完策を産業銀行に提示する方針である。更に、用船料の引下げ交渉で、海外の船主は、政府、又は産業銀行の保証を要求するとの意見を産業銀行に伝える事にした。

 匿名を要求した韓進(ハンジン)グループ高位関係者は27日、韓国経済新聞の記者に、「産業銀行の自律協約申請書の補完要求に、韓進(ハンジン)海運は、この様な内容を入れて提出すると知っている」と話した。「用船料の引下げ交渉について、韓進(ハンジン)海運は期限を定めない方が最善の結果を生み、期限を定める場合、今年の年末を希望している」と伝えた。

 韓進(ハンジン)海運は25日、メインバンクの産業銀行に、債権団自律協約(債権団管理)を申請した。産業銀行は、申請書の不備を理由に補完を要求した。

 産業銀行が要求した補完事項は、大きく2つである。四半期別の短期資金状況を月別・用途別の詳細な具体化、船主との用船料交渉は、いつ、どの様に行うのかの具体化である。

 韓進(ハンジン)グループ高位関係者は、「短期資金の補完は、それほど困難な作業で無いが、用船料の引下げ交渉の方法については、韓進(ハンジン)海運が考える最善の方法を用意する」と説明した。

 韓進(ハンジン)海運は、用船料の引下げ交渉の期限を定める事は容易で無く、効果も僅かと判断している。

 韓進(ハンジン)海運は、ギリシャ、ドイツ、英国、アメリカ、日本など、18ヶ国の船主と用船料の引下げ交渉を行う計画で、相当数は、引き下げ交渉中の現代商船の船主と重なっている。

 船主が同じならば、現代商船の交渉結果と同水準で終わると考え、それ以外の船主とは、独自に交渉する方が望ましいと見ている。

 韓進(ハンジン)海運関係者は、「現代商船は期限を定めて交渉しているが、事実上瀬戸際戦術で、この戦術が通じるのか?意味のある用船料の引下げを引き出せるか?懐疑的に見ている」と話した。

 韓進(ハンジン)海運は、海外の船主の半数以上がファンドで、期限を定めると交渉が困難になると診断している。ファンドは、用船料の引下げ、下げ幅について出資者の同意を得る必要があるが、それ自体が困難で短期間に解決しないと見ている。

 韓進(ハンジン)海運が予想する交渉方法は3つある。用船料の支払猶予、用船期間の延長、用船料の引下げである。内、用船料の引下げは、定価販売の店で値切るのと同じくらい難しいと説明する。

 その為、交渉のポイントは、支払猶予と用船期間の延長に絞られると伝えた。

 用船料そのものを下げる場合、海外の船主は反対給付として韓進(ハンジン)海運の株を要求する可能性が高いと判断している。韓進海運関係者は、「株を支給する場合、韓進(ハンジン)海運が株式会社として存続し続けるビジョンが必要で、海外の船主は、その点について、政府や産業銀行の保証を要求する動きを見せている」と伝えた。韓進(ハンジン)グループ高位関係者は、「問題山積みで、年末まで時間をくれれば、最善の努力を傾け、年間用船料を10~20%程度を下げる事は可能と考えている」と明かした。

韓進(ハンジン)グループは業界状況が改善されていて産業銀行など債権団が既存主食ジャガイモ、借金減少、出資転換などの措置を取れば韓進(ハンジン)海運が生存可能だと産業銀行に伝えている。

海運運賃は昨年12月から今年3月まで史上最低水準に落ちたが4月から大幅で反騰しているというのが韓進(ハンジン)海運の分析だ。

アジア地域運賃が今月に入り、2倍走ったし、ヨーロッパ運賃はTEU(1TEU=6mのコンテナ1個)当たり3月300ドルで4月500ドル以上で上昇したし5月には1日から600ドル以上に引き上げられるのが確定したと韓進(ハンジン)海運は伝えた。

 韓進(ハンジン)グループは、韓進(ハンジン)海運の状況が急速に悪化したのは、昨年12月、海運業が最悪の状況に陥ったからだと説明する。韓進(ハンジン)海運関係者は、「ヨーロッパ路線は1TEUの運賃が2,000ドル→昨年12月200ドル水準に下がった。負債を3兆ウォン削減し、5兆ウォン台に減ったが、相変らず多く、営業利益が1,000億ウォン台の営業損失に転じた事が自律協約申請の背景」と伝えた。

 「一部では、韓進(ハンジン)海運が、産業銀行など債権団と協議せず、突然自律協約を申請したと思っているが、それは100%間違っている。理事会の決議時期や申請書の提出時期も、産業銀行に報告した」と付け加えた。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2016042788791&nv=3

>韓進海運が、株式会社として存続し続ける保証を政府と産業銀行に要求している?
 現代商船と韓進海運は合併する事になるのよね?
 現代商船を吸収する形で合併し、韓進海運として存続するって事?
 それを、政府と産業銀行が保証する?
 
多分、違うな。
用船料の支払猶予、用船期間の延長の場合、韓進海運が倒産しても契約満了までの用船料を政府か産業銀行が支払うと約束しろって事だね?

どう考えても、現代商船と韓進海運が生き残る方法は4つしか無い気がする。
・現代商船として存続=現代商船が、韓進海運を吸収合併
・韓進海運として存続=韓進海運が、現代商船を吸収合併
・新会社を設立し、事業を引き継ぐ
・現代商船、韓進海運のいずれも存続

政府は2社の合併を計画し、海外の船主は存続出来無いと考えている。
だから、韓進海運が無くなっても、政府に支払を保証しろと言っている。
韓国政府も信用無いけど、現代商船や韓進海運はもっと無い。(笑)

で、京郷新聞は、税金を投入する前に、経営者としての責任があるでは無いか?
大韓航空を売ってでも、経営者としての責任を果たす姿勢を見せろ!!だって。

【韓進(ハンジン)、いっそ大韓航空を売れ】
2016.04.27 22:59 京郷新聞

 来る時が来た。構造調整の引き金は引かれた。限界企業の構造調整は避けられない手順である。大量解雇が予想されても構造調整に反対出来ないのは、患部を切り取らなければ業種全体、更には産業界全体が共倒れする可能性への危機感の為である。構造調整に速度がつき、雇用支援・財源確保など宿題が多数出来た。しかし、一番最初にすべき事が抜けている。この様な状況を招いた筆頭株主の責任への姿勢である。

 韓進(ハンジン)海運は、チェ・ウンギョン裕秀ホールディングス会長が2007年経営を引き継いだが、2009年赤字に転換し、2013~2014年1兆8,000億ウォンの当期純損失を記録した。会社が2兆ウォンに肉迫する赤字のドロ沼に落ちた2年間のチェ会長の報酬と退職金は97億ウォンである。チェ会長は2014年、チョ・ヤンホ韓進(ハンジン)グループ会長に経営権を譲り、持株会社韓進(ハンジン)海運ホールディングスを裕秀ホールディングスに替え、情報技術(IT)・外食事業をしている。自律協約申請発表を控え、保有していた韓進(ハンジン)海運株を全て売却した。

 不良経営の責任を取る姿勢を示す処か、いち早く損失を避ける『モラルハザード』の極みである。チェ会長一族の資産は、公式に公表されているだけで1,900億ウォンである。

 不良の塊りを譲り受けたチョ会長は、大韓航空など系列会社を通じ1兆ウォン支援した。チョ会長としては、やるだけやったと言える。しかし、韓進(ハンジン)グループも、韓進(ハンジン)海運を譲り受ける遥か前から経営状態は悪かった。経済改革研究所が分析した不良兆候企業集団名簿に、韓進(ハンジン)グループは2008年以降漏れなく登場している。

 債権団が韓進(ハンジン)海運を生かす事に決めれば、政府財政だろうが、韓国銀行が金を印刷しようが、どんな形であっても資金は投入される。最終的には国民負担である。この様な状況で、筆頭株主一族が、骨身を削る姿を見せるのは必要条件である。借入規模は5兆6,000億ウォンに達し、私財を投げ売っても足りない。核心系列会社の大韓航空を売却してでも、最大限資金を用意すると言う態度を示す時である。
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201604272249005&code=990105


【韓進(ハンジン)海運、今後2年間に1.2兆ウォン資金不足】
サミル会計法人の実態調査報告書
産銀、4ヶ月が期限最後通牒
2016.04.28 17:51 毎日経済

 流動性危機に陥っている韓進(ハンジン)海運の今後2年間に必要な資金が約1兆2,000億ウォン不足する事が分かった。韓進(ハンジン)海運が自律協約(債権団共同管理)に入った場合でも、今年6,700億ウォン規模の資金が不足すると分析されている。

 28日、金融機関によると、サミル会計法人は3ヶ月間、韓進(ハンジン)海運の実態調査を行い、この様な内容を含む結果報告書を3月に作成していた事が確認された。韓進(ハンジン)海運が25日に提出した自救案は4,100億ウォン規模に過ぎない。今回の分析によると、上半期だけで4,500億ウォン不足する。

 債権団の前向きな支援が無ければ、韓進(ハンジン)海運は自律協約中に資金が不足する可能性があると懸念されている。債権団が追加的な対策準備を要求した事も、この分析に従ったものである。韓進(ハンジン)海運は、市況が回復期にある為、短期流動性支援など、金融機関の更なる積極的な支援を要求している事が分かった。

 しかし、債権団は、追加資金支援は困難としている。

 産業銀行関係者は、「韓進(ハンジン)海運が筆頭株主の大韓航空が支援を拒否し、自律協約の原則から外れた追加の資金支援は無い。現代商船についても、追加の資金支援は一銭もしていない」と話した。

 産業銀行は、韓進(ハンジン)海運に、4ヶ月以内の経営正常化計画が用意されなければ、自律協約を続ける事は出来ないしている。産業銀行関係者は、「自律協約に入っても、実態調査期間を含め、4ヶ月以内に用船料交渉の妥結など、経営正常化を終わる必要がある」と話した。

 昨年末以降、3ヶ月間行われたサミル会計法人による実態調査は、メインバンクの産業銀行と韓進(ハンジン)海運の協議の結果行われた。

 実態調査報告書は、韓進(ハンジン)海運が自律協約を申請する重要な判断の根拠になっている。韓進(ハンジン)海運は報告書に基づき、自律協約に入らなければ今年度末まで1兆ウォン程度、現金が不足すると判断した。自律協約による自救計画を実行しても、約6,700億ウォン現金が不足すると予想されている。
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000001&year=2016&no=309441&sID=501

チェ・ウンギョンが、未公開情報を利用し、自立協約申請の直線に韓進海運の株を全量売却し、大韓航空が資金支援を拒否し、ナッツパパが追加で私財の提供を拒否した事に銀行がブチ切れ、更なる資金支援を拒否し、用船料交渉の期限を4ヶ月に・・・。

ダメなものはダメなんだから、整理する以外に無いでしょ?
韓国国内に金は無いんだから。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック