かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【社債の満期延長に失敗しますた】

【現代商船社債延長失敗・・・自律協約早期推進】
来月満期の1,200億延長否決・・・満期前に再招集
産業銀行など債権団、22日の協議会で自律協約議論
2016.03.17 18:15 NEWS PIM

 現代商船は、公募社債の満期延長に失敗し、来月7日の満期前の社債債権者集会を再推進する事にした。

 産業銀行など債権金融機関は22日の債権金融機関協議会で自律協約開始の可否を議論する予定だ。債権団は当初、用船料の引下げ、社債の満期延長など、成果を見て出資転換などで支援する方針だったが、自律協約の時期を操り上げる方向に転じた。

 現代商船は17日午後3時、ソウル蓮池洞(ヨンジドン)現代ビル1階講堂で、第176-2回無保証社債債権者集会を行った。来月7日満期の公募社債1,200億ウォンの満期を7月7日まで3ヶ月延長する為だ。

 しかし、この日集会で可決要件を満たせず否決された。今回の案件は債権者の1/3以上の出席、出席者の債券の2/3以上の同意が必要だった。

 現代商船関係者は、「会社の期待とは異なり債権者の同意を得る事が出来ず、満期延長は否決された。船主、債権者、株主、役職員など、利害関係者が苦痛分担をしなければ会社が回復出来無い切迫した状況で、債権者の反対で案件が否決され残念」と話した。

 現代商船は、今後の日程を考慮し、4月満期の公募社債だけで無く、全ての公募社債の債権者集会を早急に再推進する方針だ。現代商船は、次の債権者集会で、経営正常化の為の非協約債権者の出資転換を始めとする債務調整が必要と判断している。

 更に、産業銀行など債権団の支援を背景とした自救案も推進する計画だ。これに先立ち債権団は22日、債権団会議を行い、自律協約開始案を付議し、29日自律協約の可否を決める事にした。債権団は、元金と利子の償還を延長する案を最初に議論する方針だ。

 しかし、用船料の引き下げ、現代証券の売却、専用船の売却など、現代商船の自救案の結果を見守り財務支援を推進する事にしている。自律協約が開始されれば、債権団は実態調査の上、出資転換を含む債務再調整計画を立てる事になる。

 当初、債権団は、用船料の引き下げ、社債の満期延長など、成果が見え次第出資転換などで支援する方針だったが、自律協約時期を操り上げ、用船料交渉に力を与える方向に転じた。

 最終的に、用船料交渉の結果で、現代商船の運命が決定すると見られている。先月22日以降、現代商船タスクフォース(TF)チームは、海外の船主を訪ね、用船料交渉を行い、今月2~3次の引き下げ交渉を行う。交渉が順調な場合、4月中旬頃、最終妥結する事になる。

 現代商船は、「最近、用船料の引き下げ交渉、現代証券の売却が順調に進み、産業銀行を始めとする債権者と自律協約を推進する方針で、今後再び行われる債権者集会で、経営正常化の一環として公募社債の債務調整を実現する必要があり、会社と債権者がwin-winになる様、債権者の賢明な選択を期待している」と話した。

 一方、現代商船は18日午前9時、蓮池洞(ヨンジドン)本社で株主総会を行う。同日、ヒョン・ジョンウン会長は、登記理事職から退き、イ・ペクフン社長が社内理事に再任される予定だ。更に、上場廃止を防ぐ為、7:1問題の案件も上程される。
http://www.newspim.com/news/view/20160317000381

※自立協約=債権団共同管理
産業銀行の不良債権比率は何%ほど?(笑)

前にも書いたけど、銀行の財務状況が悪化するくらいまで借りた者の勝ち。
企業が永遠に倒産せず、湯水の様に税金を垂れ流して資金支援を受け続ける為には、政権の天下りを受け入れ、銀行の財務状況に大幅に影響するくらい多額の金を借り入れないと。(笑)
大宇造船海洋と同じか、それ以上に・・・。

そう言う意味じゃ、1,200億ウォンはインペクト無さ過ぎ。
資産を全て売り払っても、兆単位、出来れば2桁以上の兆単位の債務が残る状態じゃなきゃ。(笑)

>最近、用船料の引き下げ交渉、現代証券の売却が順調に進み
 船主は、産業銀行の保障を付けろ=政府保障を付けろと要求しているのに?
 昨年、現代証券の売却で、オリックスと決裂した後、資金繰りが悪化し、今年に入り韓国企業の輸出が減少している事で、船積み量そのものが減少している。半分以上は中国向けで、今後、更に減少する事が予想される。

ケソン工業団地の閉鎖で、ドル箱だった現代峨山(アサン)も悪化してるし、倒産・整理後、出直した方が早いかも?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック