かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【格下げラッシュ?】

【国際格付け会社、韓国の大企業相次いで格下げ】
長期債権発行条件悪化懸念
2016.02.22 15:08 韓国日報

 最近、国際格付け会社が、国内の大企業を格下げし、長期社債の発行条件が悪化する事が懸念されている。

 22日、NH投資証券によると、スタンダード&プアーズ(S&P)は、SK E&Sを『BBB+(ネガティブ)』→『BBB(安定的)』に、POSCO(BBB+)の格付け見通しを『ネガティブ』に下方修正し、ムーディーズも今月に入り、POSCO(Baa2)、ロッテショッピング(Baa2)、LG電子(Baa3)の格付け見通しを『ネガティブ』に下方修正した。

 更に、ロッテショッピングは否定的な営業環境による実績圧迫で財務構造が悪化すれば、格下げの可能性があると指摘され、LG電子も、低い収益性と系列会社LGディスプレイの実績悪化の要因が否定的要因に指定された。

 国内で硬い水準の企業の格下げは、国内市場の負担になると見られている。特に、海外の格付け会社の否定的な見通しは、国内の優良社債市場の好調を制限する要因になると専門家は指摘している。
http://daily.hankooki.com/lpage/economy/201602/dh20160222145158138060.htm

格付けを信用するか?否か?は自由。
私は、ムーディーズだろうが、S&Pだろうが、信用に値しないと思ってるけどね?

が・・・国債格付け会社の企業格付けは、韓国の格付け会社の企業格付けに影響する。
集団パニックに陥り易い朝鮮人投資家は勿論、自国の格付け会社より、国債格付け会社を信用するでしょ?
そうなると債権の借換発行が出来無かったり、融資審査に影響し、融資額の減額や融資拒否の可能性もある。
多重債務状態の韓国企業が、金を借りられなくなるとどうなるか?
考えなくても分かるでしょ?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック