かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【戦闘機に碇?(笑)】

【軍最大の国策事業『KF-X』、今日碇上げる!!】
2015.12.28 00:02 YTN

 話が多く、落ち度も多かった韓国型戦闘機KF-X開発の本契約が今日締結されます。

 総額18兆ウォンを投じ、国産戦闘機120機を量産する軍創設以来最大の国策事業です。

 パク・キヒョン記者です。

 防衛事業庁は、本日、韓国航空宇宙産業KAIと、韓国型戦闘機開発の本契約を締結すると発表しました。

 2032年まで、ミドル級国産戦闘機120機を生産する内容が核心です。

 KF-Xは、技術開発に8兆8,000億ウォン、生産に9兆6,000億ウォン必要とされ、総額18兆4,000億が投入される軍創設以来、最大の武器開発事業です。

 放射庁とKAIは、2026年6月まで、試験用戦闘機6機を生産する事にしました。

 当初、試験製作機の生産時期は2025年末でしたが、本契約遅延を理由に6ヶ月延期されました。

 2028年まで、初期量産と追加武装が行われ、2032年までに後続量産され、退役するF-4とF-5を置き換える事になります。

 インドネシア政府がKF-X開発費用の20%を負担し、我が国は試作機1機を引き渡す事にしました。

 KAIは、すぐに本格的な技術開発に着手し、KF-Xを総括する事業団も、来年1月公式にスタートします。

 しかし、自主開発するAESAレーダーなどの核心技術は、先進国も手に余る程高難度で、予定通り開発されるのか?大言壮語出来ません。

 更に、アメリカが大きな枠組みで移転するとされる21件の技術も、細部技術項目の移転は失敗に終わる可能性があり、実際の開発までには少なくない難関が予想されます。
http://www.ytn.co.kr/_ln/0101_201512280002221547_005

技術移転が決まらない内に見込みスタートする。
しかも、インドネシアの墜落事故の調査結果次第で、インドネシアが計画から下りる可能性だってあるのにね?
まあ、開発が目的じゃなく金が目的だし、不正がバレる頃には全員退職してるか?死んでるんだから問題ないか?(笑)

で、戦闘機なのに碇を上げ?機で無く、台だって。
ハングルは欠陥だから仕方無いけど。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック