かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【慰安婦の真実が暴かれる日は来るか?】

【日『慰安婦強制連行証拠無い』国連に公式の立場提出】
2016.01.31 11:46 朝鮮日報朝鮮語版

2016013100651_0.jpg

 最近、日本政府は、『慰安婦強制連行の証拠は無い』と言う立場を、UNに提出した事が明らかになった。軍慰安婦合意以降、『最終的・不可逆的解決』の為の歩みを始めたと分析される。

 国連人権最高代表事務所(OHCHR)によると、日本政府はジュネーブ国連本部で2月15日~3月4日まで行われる女性差別撤廃委員会を控え、委員会に提出した答弁書で、『軍隊慰安婦強制連行の証拠は無い』と主張している。これに先立り、日本政府が韓日慰安婦合意で、「心からの謝罪と反省を表明する」とした安倍政府の内心と言う事になる。

 答弁書で日本政府は、「日本政府の関連部署・機関が保有する関連文書の研究・調査、アメリカ国立文書記録管理庁(NARA)の書類検索と前軍部・慰安所管理者を含む関係者への聴取調査、韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)による証言の分析など、全面的に真相調査を行った結果、これらの調査でも、日本政府が確認した書類のどこにも、軍と官憲による強制連行は確認されなかった」と主張している。

 更に、「慰安婦問題を教科書に反映するよう、大衆に呼びかける意向はあるか?」との質問に、「日本政府は国定教科書を採択しておらず、学校教育で扱われる特定の内容について回答する地位に無い」としている。「中国や東ティモールを含むアジア女性基金(1990年代慰安婦補償の為に作った日本民間基金)の恩恵を受ける事が出来なかった国の慰安婦に補償する意向はあるか?」と言う質問に、「日本政府に、そのような意向は無い」と回答している。

 日本政府は答弁書で、韓日両国の慰安婦合意に言及している。日本政府は、「先月28日の韓日合意で、日本政府と韓国政府は慰安婦問題が最終的、かつ不可逆的に解決された事を確認した」とし、韓日合意発表文の英語翻訳版を答弁書に添付している。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2016/01/31/2016013100653.html


国連 女子差別撤廃委員会から63セッションに向け、日本政府に出された質問
「慰安婦の強制性を証明するものは無いという意見がある。日本政府のコメントを求める」

2-(1)
慰安婦問題が日韓の政治問題化した1990年代初め以来、日本政府は総力を上げ慰安婦問題の事実関係の調査した。
調査は 
1)日本政府関係省、機関が所蔵する関連文書の調査・研究
2)米国公文書館の文献調査
3)軍関係者、慰安所の経営者からの聞き取り調査、韓国側(Korean Council)が集めた証言の分析
上記調査の内、日本政府が確認出来るいずれの文書でも、日本軍・政府による慰安婦の「強制連行」は立証出来なかった。

(Answer)
1. With the recognition that the comfort women issue continues to impact the development of Japan-ROK (Republic of Korea) relations, Governments of Japan and the ROK agreed at the Japan-ROK Summit Meeting held on November 2, 2015, to continue and accelerate consultations on the issue toward its conclusion as promptly as possible. Subsequently, intensive bilateral consultations, including the Director-General consultations between the diplomatic authorities of the two countries, were carried out. On December 28, the Foreign Ministers of Japan and the ROK met and made an announcement (see Attachment) at a joint press occasion. Later on the same day, the leaders of Japan and the ROK spoke over the telephone and confirmed the content of the announcement. With this agreement, the Government of Japan (GOJ) and the Government of the Republic of Korea confirmed that the issue of comfort women is resolved finally and irreversibly.

2. Under the above-mentioned circumstances, the GOJ answers the questions posed by the committee as follows:

(1) Regarding the question on the “recent public statements that there was no evidence that proved the forcible removal of ‘comfort women’ ”:
The GOJ has conducted a full-scale fact-finding study on the comfort women issue since the early 1990s when the issue started to be taken up as a political issue between Japan and the ROK. The fact-finding study included 1) research and investigation on related documents owned by relevant ministries and agencies of the GOJ, 2) document searches at the U.S. National Archives and Records Administration, as well as 3) hearings of relevant individuals including former military parties and managers of comfort stations and analysis of testimonies collected by the Korean Council. “Forceful taking away” of comfort women by the military and government authorities could not be confirmed in any of the documents that the GOJ was able to identify in the above-mentioned study.

(2) Regarding the question “whether the State party intends to take compensatory measures on behalf of ‘comfort women’ in countries other than those covered by the Asian Women’s Fund, including in China and Timor-Leste, and prosecute the perpetrators”:
The GOJ does not have such intention of doing so.

(3) Regarding the question “whether the State party intends to reintegrate into school textbooks references to the issue of ‘comfort women’, and raise awareness among the population of the issue”:
The GOJ is not in a position to answer the question on the specific contents which are taken up in school textbooks and how these contents are described, since the GOJ does not adopt a government-designated textbook system.

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック