かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【まだ言うか?】

【現代・起亜自動車『中国ショック』続く・・・2月の販売急減】
占有率7.7%に低下・・・前年比21.2%↓
現代起亜自動車『新車で不振回復可能』
2016.04.05 06:14 聯合ニュース

 現代起亜自動車は、年初以降の中国ショックから脱せずにいる。

 アメリカとヨーロッパ市場の販売は好調を示す一方、世界最大の自動車市場の中国で、不振を免れない状況が続いている。この様な状況が続けば、目標としていた3年連続世界市場800万台以上販売は困難と見られている。

 5日、業界によると、現代・起亜自動車は2月、中国市場で94,235台を販売し、前年同月(119,512台)に比べ21.2%急減した。

 現代自動車は2月、53,226台の販売で前年同月比28.1%、起亜自動車は41,009台で9.9%減少している。

 1月も現代起亜車は124,495台で、前年同月比21.9%減少するなど、今年に入り毎月苦戦している。この様な『中国販売ショック』傾向は、3月も続いたと見られている。

 自動車業界関係者は、「現代・起亜自動車の場合、中国販売の割合が益々大きくなっているが、今年第1四半期、不振を脱する事が出来ず、今年の実績全体に負担を感じる事が避けられなくなっている」と話した。

 問題は、2月の中国の自動車販売は1,229,932台で、前年同月比2.3%増加しているにも関わらず現代・起亜自動車はマイナスだった事である。

 同期間、フォードは前年同月比5.3%、トヨタは11.4%、本田は45.2%、販売が増加している。特に、中国メーカーの2月の販売は418,317台に達し、前年同月比12.4%急増している。中国メーカーの低価格攻勢に、現代・起亜自動車は苦戦を強いられている。

 2月、中国市場の占有率は、VWが19.9%で1位、GM(13.2%)、現代・起亜自動車(7.7%)、フォード(5.2%)、トヨタ(4.5%)、ホンダ(4.4%)、日産(2.9%)、プジョー・シトロエン(2.8%)の順だった。

 現代・起亜自動車は、中国市場の占有率で3位を維持したが、昨年12月の市場占有率10.6%に比べ、大幅に減少している。その為、昨年第3四半期の『中国ショック』の再演が懸念されている。

 現代・起亜自動車は、昨年第3四半期、中国メーカーの低価格攻勢、完成車メーカーの販促競争に押され、販売・実績が急減し、危機を迎えた。当時、中国法人の経営陣を交代し、大々的な販促攻勢を行い、昨年第4分期かろうじて正常軌道に乗った。

 対策準備に突入した現代・起亜自動車は、中国市場で人気のスポーツユーティリティー(SUV)、新車を緊急投入し、不振を払う方針である。

 現代自動車は最近、『中国向け新型アバンテ』「領動」の発表会を行った。中国の大気汚染悪化による汚染物質の車内流入を遮断し、空気を浄化する『空気清浄システム』を搭載し、中国最大のポータルサイト バイドゥのコネクテ​​ィビティ・プラットフォーム『'カーライフ』を採用し、車とスマートフォンの連動使用を可能にした。

 起亜自動車は、『中国向け新型スポーティジ KX5』を発表している。新たにパワートレインが搭載され、道路事情が悪い中国の特性を反映し、国内の新型スポーティジに比べ、車体を10mm上げた。

 現代・起亜自動車関係者は、「最近、ボリュームモデルの新型アバンテ、新型スポーティジを本格発売した。今後、新車を利用した積極的なマーケティングで販売を拡大し、上半期には、前年水準を回復する計画」と話した。
http://media.daum.net/economic/newsview?newsid=20160405061437369

2月?3月?どっち?

自動車販売台数速報 中国 2016年

現代・起亜はグループ会社ではあっても、完成車メーカーとしては別会社。
なのに、占有率では2社を足し、7.7%で3位っておかしくね?

しかもリンク先で見ると、韓国系は、販売台数 92,800台 占有率(シェア) 6.7% 前年同月比 -21.7%。
なんか良く分からないけど、北米・南米市場の好調で、中国・ヨーロッパ・新興国のマイナスが挽回出来るとは思えないけどね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック