かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【現金が足りないニダ!!】

【『5兆赤字』の現代重工業、金になる物は全て売った】
2016.04.12 10:58 韓国社

昨年投資株式の70%に達する1兆4,181億処分・・・流動性確保苦肉の策

 5兆ウォンに達する累積赤字を記録した現代重工業は昨年、投資株式(売却可能金融資産)約1兆4,181億ウォンを処分した事が分かった。保有していた投資株式の70%水準で、非核心資産を整理し、大規模な損失を挽回し、先制的に流動性を確保とする対策である。

 12日、現代重工業グループによると、昨年9月、現代自動株約316万株を、チョン・ウィソン現代自動車グループ副会長に売却し、約5,000億ウォンを確保するなど、1年間に1兆4,181億ウォン規模の有価証券を処分した。これに伴い、2014年2兆3,041億ウォンに達した投資株式は昨年8,860億ウォンに大幅に縮小した。

 現代重工業グループの相次ぐ投資株式の売却は、系列会社の格下げと実績不振の影響で、新規借入条件が悪化しているからである。これに対し、保有している自社株と有価証券が、現金確保の手段に浮上したのだ。

 現代重工業グループは昨年9月、チョン・ウィソン副会長に現代自動車株を売却した直後、現代三湖(サムホ)重工業が保有していたPOSCO株を全量(130万8,000株、1.5%)を売却し、約2,262億ウォンを調達している。当時、POSCOの株価は、取得単価60万ウォンの30%水準で売買され、5,000億ウォンを越える累積損失を見た。この株式は、2007年現代重工業グループとPOSCOが、株の相互保有協定を締結する過程で、現代三湖(サムホ)重工業が約7,316億ウォンで取得したものである。

 業界関係者は、「現代重工業が5,000億ウォンの損失を覚悟し、POSCO株を売却するほど流動性が危機的状況にあると判断している。現代三湖(サムホ)重工業は、POSCOの株価が、取得当時の水準で回復しない判断し下落分を減額損失で処理している」と話した。

 一方、昨年10月、現代重工業労働組合は会社が保有する投資株式を処分し、給与上げろと要求し、議論になっていた。当時労組は、「会計専門家は、現代重工業が売却可能な上場株や不動産を売却すれば4,940億ウォンの売却差益を得ると推算している」と発表していた。
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=1315906

政権に金をばら撒き、特恵的な融資を引き出し、株や不動産、又は本業とは無関係の事業に進出し、業績が悪化し損切りして売却。
いつものパターンで、別にどうと言う事も・・・。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック