かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【POSCO系列会社倒産】

【POSCO系列会社、POSCO創業以来初の破産】
2015.12.03 18:35 京郷新聞

 POSCOの孫会社ポスハイアルが破産手続きに突入する。

 POSCOは3日、「POSCOエムテックの子会社ポスハイアルは、4月法廷管理(企業回復手続き)を申請した後、清算型回復手続きを試みたが買い手が無く、破産を避けられなくなった」と発表した。光州(クァンジュ)地方裁判所は最近、ポスハイアルの回復手続き廃止を決定した。これに伴い、光州(クァンジュ)地方裁判所は、近く破産手続きを行い、ポスハイアルの資産を売却した後、債権者に分割する方針だ。

 ポスハイアルは、POSCOの素材部門の系列会社POSCOエムテックが51%の株式を保有するPOSCOの孫会社だ。POSCO系列会社の破産は、1968年の創業以来、今回が初めてだ。

 POSCOエムテックは、輸入に依存する発光ダイオード(LED)の核心素材、高純度アルミナの生産を目的に、2012年ポスハイアルを設立した。その後、LED需要が鈍化し、ポスハイアルは深刻な経営難に陥った。

 POSCOは、昨年以降、非核心資産を売却し、低収益事業部門の構造調整を行うなど、グループ全般で、高強度の財務構造改善作業を行っている。

 高強度の経営刷新を主導するクォン・オジュンPOSCO会長は、同日、全南(チョンナム)光陽(クァンヤン)白雲アートホールで行われた社内イベント『イノベーションPOSCO(IP)フェスティバル2015』で、「危機を口だけで騒いでいては意味が無い。徹底した現実認識の上に、1つ1つ対策を立て、推進する必要がある」と話した。
http://bizn.khan.co.kr/khan_art_view.html?artid=201512031835211&code=920100&med_id=khan

孫会社だけで無く、POSCOプランテック、POSCOエムテックも、清算手続き中じゃなかったっけ?
親会社の信用だけで、銀行は融資し続けた挙句、破綻・・・通貨危機から何も学ばず、全く進歩しないんだから。(笑)

そもそも、親会社のPOSCOは赤字で、不良子会社や孫会社を救済出来る様な状況に無い。天下のサムスンですら不良造船会社や建設会社を切売する状況にある。
中国経済の悪化、アメリカの利上げ、EUと日本の通貨緩和etc・・・悪材料が重なると、一気に破綻が進む事になるわね?(笑)

【POSCO系列会社初の破産
・・・クォン・オジュン会長『危機切実に感じろ』】

2015.12.04 17:08 朝鮮Biz

 POSOCO系列会社が倒産する。1968年のPOSCO創業以来初だ。

 POSCOは、「光州(クァンジュ)地方裁判所は、12月3日、POSCOの孫会社ポスハイアルの『清算型回復手続き(法廷管理)』の廃止を決めた」と4日発表した。

 ポスハイアルは2012年、発光ダイオード(LED)の源泉素材、超高純度アルミナを生産する為に設立された会社だが、昨年10月、工場の稼動を停止した。昨年、営業損失68億ウォンを記録している。

 POSCOは、ポスハイアルの機械設備など、資産売却を推進したが、本入札に誰も応じず、破産手続きを踏む事になった。

 光州(クァンジュ)地方裁判所は最近、ポスハイアルに、「清算型回復計画案を提出しろ」と命じた。ポスハイアルの債務管財人、ホン・ウジン POSCOエムテック事業構造改善T F理事は先月20日、「清算型回復計画案を提出出来無い」と裁判所に伝えた。

 ポスハイアルの資産は、裁判所が定めた手続きに従い売却され、債権者に分配されると見られている。POSCOエムテックは、ポスハイアル株の51%を保有している。

 POSCOは、昨年以降、世界的な供給過剰と、タコ足式に増えた系列会社の売上急減などで危機を迎えている。検察が今年2月、POSCO建設の不正捜査を始め、状況は更に悪化している。

 クォン・オジュンPOSCO会長は7月、非核心事業を全て整理し、鉄鋼業を集中強化する内容の経営刷新案を発表している。経営刷新には、2017年までに、不良系列会社89社を整理する内容が含まれている。POSCOは、国内の系列会社の内、競争力が無く、営業損失が続く系列会社25社を削減する計画だ。

 POSCOは、経営刷新案で、競争入札の拡大、資材の再使用などの原材料費、役員の賃金返納、人員削減などによる人件費削減などを打ち出している。鉄鋼製品1t当たりの加工費も、7%に縮小する方針だ。

 POSCO関係者は10月のカンファレンスコールで、「構造調整の速度が予想以上に早い。2017年末、完了の予定だった構造調整計画を、6ヶ月~1年程度、操り上げる事が出来る」と話した。

 クォン・オジュン会長は3日、全南(チョンナム)光陽(クァンヤン)白雲アートホールで行われた社内イベントで、「経営者意識を持ち、危機を切実に感じる必要がある。危機を口だけで騒いでいては意味が無い。徹底した現実認識を基礎に、1つ1つ対策を立て、推進する必要がある」と話した。
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2015/12/04/2015120401582.html?com_s

放漫経営を続け、私腹を肥やし続けて来た政権・政治家・経営者の責任の方が遥かに重い。
その経営者が偉そうに、何言ってるだ!!
従業員は、そう思うのよね?(笑)

政治と癒着する事の恐ろしさが良く分かる。
イ・ミョンバク政権と癒着し、拡大し続けたPOSCOが、パク・クネ政権に変った途端衰退する。
クォン・オジュンは、今からでも、パク・クネに土下座した方がいいんじゃね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック