かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【文化財窃盗団、靖国無差別テロの主犯は、文化財を取戻す会?】

【スクープ最前線】
米国も不信感 韓国の“テロ容認体質”
2015.12.09 ZakZak

 靖国神社(東京都千代田区)の公衆トイレで、大きな爆発音がして天井に穴が空いた事件で、韓国内に事態の推移を危惧する声があるという。警視庁公安部の調べで韓国人男性の関与が浮上しているが、韓国には容疑者の引き渡し拒否を容認するようなムードがあり、日本発の国際世論によって「韓国=テロ容認国家」と認定されかねないからだ。米国も不信感を募らせている。最新情勢について、ジャーナリストの加賀孝英氏が迫った。

 「11月の首脳会談を受けて、日韓関係が改善に向かいつつあっただけに、朴槿恵(パク・クネ)政権周辺にも『厄介なことが起きた』と受け止めている人はいる。国内世論と国際世論の反応に怯え、頭を抱え、身構えている」

 韓国のマスコミ関係者はこう語った。

 ご承知の通り、先月23日、新嘗祭や七五三などの参拝客でにぎわう靖国神社で事件は起きた。公衆トイレの個室天井に穴が開き、周囲が焼き焦げ、天井裏からは固形物が詰められた金属パイプや、韓国製の乾電池、電線、デジタルタイマーなどが発見された。パイプ爆弾が不発だったとみられている。

 警視庁公安部は、防犯カメラや宿泊先のホテルなどの捜査から「容疑者は30歳前後の韓国人男性」と特定。現在、裏付け捜査を進めている。

 旧知の警察幹部は「爆発物が本当に爆発していたら、大惨事になる可能性があった。あの日は大勢の子供たちも参拝していた。これはテロだ。断固許すことはできない」と怒りをあらわにした。

 公安当局幹部は次のように語る。

 「犯行は、パリ同時多発テロの10日後に決行された。犯行前日(11月22日)、安倍晋三首相はマレーシアの首都クアラルンプールでの記者会見で『非道卑劣なテロ行為を断固非難する』と断言した。計画的に、過激派組織『イスラム国』(IS)のテロを偽装した疑いもある。『安倍首相の発言でISのテロが起きた』と日本を混乱させ、安倍政権を攻撃させようとしたのではないか」

 日本のメディアが「韓国人男性の関与」を一斉に報じた3日、菅義偉官房長官は記者会見で「一般論として捜査協調、要請も含め、日本は法と証拠に基づいて適正に捜査を進めていく」と語り、韓国側に情報提供や身柄の引き渡しを求める考えを示唆した。

 ところが、その韓国が「ふざけるな!」と言うしかない状態なのだ。

 公共放送KBSは3日、「日本国内の右翼たちの間では、韓国人や中国人のテロにしようとする動きがある」といい、事件が「日本の謀略」かのように報じた。朝鮮日報(日本語版、4日)も社説に「韓国と日本は『犯罪人引渡し条約』を結んでいるが、日本が引き渡しを要求してきたとしても、必ず受け入れなければならないというものではない」と記した。

 韓国外務省は、海外安全情報などを知らせるウェブサイトで、韓国人に、日本で靖国神社や右翼団体のデモに近づくことを「危ない」として自制するよう呼び掛けた。あきれた。被害者ヅラではないか。

 もちろん、韓国内にも常識的人物もいる。

 冒頭のマスコミ関係者は「韓国では『靖国神社=反日のシンボル』とみられている。国内世論的には容疑者の引き渡しは簡単ではない。といって、日本が確実な証拠を示してきた場合、それを拒否できるのか。韓国が引き渡しを拒否すれば、日本から『韓国はテロ容認国家だ』と国際社会に発信される恐れがある」と懸念を示した。

 日韓の同盟国である米国はどうか。米国は韓国にあきれ果てている。

 米情報当局関係者は「米国は、韓国のテロに対する認識や対応に不信感を持っている。リッパート駐韓米国大使が今年3月、『親北』活動家に襲撃された。襲撃犯は駐韓日本大使を襲ったテロリストだった。そんな人物を野放しにするなど、重大な過失だ。米国は今でも激怒している。世界がテロと戦っているなか、韓国が容疑者の引き渡しを拒否すれば、世界が『韓国=テロ容認国家』と認識せざるを得なくなる」と語った。

 日本政府は4日、国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部を官邸で開き、パリ同時多発テロを踏まえた対応強化策を決定した。海外情報の収集と分析に努めるプロ集団「国際テロ情報収集ユニット」を外務省に設置し、情報収集の統括と共有を図る各省幹部で構成する幹事会を官邸に設ける。両組織は8日に発足する。

 改めていわせていただく。卑劣なテロリストを絶対に許してはならない。「テロは許さない」という揺るぎない決意を示すためにも、政府は断固たる態度で韓国に臨んでもらいたい。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151209/frn1512091140001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151209/frn1512091140001-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151209/frn1512091140001-n3.htm

どんな時でも被害者面するけど、実際は加害者なのよね?

VISA無し入国を禁止し、政治活動に参加している在日を送還する。
最低限、それ位しないと舐められるよ。

【李 舜臣(イ・スンシン)の亀甲船の遺品が靖国神社にある】
2015.12.10 14:55 時事ジャーナル

 李舜臣(イ・スンシン)将軍の亀甲船の遺品が靖国神社に保管されている事が確認され、議論が予想される。靖国神社は、日本の主な戦争で死亡した約246万人を神格化し、法事を行う日本最大規模の神社だ。東条英機前総理を始め、A級戦犯14人の位牌が合祀されていると言う事実が知られ、日本総理や閣僚の公式参拝の有無で議論を呼んだ場所でもある。

 文化財を取戻す会(代表へ・ムン)は、慶南(キョンナム)統営(トンヨン)の忠烈祠(理事長バクドクジン)から、<朝鮮役水軍史>を提供され、調査した結果、靖国神社の遊就館に、亀甲船の遺品が実在する可能性が大きいと判断していると12月10日発表した。有馬成甫の著書<朝鮮役水軍史>(1942年発行) 81ページに、亀甲船に関する遺品が靖国神社の遊就館に保存・陳列されていると書かれている。遊就館は、靖国神社にある一種の戦争博物館だ。

20151210145507540.jpeg

 文化財を取戻す会が、遊就館の所蔵目録を調べた結果、壬辰倭乱当時参戦した薩摩の島津義弘(1535~1619年)が捕獲した大砲(蛇砲・遊就館所蔵番号火砲類200番)が、遊就館に所蔵されている事が確認された。島津義弘は、1597年7月16日、漆川梁(チルジョンリャン)海戦当時、ウォンギュン率いる朝鮮水軍を全滅させた日本の武将だ。文化財を取戻す会関係者は、「漆川梁(チルジョンリャン)海戦で捕獲した亀甲船に積載されていた遺品を、日本が分解・運搬・保管しているならば、島津義弘が捕獲した大砲と推定される」と明かした。

 文化財を取戻す会は、その他、加藤清正が壬辰倭乱で捕獲した大砲(仏狼機砲)、亀甲船・板屋船に積載されていた天字砲などの宝物級遺品が、多数靖国神社に保存されていると見ている。市民団体が、亀甲船の遺品が靖国神社に所蔵されている事を確認した事で、政府次元の精密な調査を行うべきと指摘している。

20151210145507746.jpeg

 バク・ドクジン統営(トンヨン)忠烈祠理事長は、「漆川梁(チルジョンリャン)海戦は、我が国が一方的に攻撃された戦闘だった。亀甲船は撃沈で無く拿捕され、日本がそれを解体し、戦利品として持ち込まれた。初めは、豊臣秀吉が居た大阪城に送られ、どんな経路で遊就館に保管されているのかと言う記録がある」と明かした。パク理事長は、「70年以上前の記録なのに、これまで浮上しなかったのか分からない」と遺憾を示した。

 日本の書籍で、この事実を最初に確認したパク・ヒョンギュン統営(トンヨン)文化院統営(トンヨン)研究会会長は、「慶南道(キョンナムド)が李舜臣(イ・スンシン)将軍の遺跡を発掘する際、関連報告書を慶南道(キョンナムド)に公文書で提出した。しかし、回答は無く、誰も興味を示さなかった。公文書を紛失し、しばらく経って公文書をもう1度見せて欲しいと言われた。政府も、学者も同じ。李舜臣(イ・スンシン)将軍を利用するだけの様で残念だ」と話した。

 へ・ムン文化財を取戻す会代表は、「亀甲船の遺品とは何か?どこにあるのか?具体的な事実確認を優先する必要がある。更に、日本に他の亀甲船の遺品が、どれくらいあるのか確認する予定だ。戦争状況で、日本の様々な武将が奪った、我が国の遺品は、相当な数になると考えている」と明かした。

20151210145507894.jpeg

http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20151210101108086

分かり易い。
トイレを爆破し混乱させ、遊就館から文化財を盗み出す計画だったって事だね?
文化財を取戻す会と日本国内に協力者が、容疑者に金を渡しテロを依頼した。

文化財を取戻す会の日本国内の協力者なら、日弁連・社民党を筆頭とした極左や、民団・朝鮮総連・C.R.A.Cなど山ほどいるし、金も腐るほど持ってるからね?
政府予算が付いた団体によるテロ事件・・・アメリカ大使襲撃と同じ構図。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック