かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【農心?カビラーメン・・・キモイ!!】

【『カビは生産過程に問題は無い』と繰り返すメーカー】
流通過程の問題の可能性『食い下がるメーカーに消費者『怒り』
2016.04.07 15:19 テイルリアン

news_1460008616_566322_m_1.jpg

 国内の有名企業のカップラーメンから青カビ『ペニシリウム』が検出されたが、メーカーは生産過程に問題は無いとの姿勢を崩さず、議論が予想されている。

 特に、ラーメンのカビは、何度も発生しているが、メーカーは流通過程の問題として、事実上、原因糾明を回避していると指摘されている。

 7日、YTNによると、1月22日A社のカップラーメンからペニシルリウムが検出された。

 これに対しA社は、「流通過程で問題が生じたと見ている。消費者と接触し、解決する」と話したと伝えられた。

 しかし、被害者は、「製品は正常で、ビニールで包まれていた」と明かした。

 これにより、ラーメンのカビ問題が、再びまな板に上がった。食品医薬品安全処に通報されたラーメンのカビは、最近の3年間、52件に達する。

 ラーメンは乾燥式で、カビは繁殖し難い環境にある。しかし、新薬処は、今回カップラーメンから検出されたペニシルリウムは、乾燥した状況であっても繁殖する可能性があると発表している。

 しかし、業界関係者は、生産過程でカビが混入する可能性は低いと口を揃えている。

 某ラーメンメーカー関係者は、「基本的に、ラーメンは水分が無い状態で包装される為、水分が必要なカビの発生に適さない環境で、流通過程で商品を投げれば、小さな穴が開き胞子が入る可能性がある」と話した。

 更に、別のメーカー関係者も、「生産過程で混入した可能性は無いと考えている。新薬処などで実際調査しても、流通過程の問題と結論が出る場合が大半」と話した。

 ラーメンにカビが発生する原因を、正確に知る事は困難なだけで無く、流通過程の問題と結論が出ても、改善案が不十分なのが実情だ。

 消費者がカビラーメンを通報したところで、同じ状況を繰り返す事になる。.

 これについて業界関係者は、「業界が生産過程の問題で無いと責任を回避している事が最大の問題で、満足な改善策が見付けられず、同じ問題が繰り返されている」と話した。
http://www.dailian.co.kr/news/view/566322

「仁先生、ありました。こんな所にも。」(笑)

あ~キモイ!!
青海苔じゃなくて、青カビだって。
辛ラーメン?ジンチャンポン?どっちや?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック