かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【笑】

【現代重工業温山(オンサン)工場閉鎖
  ・・・原油価格下落・不況で受注途絶え】

造船Big3初の海洋プラント工場閉鎖
2016.01.22 05:32 Monay Today

 海洋プラント世界1位の現代重工業が、温山(オンサン)工場を閉鎖する。記録的な原油価格の下落と不況の影響である。

 海洋プラント製作工場を閉鎖するのは、『朝鮮Big3(サムスン重工業、大宇造船海洋)』の中で、現代重工業が初だ。

 21日、財界によると、現代重工業は受注が途絶え3月末温山(オンサン)海洋第2工場を閉鎖する計画だ。

 海洋第2工場は、急増する海洋プラントを蔚山(ウルサン)魚津第1工場だけで製作する事が困難になり2012年11月に新設された20万㎡規模の海洋事業部を代表する工場である。一時、1,000人以上が働いていたが、仕事が激減し現在は約300人に減少している。

 最近引渡したオーストラリアのゴルゴンLNG(液化天然ガス)プラントモジュールの製作作業が行われた工場だが、ゴルゴンLNGの引渡し後、海洋プラントの受注は途切れた。現代重工業は昨年初め~今年1月まで、ゴリアテFPSO(浮遊式生産・貯蔵・積設備)、Q204 FPSO、ゴルゴンLNGプラントを相次いで引渡した後、海洋プラントを受注出来なかった。

 現代重工業関係者は、「温山(オンサン)工場の物量の製作が終わり、工場の土地の効率的な活用の為、海洋プラント製作を海洋第1工場に集中する。今後、作業物量が確保出来れば、第2工場を再開する計画」と話した。閉鎖されている間、温山(オンサン)工場の土地は、資材や装備在庫の倉庫として利用される。

 工場の閉鎖で協力会社の従業員は失業の危機に置かれている。ここで働く従業員の内、正社員約60人は、第1工場に配置転換されるが、約240人の協力会社の従業員は、一部を除き契約が解除される。

 現代重工業関係者は、「協力会社とはプロジェクト別の契約で、ゴルゴンなどプロジェクトが終わった為、契約通り、雇用契約を解除した」と説明した。

 現代重工業は2013年、陸上・海洋プラント12基117億ドル規模、2014年8基73億ドル規模を受注したが、昨年は陸上プラント1基の受注に留まり、海洋プラントの受注は無かった。世界景気の低迷と原油価格の下落が続き、オイルメジャーの発注中止の直撃弾を受けた。昨年の受注は、目標値191億ドルの63.4%、121億ドルに留まっている。

 造船業界関係者は、「海洋石油ボーリング設備は、1バレル=80ドル以上で無ければ採算が取れない。現在の価格が続く限り、追加受注を期待する事は困難」と話した。
http://cnews.mt.co.kr/mtview.php?no=2016012118225031125&cast=1&STAND


【8兆赤字の造船3社のボーナス祭り、労働改革が必要な理由である】
2016.01.23 00:08 東亞日報朝鮮語版

 現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業など、昨年8兆ウォン台の赤字を記録した3大造船会社は今年、正月のボーナスに、激励プレゼントを上乗せ支給する。現代重工業は、ボーナス50%・帰郷費50万ウォン、大宇造船海洋はボーナス50%+10万ウォン相当のプレゼント、サムスン重工業はボーナス100%である。

 5兆ウォン台の赤字を記録した大宇造船海洋は民主労組所属、現代重工業は2004年民主労組を脱退後、読者労組を運営している。これらの企業は、労組との合意事項の為、ボーナスを支給したと説明した。労組の無いサムスン重工業は、給与構造が基年俸にボーナスが含まれていると説明する。しかし、業界不況で、昨年事務職幹部を中心に約3,000人が離職し、骨を削る自助努力が必要な造船3社のボーナス祭りに国民は共感するだろうか?

 大宇造船海洋は昨年、経営正常化時まで賃金を凍結し、争議行為を行わないとの労組の確約書を債権団に提出した後、ワークアウトを免れ国策銀行から4兆2,000億ウォン輸血された。正月ボーナス支給は、賃金凍結確約書に明記されていたのか?この会社が回復出来なければ、血税を浪費したのと同じである。業種に関係無く、相当数の中小企業の従業員が、ボーナスどころか構造調整の激しい風に吹かれ寂しい正月を送る事を意識すれば、大企業労組は、これ程までの既得権を享受出来無いはずである。

 昨日、政府が発表した一般解雇・就業規則変更に関する2大指針は、奇形的労働市場改革の出発点になる可能性が高い。一般解雇指針は、低成果者の解雇基準を定め、就業規則指針は、定年60才延長に伴う賃金ピーク制導入の基礎を用意する事だ。これだけでは不十分である。派遣対象業務を拡大する派遣法だけで無く、パク・クネ大統領は13日の対国民談話で、中長期課題とした期間制法改正を包括する全方位の労働改革を始動する必要がある。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20160123/76074787/1

いっその事、貴族労組をターゲットにした労働改革にした方が国民にウケるかもね?

私が大統領なら、そうするわ。
どうせ独裁者の娘と言われてるんだから、思い切ってやっちゃえ!!
40%割れた支持率、一気に5割突破するかも知れないよ。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック