かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【古ぼけた雌犬、ババア、挺隊協 PART.1】

【『古ぼけた雌犬・慰安婦ババア』
 妄言した親日派ソ・ギソク・・・インターネットユーザーふつふつ】

2016.01.01 15:07

201601011507_61110010214408_1.jpg

 『慰安婦ババアは、自発的に慰安婦になった』と主張し、少女像の撤去を主張するソ・キソク氏が、インターネットユーザーに憤慨されている。

 31日、自身のブログで、『慰安婦少女像を撤去する必要がある』と投稿した『大韓民国時代の精神』の著者ソ・キソク氏が、インターネットユーザーに袋叩きにされている。

 「パク・クネ大統領様が決断した慰安婦協議案を、古ぼけた雌犬、慰安婦ババアがまた妨害している」とし、慰安婦ハルモニを『古ぼけた雌犬』『慰安婦ババア』と呼ぶ事を憚らなかった。

 ソ・キソク氏は、「古ぼけた雌犬、慰安婦ババアは、自身の飯の種が切れるかと思い、無法な振舞いで駄々をこねている。全国民が本質を直視すべき」と主張した。

 更に、イ・ヨンスハルモニの写真を投稿し、「一番左がイ・ヨンス慰安婦ババア、古ぼけた雌犬・・・アメリカ議会で偽の証言をした」と投稿している。

 ブログで自身を『親日派』と表現し、「慰安婦ババアは自発的に慰安婦になった。慰安婦は真っ赤な嘘」と主張している。

 一方、28日の韓日外交長官会談後の記者会見場に乱入し、「慰安婦少女像を撤去しなければ、韓日関係は進展しない」と騒ぎ、警察に制止されていた。

 この投稿を目にしたネットユーザーは、ソ・キソク氏に、「イ・ワンヨン以上の売国奴」など、批判が降り注いでいる。

 イ・ジェミョン城南(ソンナム)市長は、Twitterに投稿された「ナムヌの家の慰安婦ババア、真っ赤な嘘をやめろ。あなた方が自発的に慰安婦になった真実を、私は確かに知っている」と書かれたプラカードをあげたソ・キソク氏を探す投稿をリツィートしている。
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0010214408&code=61111111&sid1=pol&cp=nv2

批判的なコメントなど無い。
挺隊協を批判し、水曜集会に対抗し、反水曜集会をすべきだと言うコメントは幾つもあるし、『韓国メディア、知識集団、政界は限界に達するほどメチャクチャや』とは書かれているけどね?(笑)

【古ぼけた雌犬、慰安婦ババアの真っ赤な嘘と従北勢力のあがき:慰安婦少女像は撤去する必要がある】
2015.12.30 15:33

パク・クネ大統領様が決断した慰安婦協議案を、古ぼけた雌犬、慰安婦ババアがまた妨害しています。

イ・ヨンスハルモニは、自発的に慰安婦になった人です。真っ赤な嘘をついています。

1993年の発言・・・「大邱(テグ)の8人家族で貧乏な生活だった。16才の時、私は友達と一緒に母に知らせず慰安婦募集官を訪ねて行った。真っ赤なワンピースを着た時、私は嬉しかった」

2004年の発言・・・日本軍に強制連行され、性的奴隷として虐待された。

古ぼけた雌犬、慰安婦ババアは、自身の飯の種が切れるかと思って・・・無法に振舞い、駄々を捏ねています。全国民が本質を直視すべき時です。
__________
外交部の幹部を迎える慰安婦被害ハルモニの表情は冷たかった。

▲ インタビュー::イ・ヨンス/慰安婦被害ハルモニ
  「解決したと報告しに来たの?何するんだ。どうして私達を2度殺そうとするんだ。あんたが私の人生をいきてくれるのか?」

▲ インタビュー:イム・ソンナム/外交部1次官
  「そうではありません。ハルモニ、そんな訳ないでしょう?とりあえず座りますね。」

慰安婦交渉の合意文に、ハルモニの意見は反映されなかったと言う事です。

特に、政府が、慰安婦少女像の移転を考慮すると言う事実が、ハルモニを更に刺激しました。

京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)にあるナムヌの家の雰囲気も同じでした。

▲ インタビュー::ム・クンジャ/慰安婦被害ハルモニ
  「まるで鼓膜に刃物が刺さって爆発したみたいに、とても悔しい。公的賠償、公的謝罪、全部して下さい。政府同士が合意しても、私達は認めません。」

謝罪文を安倍総理が直接読まなかったと言う点で、真正性のある謝罪では無いと非難しました。
---------------------------

12月28日、世宗路(セジョンノ)外交部庁舎の前で従北勢力に応戦する私の写真

article.jpg

ずる賢く巧妙に国民感情を扇動し、真っ赤な偽で同情を買って来た古ぼけた雌犬、慰安婦ババアと、挺隊協のユン・ミヒャンなどの鐘北勢力は、最後に必死に足掻く事が予想されます。

『韓国と日本の軍事同盟はなぜ必要か?』 - 邪悪な北朝鮮、キム・ジョンウン政権に対抗する強力な武器だからです。


キム・クンジャババアは、卑劣な嘘を直ちに中断せよ。

『金に売られ、させられた』 - 慰安婦ババア11人が、帝国の慰安婦の著者パク・ユハ教授を告訴した理由です。

彼ら従北勢力は、韓日軍事同盟の妨害が究極の目標です。全ての国民が警戒心を持つべき時です。

http://blog.naver.com/diogenes70NAVERで、『親日派ソ・キソク』で検索して下さい。私が運営する2つのブログを見る事が出来ます。久しぶりにご挨拶申し上げます。
池萬元博士、健康で、良い年末年始をお過ごし下さい。お目にかかる事が出来ず、申し訳ない思いです。
http://systemclub.co.kr/board/bbs/board.php?bo_table=board02&wr_id=116336

一応、原文も。
昔の新聞記事を証拠として提示し、詳細に嘘を暴いている。
相当時間がかかりそうだけど少しずつ翻訳するかな?と思えるほど詳細に検証してあるわ。

【イ・ヨンス慰安婦ハルモニの本質:同志に謝意を表します】
2016.01.02 01:31 

政府の慰安婦問題交渉に、イ・ヨンスら慰安婦被害者を自任。
交渉に反対すると言う割りに言葉が多過ぎる。

証言はめちゃくちゃで、コロコロ変ると言われ、年齢の割りには、頻繁に訂正するとも言われ、様々な疑惑の塊と言われているので、ざっと検索してみた。

私の検索の結果、イ・ヨンスなる人物は、どの様に日本に連行されたのか?
そのプロセスの説明がコロコロ変っている。

まず、女性家族部が運営する日本軍慰安婦被害者E-歴史館に収録されている資料によると、イ・ヨンスが慰安婦になった経緯は、友達の母親の勧めで、自発的に慰安婦になったと判断せざる得無い内容である。

イ・ヨンス - 先日、両親の墓を訪れ、こう祈った

私と同い年の友達に、キム・プンスンと言う子がいて、母親は水商売をしていました。ある日、私がその子の家に遊びに行くと、おばさん(プンスンの母親)が、「お前は履物ひとつ満足に履けなくてなんというざまだ。いいかい、お前もうちのプンスンと一緒にあの何とかと言う所へ行けば、何でもあるらしいから。ご飯もお腹一杯食べられるし、お前の家族の面倒もみてくれるって話だよ」と言いました。当時の私の身なりと言ったら、ボロ切れを着ているだけのみずぼらしいもので話になりませんでした。

それから幾日か経って、プンスンと川で貝を採っていたら、向こうの土手の上に見た事の無い老人と、日本人の男の人が立っているのが見えました。老人達が私達の方を指さすと、男の人は私達の方に降りて来ました。男の人が私達に手真似で行こうと言う仕種をしましたが、プンスンは知らん振りして反対の方に逃げました。

それから何日か経ったある日の明け方、プンスンが私の家の窓を叩きながら「そうっと出ておいで」と小声で言いました。私は足音を忍ばせ、そろそろとプンスンの言う通りに出て行きました。母にも何も言わないでプンスンの後に付いて行きました。行ってみると川のほとりで見かけた日本人の男の人が立っていました。彼は、40少し前に見えました。国民服に戦闘帽を被っていました。彼は私に包みを渡しながら中にワンピースと革靴が入っていると言いました。包みをそっと持上げて見ると、本当に真っ赤なワンピースと革靴が見えました。それを貰って幼心にどんなに嬉しかったか分かりません。もう他の事は考えもせず、即座に付いて行く事にしました。 私を合わせ、娘は5人でした。


何度見ても水商売をしていた友達の母親が自身の娘プンスンとイ・ヨンスを日本に渡したと見ざる得無い内容だが、問題は、このプロセスの説明が、別のメディアでは全く異なる状況になっている事にある。

2006年の記事では、自宅で寝ていて日本軍人に連れて行かれたと描写している。

『政府、日本に外交的努力せず』慰安婦ハルモニ109人憲法訴訟

「15才だった1942年頃、自宅で寝ていた私は日本軍によって台湾に連れて行かれた。その後の私の心と生活は満身瘡痍になった。しかし、政府は何もしない。私達は、韓国の母親でも、娘でも無いと言う事なのか」


慰安婦たち、漢陽大で歴史を証言・・・『豚より酷い生活だった』

NISI20140704_0009881653_web.jpg

 イ・ヨンス氏は、「私が15歳になったある日、日本の軍人が、「こっちへ来なさいと手招きした。怖く逃げ出したが、別の日本軍人に捕まり、電車で台湾の日本軍部隊に連行された」と当時を回想した。


上記の記事の内容は、女性家族部のE-歴史館の資料の内容とは、完全に異なっている。更に、日本軍に連行されたと言う内容も、自宅で寝ていて連れて行かれた、怖くて逃げだしたが、捕まって連行されたと、証言の度に内容が変っている。

勿論、随分昔の事で、記憶が混乱している可能性はあるが、実際に経験したはずの根底部分は、混乱するはずが無い重要な部分である。

性的暴行なのか?合意の上での性交なのか?の分岐点は、行為が行われるまでの強制性の有無だが、合意の上の性交なのに、強制的にされた、又はレイプされたと主張する事には当然問題がある。

同様に、日本軍に強制連行され、慰安婦にされたのか?それとも、友達に誘われて金を稼ぎに行ったのか?は、強圧による犯罪なのか?自身の帰責なのか?を決める重要な分岐点である。

故に、根底部分は、混乱してはならない重要な部分で、万一、その部分の記憶が混乱し、事実と異なる話しをした場合、又は矛盾が生じた場合、いい加減な嘘で埋めるので無く、なぜ、そんな矛盾が生じるのか?なぜ、そんな間違いが生じるのか?をしっかり検証すべきであるが、その様なプロセスは全く無い。

更に、記憶上の混乱と見る事が難しいのは、女性家族部のE-歴史館の資料で、彼女を連れて行った日本人の男性の大よその年代を、40代と具体的に記憶している。それを全て煙に巻いて、あれほどコロコロ変ると言う事を単なる記憶の混乱と見る事は難しい。ここで、すでに信頼性は大幅に低くならざる得無い。

その上、イ・ヨンスと言う人物が証言する行跡を見ると、過去の歴史的経験談も、コロコロ変っていると言う点がある。

この人物は、1度も結婚した事が無いと言っているが、真っ赤な嘘である。
1993年の民族日報によると、イ・ヨンスは、帰国後の1987年頃、60才で、8人の子供を持つ75才の老人の『後妻』に入る事になると言っている。

1人で60才まで生活し、何で70才の老人の『後妻』として結婚するのか?それも理解出来無い。彼女の経験が本当ならば、日本人だろうが何だろうが、男は気色悪いと考えるのが自然だと思うがね。

1_201601040011371e6.jpg
1993年、民族日報の該当記事

ところが、1993年の記事とは全く異なる話が、1999年記事になったが、99年の記事では、結婚せず、保険会社などに勤めながら単身で生活したと言っている。

慰安婦として連れて行かれた経緯がコロコロ変る事は百万歩譲歩し、あまりに昔の事で記憶の混乱のせいに出来ても、これは比較的最近の事で、それが混乱すると言う事は明確に問題があり、常習的な嘘の兆候と判断して問題ないだろう。

挺身隊ハルモニ、名誉大学コース修了

日帝当時、小学校を中退し、夜学で漢文などを学んだイハルモニは、43年前、16才で強制的に日本軍慰安婦として台湾に連行され、苦労し、解放の翌年1946年に帰国した。

その後ハルモニは、結婚せず、保険会社などに勤め、単身で生活し、1992年、日本軍挺身隊被害者として申請した後、毎週ソウルの日本大使館前で行われる水曜集会に参加し、地域の被害ハルモニに会うなど、日本政府の蛮行を糾弾する為、活発な社会活動を繰り広げている。


これだけで無く、更に面白い資料を見付けた。
イ・ヨンスは、1998年、日本の将校と霊魂の結婚式を挙げている。

1987年、60歳で8人の子供を持つ75歳の老人の「後妻」に入り、1998年、日本人将校と霊魂の結婚式を挙げ、1999年、結婚せずに働きながら1人で生活して来た・・・とてもじゃないが、まともな人物の言動と見る事は困難である。

2_20160104002838724.jpg

更に、別の指摘をしようと思う。
上記の記事によると、日本には敵意を持っているが、日本人に敵意は無く、日本の将校は良くしてくれたと言っている。
これ、凄く問題が多くないか?
慰安婦被害者としても。

安倍が慰安婦を募集し、強姦した訳では無く、現在の日本人は子孫であっても直接的加害者では無い。当然、普通の人は、直接加害者は嫌いでも、加害者の子供や孫に「どんな罪があると言うのか?」と考えるだろうが、イ・ヨンスは正反対である。直接的な加害者とされる日本人の将校とは『霊魂の結婚式』を挙げ、子孫に責任を問うと言う事実は、信じられない事である。

実際、慰安婦問題が、きちんとした問題ならば、状況はこう言う流れになるはずである。

1. 慰安婦被害者は、陵辱された日本人加害者を名指しし処罰要求
2. 韓国は、その要求を受け入れ、加害者の責任を日本に問う
3. しかし、日本は加害者を擁護し、要求を受け入れず対立

ところが、現在の状況を見ると、これらの状況とはアンドロメダほども離れ、日本人将校とは霊魂の結婚式を挙げ、慰安婦の直接の当事者とは言い難い日本と言う国に、答えの無い責任を問う事自体、私にはデタラメとしか思えず笑えるのだが。

更に、イ・ヨンスの行動も問題視せざる得ず、陵辱され、数十年間恨み続けた人物としては、あまりに軽率、軽すぎると言う思いを消す事は難しい。

なぜ、将校と霊魂の結婚式を?
なぜ、87年、60歳で75歳の老人の「後妻」に入ったのか?
そして、その後、それらの事実を隠しているのはなぜか?
イ・ヨンスの話しは、全く信頼に値しないと言わざる得無い。

そして、案の定、イ・ヨンスは民主統合党の比例代表に推薦され、自身の仕事の為に集会に参加し、若者を煽ると言う、極めて政治色の濃い、不純としか思えない行動をしている。

日本軍慰安婦被害者84歳のイ・ヨンス氏、『民主比例代表出馬』

 日本軍慰安婦被害者のイ・ヨンスハルモニ(84)が、4・11総選挙で民主統合党の比例代表への出馬を宣言した。

 イハルモニは14日昼12時、ソウル中学洞(チュンハクトン)の駐韓日本大使館前で行われた『第1013回日本軍慰安婦問題解決の為の定期水曜集会』'修了後の記者会見で、「今朝、民主統合党に比例代表出馬申請書を提出した。今回、国会に進出し、堂々と慰安婦問題を必ず解決する」と話した。


「若者は、水曜集会に参加せず、何をしているのか?」

毎週水曜日、大邱(テグ)から汽車でソウルを訪れ、水曜集会に参加するイハルモニは最近、身体と心の具合が悪い。先月、タレントのイ・スンヨン氏の『慰安婦テーマ動画プロジェクト』による大騒ぎのせいで精神的苦労、身体的苦労が激しかったからだ。


そこで、イ・ヨンスについて整理してみた

1. 女性家族部の日本慰安婦被害者E-歴史館によると、イ・ヨンスは友達の母親の勧めで、自発的に慰安婦になったと見ざる得無いプロセスを辿っている。

2. しかし、イ・ヨンスは、日本軍に強制連行されたと主張し続けているが、強制連行のプロセスは、大きく異なっている。ある時は、自宅で寝ていて連行され、ある時は逃げ出して捕まり連行されたとしている。

3. .結婚の有無についても、主張が変化している。結婚と同時に霊魂の結婚式を挙げたと報じられたかと思えば、結婚しなかったと言うなど、一貫性が欠如している。

4. .政治的性格が極めて濃厚である。

ココまで来れば、イ・ヨンスと言う人物の意志、国籍の有無について疑わざる得ず、87年、後妻に入った理由は、国籍に関連した現象では無いかと疑いたくなる。

結論を要約すれば、イ・ヨンスは極めて政治的で、信頼性が極めて低い人物と見るのが適切である。
http://blog.naver.com/diogenes70

※霊魂の結婚式=霊魂結婚式=『死婚』とも言われ、結婚せず亡くなった男女が死後の世界で寂しくない様、夫婦の契りを結ばせる儀式で、結婚に特別な意味を置く儒教国家・韓国で昔から行われて来た風習。

ざっと検索した割には長い。(笑)

慰安婦のババア共が嘘吐きなのは世界の常識で、今更な感じしかしないし、イ・ヨンスにの証言については、日本でも詳細に検証されてるからね?

毎日、物凄い数が投稿されてて、追い付くのはいつじゃ?って感じがするけど頑張ってみる。

【ソ・キソク、慰安婦ハルモニの嘘を暴露する】
2015.12.31 16:38 

 「慰安婦は自発的に慰安婦になった」と主張し、少女像の撤去を要求するソ・キソク氏が、ネチズンに袋叩きにされている。

 「大韓民国時代の精神」の著者ソ・キソク氏は28日、韓日外交長官会談が行われるソウル鍾路(チョンノ)区の外交部前で、平和統一社に向かい、少女像撤去、「慰安婦は自発的に慰安婦になった」と主張し、警察に制止された。

 ソ・キソク氏は同日、韓日外交長官会談の記者会見場に乱入し、「日本軍慰安婦少女像を撤去すれば、日韓関係は進展する」と主張し、騒動を巻き起こした。

 ソ・キソク氏は、ブログで「江原道で生まれ、ソウルで育った。ソウル蘆原(ノウォン)区の倉洞(チャンドン)小学校を卒業し、ソウル江東(カンドン)区の培材(ペジェ)中学校、培材(ペジェ)高校を卒業し、韓国外国語大学政治外交学科を卒業し、経済・金融分野で長く働いた」と紹介している。

ソ・キソク氏は、小学生の時から、大統領を含む大韓民国の国民は親日派でなければならないと言う信念を持っているとし、人類学、哲学、経済学、歴史など、深い内功を身に付けていると自慢している。

ソ・キソク氏はブログで、自身のアイデンティティをしっかり打ち出している。ブログのカテゴリーのタイトルを、「親日と独裁を称賛し、『慰安婦少女像を撤去する必要がある』などとしている事を見ても、彼のアイデンティティを推測する事が出来る。

 彼は、「慰安婦少女像を撤去すべき」と言うタイトルの投稿で、「朴槿恵大統領が決断した慰安婦協議案を、古ぼけた雌犬、慰安婦ババアが、また妨害している」と、慰安婦を「古ぼけた雌犬」「慰安婦ババア」と呼び蛮行している。ソ・キソク氏は、「古ぼけた雌犬、慰安婦ババアは、自身の飯の種を失うかと心配し、無法な振る舞いで、駄々を捏ねていると書いている。全ての国民が、本質を直視すべき時が来ている」と主張している。

更に、別の投稿では、「大韓民国は旭日旗を歓迎すべきである。日本と軍事同盟を締結し、邪悪な中国共産党や北朝鮮の金正恩政権に共同対応する必要がある。歴史の怨霊を癒せない場合、韓日関係の未来は、実に暗い」と、とんでもない主張をしている。

ネチズンは、ソ・キソク氏を「売国奴」などと批判している。イ・ジェミョン城南市長は、「ナヌムの家の慰安婦共は真っ赤な嘘をやめろ!!あなた方が自発的に慰安婦になったと言う真実を、私は知っている」と書かれたプラカードを手にしたソ・キソク氏の写真をTwitterに掲載し、『この人を探ている』と投稿している。
______________

2時間前、50代後半と思える『アンチ李明博、朴槿恵(パク・クネ)会』のある男性から、私の電話番号を、どうやって知ったのか?電話がありました。Twitterで、イ・ジェミョン城南市長が私を『公開手配』したと言うニュースも見ました。
 
^ - ^
 
私は十分な取材、研究・・・熟考の過程を経ています。
 
今こそ国民は、本質を直視すべき時だと思います。
 
「私がなぜ『古ぼけた雌犬』と言う過激な表現を使ったのか・・・?
シム・ミジャ(沈美子)日本軍慰安婦をご存知ですか?
挺対協のユン・ミヒャンとは、極めて仲が悪い方ですが。
 
挺対協のユン・ミヒャン、従北主義者、そして真っ赤な嘘の証言で同情を買って来た古ぼけた雌犬、イ・ヨンス、キム・クンジャ、カンイルチュル、イ・オクソンの本質を直視する必要があります。

カンイルチュルとイ・オクソンは、中国から輸入されたババアです。
http://blog.naver.com/diogenes70

盲目的反日教の信者は勿論批判的だけど、封殺され続けて来た真実を堂々と暴露する若者の勇気を賞賛すると言ったコメントも多数ある。

SBSの世論調査の結果、妥結を評価するが53%、評価しないは40%。
メディアが報じるほど、慰安婦に肯定的で無いと言うのが本当の所かも。

飯の種を失って困るのは、慰安婦のババア共じゃなく挺対協。
北朝鮮に金を送れなくなれば利用価値はゼロ。
挺対協のユン・ミヒャンは、暗殺に怯える日々を送る事になるかもね?
若き将軍様は非情だから。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック