かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【取らぬ狸の皮算用・・・T-50アメリカ輸出失敗】

【米空軍の次期ジェット練習機コンペ、
 Boeingによる既存機の改修案が勝利】


 US. Air Forceがパイロットの訓練用に使用しているジェット練習機「T-38 Talon」に代わる次世代ジェット練習機「T-X」コンペに関して、USAFは5日、Boeingによる既存のT-38の機体改修案を選定したことを発表した。

 Boeingを今後、締結される契約に基づき既存のT-38Cのコックピットを最新のデジタルコックピットに改修を行う。T-38Cはまた、Pacer Classic IIIに基づく構造部分の改修も図られることが予定されており、これらの改修により機体寿命は2029年まで延長されることとなる。

 これらの改修に伴う総費用は向こう10年の総額費用で8億5500万ドル(約1026億円)となる見通し。

 T-Xのコンペには、イタリアのAlenia AermacchiがM-346 Masterを、Northrop GrummanがBAE Hawkを、韓国のKAIがT-50 Golden Eagleを、TextronがScorpionを投入することをコンペの勝利を目指して営業活動を進めてきたが、今回のUASFの決定により、既存機の改修案が、次世代機を抑えるというやや皮肉な結果とった。

 ただし、今回、決定した機体改修案の元で可能なのは、機体寿命の2029年までの延長に止まっており、その後については不透明なままとなっている。

 そのため、USAFでは、T-Xのコンペについては、最終決定を先送りとした上で、今後、改めて次世代機をどうするのかを決定することを計画している。
http://www.businessnewsline.com/news/201601061121000000.html

アメリカ輸出仕様のT-50ができますた~と盛り上がっていたのに、当然の事ながらダメですた。(笑)

何が悲しくて韓国の欠陥品を買わなあかんねん。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック