かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【困ってるの?】

[韓国経済新サンドイッチ①]
火が点く中日為替戦争・・・進退両難の韓国
2016.01.31 06:45 NEWSIS

 【世宗(セジョン)ニューシス=アン・ホギュン記者】新年早々、中国の景気悪化や原油価格の下落など、対外悪材料が相次ぐ中、日本の追加利下げで、韓国経済は進退両難の危機に瀕している。

 輸出は13ヶ月連続マイナスを記録する状況で、日本・中国などライバル国の通貨が切下げされれば、輸出競争力は更に悪化する可能性があるからだ。

 世界景気の回復動向が停滞し、各国の通貨当局は先を争い量的緩和政策に飛び込んでいる。日本銀行は29日、史上初のマイナス金利導入を決めた。すでに中国人民銀行は年初早々元を切下げしている。ヨーロッパ中央銀行(ECB)も3月、通貨政策会議でマイナス金利拡大を決めると見られている。

 韓国経済は、それこそ四面楚歌状況だ。50年間、韓国を食べさせて来た製造業は日本に遅れ、中国に激しく追撃されるサンドイッチの境遇に転落し、昨年、金融危機以来最悪の不振に陥っている。

 そんな中、今年に入り中国と日本が経済再生を掲げ、再び攻撃的に金融緩和し、自国通貨安に誘導し、輸出競争力を左右する為替レートの面でも、両国に挟まれる新サンドイッチ状態の局面だ。

 為替レート戦争は、『近隣窮乏化政策(beggar my neighbor policy)』と呼ばれる。1つの国が輸出競争力を高める為、自国通貨安に誘導すれば、周辺国は被害を蒙る事になる事を意味する。

 特に、輸出が国内総生産(GDP)に占める割合が46%に達する我が国は、日本や中国の競争的な為替レート戦争に脆弱だ。

 一言で言えば、今までの韓国は、輸出市場で品質競争力を備えた日本と、価格競争力を備えた中国の間に挟まれる境遇を懸念する必要があったが、今後は、両国の為替レート戦争が首を締められる可能性が大きくなったと考える必要がある。

 韓国の輸出は、昨年1月以降13ヶ月連続マイナス行進が続いている。原油価格の下落と世界交易不振の影響もあるが、周辺国の通貨下落も影響している。

 日本の安倍内閣は2012年12月のスタート以降、円安政策を続け、これに伴いウォンは3年ぶりに日本円に比べ60%以上高くなっている。中国も、昨年8月、大規模に元を引き下げた。その上、日本の今回のマイナス金利導入は、周辺国の為替レート戦争を触発する可能性が大きい。

輸出不振で、国内製造業は直撃弾を受けている

 昨年、製造業を含む鉱工業生産は2009年の通貨危機以来、初のマイナスを記録している。鉱工業生産増加率は、リーマンショック直後の2010年16.3%に大幅に増加し、2011年6.0%、2012年1.3%、2013年0.7%、2014年0.0%、2015年-0.6%と、急激に縮小している。

 輸出が振るわない状況で、韓国経済を支えた内需も、年初から萎縮の兆しを示している。

 昨年下半期、個別消費税引下げ、追加補正予算編成など、政府政策の影響で回復傾向を示した消費は最近、上昇曲線が折れている。小売販売は、昨年10月3.2%増加し、11月-1.0%、12月-0.1%など、2ヶ月連続マイナスを記録している。

 年初、個別消費税引下効果が消えれば、乗用車など耐久材の販売が減少し、『消費絶壁』現象が現れる可能性が大きくなっている。

 輸出と内需が同時に危機状況に置かれているが、政府が使える有効なカードが無い点も、懸念を加える部分だ。

 周辺国の動きに歩調を揃え、金利を引下げれば、急増する家計負債問題が悪化するリスクがある。中国と日本に比べ、外貨準備高が豊富で無い状況で、資本流出へのリスクも拡大する。

 最近の数年間続く景気浮揚策で、財政健全性は極めて悪化した状態で、内需振興の為に財政を投じる事は厳しい。

 オ・ジョングン建国(コングク)大学特任教授は、「我が国は今でも『通貨サンドイッチ』状況にあるが、日本のマイナス金利導入で、状況は更に悪化している。輸出競争力は更に悪化するはずだが、ウォンを切り下げれば、海外の投資資金が流出する可能性があり、進退両難の状況」と懸念した。

 オ教授は、「政府が内需を人為的に浮揚するには限界があり、輸出出来なければ、企業の投資が減少し、雇用や消費も同時に悪化する。このまま行けば、昨年の成長率(2.6%)より酷い成績になる可能性が高い」と付け加えた。
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160130_0013869766&cID=10401&pID=10400

韓国は、超円高で潤っていただけの事なのに、それを競争力と勘違いた事が最大のミスかと。
そもそも、朝鮮人には正確に国際情勢を読む能力など備わっていないし、自国以外の事を考えられるはずも無い。
否定的な内容の記事は、『韓国に不都合』だと言う事に決まってるのよ。(笑)
で、韓国が困る=日本には何ら影響ない、もしくは日本の国益になる。

取り敢えず、イランとの口座維持の交渉が決裂すれば韓国は終わるけどね?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック