かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【経験者は語る?】

歴史問題は解決困難=
 「現実課題で協力を」-内外情勢調査会で講演・伊原前局長

2015.12.04 18:01 時事通信

 外務省の伊原純一前アジア大洋州局長(現ジュネーブ国際機関代表部大使)は4日、仙台市内で開かれた内外情勢調査会で近隣外交をテーマに講演した。伊原氏は、中国や韓国との歴史認識問題について「お互いが合意することで解決しようとするのは諦めた方が良い」と述べ、解決は困難との認識を強調。現実的な課題で協力関係を構築すべきだと主張した。

 伊原氏は「解決できない問題は、できない問題として横に置く(べきだ)」と指摘。その上で「お互いが協力すればためになることに、もっと力を注ぐ。これでしか近隣諸国との外交をうまくやる方法はないと思う」と語り、相互に利益となる活動に注力する必要があるとの見解を示した。

 また、北朝鮮との国交正常化については、「(日朝平壌宣言が調印された)2002年当時は拉致問題が解決すれば道筋が描けたと思うが、核保有国を宣言した現在は正常化へのインセンティブは下がっている」と述べ、核問題が大きな障害となっているとの認識を示した。

 伊原氏は13年6月から15年10月まで外務省アジア大洋州局長を務め、11月19日から大使。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120400775

気の毒なほど、何度も韓国政府に呼びつけられ、文句を言われ、それをじっと無言で耐え続け、日韓局長級会談に何度も立会い、一歩も譲らなかった人でもある。
その人が言う、「お互いが合意することで解決しようとするのは諦めた方が良い」は重いわね?
何より正解だし。
日本人は、合意したいとも思って無いでしょ?
少なくとも、私は、嘘の歴史に付き合う必要は無いと思ってるから、何の問題も無い。

現ジュネーブ国際機関代表部大使になられたと言う事は昇進し?
良かった。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック