かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【スプーン階級制の悲劇】

【『俺、金のスプーン』・・・女性数十人誘惑、3億ウォン騙し取った20代男性拘束】
2015.12.16 11:30 東亞日報朝鮮語版

 出会い系アプリを利用し、女性数十人を誘惑した後、数億ウォンの金品を騙し取った20代の男性が逮捕された。この男性は、自身を江南(カンナム)の資産家の息子だとし、女性を騙していた事が分かった。

 ソウル水西(スソ)警察署は、チャットアプリで出合った女性22人から約3億2,000万ウォンを騙し取ったキム某(22)容疑者を、常習詐欺容疑で拘束したと16日発表した。

 警察によるとキム容疑者は、昨年12月末~今年10月末まで、外国系の名前を書くなど身分を偽装し、女性から金品を詐取した容疑を持たれている。

 警察の調査の結果、キム氏は無職にも関わらず高級外車をレンタルして20代の女性に近付き、「父親がホテルと不動産業を経営し、本家はソウル江南(カンナム)区清潭洞(チョンダムドン)にある」と話し、自身が'金のスプーン'だと強調して誘惑した。

 その後、キム氏は女性らに、「事業資金が急に必要だ」として金を借りた事が分かった。

 大半の女性は、第3金融圏で借り、キム氏に金を渡し、貸金業者8社で金を借り、キム氏に渡した女性もいると警察は伝えた。

 更に、キム氏は、大砲フォンを使い、他人名義で家賃と車を借りていた事が分かった。

 警察は13日、キム氏を逮捕し、18日午前、ソウル中央地検に事件を送検する方針だ。

 警察関係者は、「キム氏は一部女性に、恐喝・暴行を日常的に行っていたと言う証言があり、追加調査を進めている」と伝えた。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20151216/75392064/1


【ソウル大生投身自殺・・・『生死を決めるのはスプーンの色』遺書残し】
2015.12.18 15:38 東亞日報朝鮮語版

 ソウル大学の生徒のA(19)氏が、18日午前3時56分頃、ソウル冠岳(クァナク)区新林洞(シルリムドン)のビルの屋上から飛び降りて亡くなった。

 ソウル冠岳(クァナク)警察署と消防当局によると、A氏は同日午前、ソウル大学のオンラインコミュニティなどに『私の遺書を拡散して下さい』と投稿し、約20分後、自身の屋根裏部屋があった5階建てのビルの屋上から飛び降りた。

 彼は遺書に、「自分に苦労させたのはこの社会、自分が恥ずかしいのは自分のせい」と書いた。
 「生涯追求した価値は合理なのに、この世の合理と自分の合理は余りに違った。先に生まれた者、持った者、力がある者の論理に屈する事が、この社会の合理だ。個人的には不合理と感じる事でも、社会はその不合理が模範回答」だ書いている。同時に、「自分とかけ離れたこの世に耐え続ける理由が無い」としている。

 A氏は、「死を考える事ほど不合理な事は無い。精神的貴族になりたかったが、生死を決めるのはスプーンの色だった」などの内容を残している。

 同時に、「鬱病は、相談治療と薬物治療で緩和される」とし、自身を励ました人を名指し、鬱病を煩っていた事を示唆した。遺書には、「チキンを食べたいが、メタノールの吸収速度が低下するかと思うと食べられない」と書かれていた。

 この記事を見た友人の通報で、救助隊が出動し、屋上のドアをこじ開けたがA君は飛び降りた後だった。警察は、周辺の人から正確な事故の経緯を調査する一方、国立科学捜査研究院に遺書に登場するメタノールの分析を依頼している。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20151218/75433766/1


【天が感動する程努力しましたか?
 ・・・土の箸とスプーンのせいにする世代に一石】

2015.12.21 15:43 東亞日報朝鮮語版

 「『泰山が高いとはいえ、天の下の山である』で始まる古詩調がありますね?皆さん、どの程度努力しましたか?天が見下ろし、「あ~、あの人は本当に努力しているんだな。心が痛い」と感動するほど努力しましたか?」

 17日(現地時間)、ニューヨーク マンハッタン、ニューヨーク駐在韓国総領事館(総領事キム・ファン)会議室で、青年ドリームニューヨークキャンプ(KOTRA・東亞日報共同運営)主催の『アメリカ就職メンタリングワークショップ』の4回目の最後の時間。同日の行事に、バンク・オブ・アメリカ、メリルリンチ資産管理(WM)部門代表のピーター・ファン(本名:ファン・ユウ・54)首席副社長が、指導者として招待されていた。彼は、ウォールストリート進出を夢見る韓国の留学生の間では、『成功神話の主人公』で、代表的なロールモデル.大半の20代の男性参加者は、『金融界のアイドルのような方』と表現した。

 しかし、ファン副社長が、同日2時間半以上話した内容は、『派手な成功ストーリー』で無く、『陰で流した熱い涙』だった。彼は「ここは青年ドリームキャンプだが、冷酷な現実を話すと皆さんは夢(ドリーム)さえ見ないのでは無いかと心配している」と言い、話し始めた。

 「2002年、サムスン証券のアメリカ(ニューヨーク)法人長として働き、メリルリンチの資産管理担当営業マンになると、世間の私への態度は180度変わった。私に、『法人長』や『社長』だった人が、誰1人目を合わせなくなった。毎日が憂鬱だった。韓国に帰国しようと思った。しかし、妻と子供の事を考え、『そうだ6ヶ月後に死ぬ覚悟で働こう』と念を押した。」

 彼は『優秀なサムスンマン』だった。最優秀社員賞を何度も貰い、父親はサムスン生命の社長やサムスンカードの副会長を務めたファン・ハクス氏で. 法人長時代運転手付きの最高級車に乗っていた彼は、一介の営業マンになると、すぐに顧客確保の為、マンハッタン中を飛び回る日々を送った。彼は、「運動する時間が無く、会社の24階の事務室まで駆け上がった。マンハッタンを移動する時も走った。そっと目を閉じ、『happy,happy(私は幸せ、幸せ)』と内心叫びながら走り回った。ある日、階段から転がり落ちた。周囲のアメリカ人が『大丈夫か?』で尋ね、私を抱き起こした瞬間、胸の中で血の涙を流した』と話した。

 大学の専攻は英文学(高麗(コリョ)大)、ペンシルバニア大学のウォートンスクールで、経済学のMBAを取得したが、『韓国産』の彼が英語や仕事で、早々たるアメリカ人の同僚に追い付く事は難しかった。そこで、最も早く出勤し、最も遅く退勤し、勉強し続けた。

 「ある日、夜勤していると、同僚のアメリカ人が自身の妻を連れて来て『君は私に、帰りが遅いと小言を言うが、彼を見てご覧。ミスターファンは、まだ働いてるじゃないか』と言ったのです」

 彼は、韓国人留学生が悩む英語の問題について、「空が感動する程努力しましたか?」と言った。「英語の実力が必要ならば、狂ったように勉強する必要がある。私も、英語の能力を身に付ける為、『家の中では英語で話そう』と宣言し、妻の韓国語の質問に応えず夫婦喧嘩になった事がある」と話した。

 ウォートンスクールの同級生の韓国人の友人も、アメリカの大手コンサルタント会社に就職したが、「英語のせいで毎日自殺したい」とメールを送って来たと話した。

 「その友人は、3年ほど経って『もう英語で悩まない』と連絡して来ました。刻苦の努力の末、英語を克服したのです。我々の頭は、ほぼ同じじゃないですか。特別な天才で無い限り、一生懸命努力するしかありません。時間を割き、どれだけ集中し、努力するかで人生の結果は変わります。チャンスは誰にでも訪れるが、準備し、努力した人だけが掴む事が出来るのではないでしょうか?」
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20151221/75487267/1

メディア関係者って、ここまでズレてるか?
頭イテー!!スプーン階級制を全然分かって無いじゃん。(笑)

>父親は、サムスン生命の社長や、サムスンカードの副会長を務めたファン・ハクス氏
 土のスプーンで無く、金のスプーンやな?
 ハイ、解散・解散!!(笑)

ちなみに、古詩調とは、俳句とか、短歌みたいなものだって。
「初章」「中章」「終章」の3つに分かれているそうな。

『泰山が高いとは言え、天の下の山である。
登ってまた登れば、登れない訳はないのだけれど
俗人は自分自身で登らず、山が高いとばかり言っている。』

昇りきってから文句言えってか?
土のスプーンは、地下からスタートする。
金のスプーンは8合目から、プラチナは生まれた時に頂上にいる。
そう言うこっちゃ!!
努力なんて無駄や。絶対に勝たれへん。(笑)


スプーン階級制度を正式に導入したらどう?
壁の色とか、表札に印付けるとかさ。どうせ結果は同じなんだもの。
貧乏人が妙な期待や夢見て、無駄金使って、必死に努力する方が可哀想じゃん。(笑)

キム・ヒョンジュンの元カノが酷いと言ってるお花畑は見てるか?
無職の男が、高級外車に乗り、父親は経営者で、金のスプーンだと言えば、22人の女が騙され、約3億2,000万ウォンもヤミ金で借りて渡す。これが現実なんだよ。

反日芸能人にせっせと貢ぐお花畑と、どこが違うのかしら?
違うと思ってるのは、あんたらだけ。世間一般から見れば、あんたらも十分安い女やで。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック