かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【仁川だけか?】

[仁川(インチョン)空港ルポ]
偽爆弾設置してみると・・・簡単に突破出来る我が国の関門
2016.01.27 07:47 朝鮮Biz

 1月21日、仁川(インチョン)空港から中国人の密入国者の男女2人が、空港の出入口を壊し、国内に潜入した事実が、26日一歩遅れで明らかになり、衝撃を与えている。中国人密入国者は、僅か14分で仁川(インチョン)国際空港のセキュリティーシステムを全て突破し、堂々と空港から脱出した。僅か10mの所に居たセキュリティー要員は、密入国者が出入口を壊す様子を、黙って見ていた事が明らかになった。

 セキュリティー要員の呆れ返る失態だろうか?単純な事故だろうか?そうでなければ、予想された事故だったのか?

 世界で無差別テロが発生する中、韓国はすでにテロの対象になっているとの指摘は多い。

 朝鮮Bizは今年初め、仁川(インチョン)空港のテロ対策態勢を点検した。仁川(インチョン)空港のセキュリティー警戒水準を確認する為、1月14日以降5回、仁川(インチョン)空港を訪ね、『爆弾テロ』を装った模擬実験を行った。

 勿論、偽爆弾を作ったのでは無い。記者が『仮想のテロリスト』として空港に鞄を置いたり、CCTVの前で怪しげな行動をするなど『不審な動き』をして見た。アメリカやヨーロッパ空港ならば、すぐにセキュリティー要員が出動し、制止されるはずだが、仁川(インチョン)空港では、何も起こらなかった。セキュリティー要員や装備はあったが、テロに備えた『セキュリティー態勢』は、全く無い事を確認した。

2016012700667_0.jpg

◆ 3度模擬テロ・・・『韓国では、どんな事は起こるのか?』

 最初に地下駐車場へ向かった。テロリストが最も隠密に爆発物を隠す事が出来ると判断したからだ。地下駐車場の前は、明るく、キレイで広かった。しかし、警備要員は見当たらなかった。

実験1. アタッシェケースに偽装した爆弾を、わざとカートの上、柱の前に置き様子を見守った。時々、旅行客が通るだけで、巡回査察するセキュリティー要員は見当たらない。約30分、地下3階~地下1階まで歩き回り、テロリストとして活動したが、1度も制止されなかった。CCTVのカメラも、エレベーター近くの非常電話も効果は無かった。

 『どうして空港の地下駐車場に、警備はいないのか?』と、空港のセキュリティー担当に尋ねた。空港セキュリティー担当者は、「地下駐車場は本来、内部巡回査察せず、野外の郊外周辺地域のみ確認する。空港のあちこちにCCTVが多く、セキュリティーに大きな問題は無い」と言う。セキュリティー不感症と感じた。「万一、テロリストが、ここに爆弾を設置したらどうするのか?」と考えるだけで、背筋が寒くなった。

実験2. 旅客ターミナルに向かう通路に、仮想爆発物を置き、約20分待った。沢山の旅行客が通り過ぎたが、通報する人も、カバンを片づけるセキュリティー要員もいなかった。旅客ターミナルに繋がる入口側の柱の中央に『怪しいカバン』を置いたが、結果は同じだった。13日の朝鮮Biz報道直後、『補修工事中』と書かれたA4用紙は消えていた。旅行客は、持ち主のいないカバンを見ても、通り過ぎるだけだった。ここにも、巡回査察中のセキュリティー要員はいなかった。

 通り過ぎる旅行客に尋ねた。キム某(32)氏は、「きちんと置かれたカバンが目について変だと思ったが、海外の様な爆弾テロを想像出来なかった。韓国では、テロはないでしょ?」と反問した。

実験3 .最後に、空港内で最も怪しい動きをしてみた。あちこち歩き回り、遠慮せずCCTVカメラを写し、セキュリティー統制区域近くを含む10ヶ所で。今度こそ、誰かが、その様子を通報し、セキュリティー要員が現場に掛け付けて来る事を必死に期待したが、何も起こらなかった。

 空港は、これについて、「対テロ状況室所属の職員約50人が、セキュリティー用CCTVモニターを24時間監視している。しかし、事実上、全ての状況を監視する事は困難」と打ち明けた。

 空港警備の為に設置したモニターに向かい、堂々と十数回も不審な行動をしたにも関わらず、何も起きなかった。万一、ぞっとする事故が起きても『困難』だというつもりか?

セキュリティー警備穴の開いた仁川(インチョン)空港
 ・・・通報するには地域番号を押す必要『卓上行政の典型』


模擬テロ実験の結果、仁川(インチョン)空港はテロに完全に無防備状態だった。通報する人は誰1人おらず、セキュリティー要員は、タダの1度も姿を見せなかった。アメリカ・ヨーロッパなどが、空港など主要施設のテロ防止に全力を注いでいる事とは相反する様子である。

 2014年6月、パキスタンのカラチジンナ国際空港でテロが発生し20人が死亡している。乗客が往来する空港は、1級テロセキュリティー施設である。

 しかし、空港を行き交う旅行客の大半は、韓国で自爆テロが起きるとは考えていない。仁川(インチョン)空港も、「これまで別に問題無かったから今後も変わらない。問題のある爆破予告電話は、2013年以降毎年4件で、いたずら電話に過ぎない」と言う姿勢だった。

 空港が1~2時間間隔で旅行客に放送する『テロ発生時の対応要領』にも問題がある事が明らかになった。

 放送によれば、爆発物を疑う物を持つ人を見付けた場合、空港の対テロ状況室(032-741-4949)、又は空港警察隊(032-740-0112)に通報するよう案内している。

 パク某(39)氏は、「仁川(インチョン)の地域番号(市外局番)を押してから聞いた番号に通報するよう案内するのは、典型的な卓上行政で、112等、実際の状況に備えた番号が必要だ」と指摘した。

 アメリカは911、,英国は999と、統合単一番号を公示している。

2016012700667_4.jpg

◆ 『RUN(走れ)、 HIDE(隠れろ)、TELL(知らせよ)』
  イギリスのテロ対応マニュアル


 イギリス国家対テロ安全事務局(National Counter Terrorism Security Office. NaCTSO)は昨年12月18日、テロ対応マニュアルを発表した。

 マニュアルは、『RUN(走れ)、HIDE(隠れろ)、TELL(知らせよ)』の2原則で構成されている。一般市民がテロ発生時、簡単に対応出来るよう、単純明快に説明している。

 イギリスでテロが発生する事は極めて珍しいと前提した後、最初に安全な道を走って逃げろと強調している。もし、危険な場所から抜け出す事が出来無い場合、携帯電話の呼び出し音を消す、又はバイブレーション機能を止め隠れよと案内している。最終段階として、速やかに警察に通報するよう呼びかけている。

 我が国の外交部も18日、『国外テロ被害予防・対応要領』を公開した。爆弾、銃器、抑留拉致、化学、生物、放射能など、リスク状況に応じ、どのような行動をするのかを案内している。現在、仁川(インチョン)空港で放送されているテロ対応の内容に近い。
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2016/01/27/2016012700691.html?query=%EC%9D%B8%EC%B2%9C%EA%B3%B5%ED%95%AD+%EB%A5%B4%ED%8F%AC&x=7&y=15

仁川=詐欺市だけか?
韓国国内の全ての空港が同じじゃん。

世界のどの国も、韓国に期待なんかして無いから好きにすればいいんじゃね?(笑)
何かあれば大騒ぎするけど、どうせ何1つ変わら無いんだし。

で、この密入国者の中国人夫婦は、朝鮮人ブローカーに、就職を世話すると言われ、金払って入国しようとしたらしい。
韓国政府が、中国人観光客の減少を食い止める為、訪日中国人はNOビザで入国可能にしたじゃん?
それを悪用され、日本を経由し、韓国に入国しようとしたとか。
ブローカーを見つけ出し、中国政府に渡す計画なんだって。
朝貢のつもりなのかしら?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック