かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【韓流って何だっけ?】

【日東京に『マッコリ距離』作ると輸出増えるか?】
2015.10.16 03:00 東亞日報朝鮮語版

外交葛藤で、枯れる食品韓流・・・3年で、マッコリ輸出81%急減
政府は広報強化など『空虚な対策』・・・専門家『販促より新製品開発を』


 政府は、日本の代表的なコリアタウンに、マッコリ文化タウンを作る。日本国内のマッコリ輸出の『火種』を生かす為の対策だが、手術が必要な重症患者に、風邪薬を処方するのと同じだと指摘されている。

 農林畜産食品部は15日、マッコリ輸出の回復を骨格とした対日農食品輸出拡大策を発表した。政府は、マッコリ輸出が最も多かった2011年の状況を再演する事を目標に、『アゲイン(again) 2011』をプロジェクト名に決め、日本にマッコリ文化タウンを作る。毎月、今月のマッコリを選定・広報し、日本のYoutubeで韓国産マッコリの新製品を広報する。

 国産マッコリの対日輸出は、毎年大幅に減少している。2011年の4,840万ドル→昨年は910万ドルに81.2%減少し、今年に入り9月まで、韓国産マッコリの売上は480万ドルで、実績が悪かった昨年同期に比べ31.9%減少している。

 関係当局は、急激な輸出減少の原因として、政治的葛藤を挙げている。農食品部関係者は、「イ・ミョンバク前大統領が独島(ドクト)を電撃訪問した2012年8月以降、マッコリの輸出は大幅に減少し、反韓感情による逆風を迎えている」と説明した。円安による価格競争力の悪化や、日本の消費者のトレンドの変化も、販売減少の理由の1つとされるが、根本的な原因では無いと分析されている。

 韓流熱風の恩恵食品だったキムチも、同様の状況に置かれている。2011年、輸出額8,680万ドルで最高を記録した後、徐々に減少し、昨年34.8%減の5,660万ドルで規模に縮小している。マッコリ同様、2012年以降、減少傾向に入り込んでいる。今年9月までの輸出減少率も、昨年同期比-23.5%に達する。

 専門家は、単なる販促強化より、根本的に競争力を強化しなければ、マッコリの輸出を維持出来無いと見ている。政治的、社会的環境が変化し、消費者に食い込む競争力の確保が優先だと言う意味である。安城(アンソン)教育院教授は、「マッコリの度数、パッケージ、香りを多様化するなど、マッコリが変化し続けなければ生き残る事は出来無い。日本の若者を中心に、果汁酒が流行している為、日本人をターゲットとしたフルーツマッコリの開発も考慮すべき」と話した。

 政府も、同様の問題意識を持ち、輸出を支援する方針だ。農食品部関係者は、「これまで日本で販売されたマッコリは、韓国でも低価格の製品で、新製品の発掘、マッコリカクテルなど、新たな飲み方を開発し競争力を復活させる」と話した。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20151015/74197470/1

このしつこさが嫌われる最大の理由だと分からないかな?
大嫌いな日本に、何で輸出せなあかんねん!!
大嫌いな韓国製品を何で買わなあかんねん!!

利害は一致してるやろ?
日本製品は買わんでええ、韓国製品は買わん・・・それでええやろ!!(笑)

昨年の記事なのに、何故か本日のTOPなの。
マジでしつこい。
このしつこさが大嫌いや!!
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック