かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【悪化する韓国経済・・・造船】

【終わらない造船の悪夢】
2016.01.25 15:48 イートゥデイ

 [イートゥデイ=チェ・ジェヒョク記者]大宇造船海洋の追加損失の可能性が提起され、造船業の株価が座り込んでいる。

 大宇造船海洋は25日、9.36%(430ウォン)下落した4,165ウォンで取引を終えた。大宇造船海洋の同日の下落幅は、昨年7月15日、下限値(-30%)を記録して以来最大値だ。


 大宇造船海洋の株価下落は、証券会社の分析レポートがキッカケだった。ユジン投資証券は、大宇造船海洋のライバル会社を大幅に上回る未請求工事額を考慮すれば、今年6,000億ウォンの追加損失を記録する可能性があると分析している。

 ユジン証券は、大宇造船海洋の投資意見は『縮小』を維持し、目標株価はこれまでより81%下落の1,400ウォンを提示している。 イ・サンウ ユジン投資証券研究員は、「大宇造船の昨年第4四半の実績は、売上4兆6,031億ウォン、営業損失2,906億ウォンとみ予想され、実績ターンアラウンドを期待するには早い」と分析した。

 同日、サムスン重工業の株価の流れも振るわなかった。サムスン重工業の同日の株価は1.0%(100ウォン)上昇に留まっている。 終値は10,100ウォンだ。

 ユジン投資証券は、原油価格の下落期、サムスン重工業の『海洋プラント専門』のイメージは否定的だとし、目標株価を9,500ウォンに下方修正している。

 イ・サンウ ユジン投資証券研究員は、「昨年第4四半期の実績は、売上2兆9,135億ウォン、営業利益517億ウォンと見ている。納期延期に新規受注不振が重なった2016年の状況から、サムスン重工業への投資意見を買収にするのはまだ早い」と分析した。

 大宇造船海洋、サムスン重工業とは異なり、現代重工業は25日3.67%(3,100ウォン)上昇の87,600ウォンで取引を終えた。

 キム・ホンギュン東部証券研究員は報告書で、「現代重工業温山(オンサン)工場が作業中止になるなど収益性工事の売上が減少している。造船事業部は、中東の発注に関連する恩恵が予想される」としている。
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=1276370

大宇造船海洋は、4兆2,000億支援して貰って、従業員にボーナスを規定通り支払った挙句、6,000億赤字の可能性・・・笑うしか無いね?
ボーナスを払う金があるなら、銀行は資金を回収しろと言うコメントが投稿されてたけど、その通りだと思う。
焼け石に水と言うのか?湯水の様に税金を垂れ流して支援しても、業績が回復する訳でも、財務状況が良くなる訳でも無い。
何のための支援や?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック