かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【管制レーダー故障中?】

【『寿命が過ぎた』レーダー、変えられない?・・・600億事業漂流】
2015.11.21 20:57 JTBC

1_201511220243047a1.jpg

[アナウンサー]
 先月、慶南(キョンナム)の某飛行場で、軍用機が着陸途中、管制のレーダーが故障し、突然、別のレーダーに変える事態になりました。JTBCの取材結果、このレーダーは20年以上経ち、小さな故障が頻繁に起こると分かりました。しかし、放射庁の契約過程の問題で、最低2年、更に使わざる得ないと言います。

[記者]
 先月、慶南(キョンナム)金海(キムヘ)の第5広州機動飛行団。

 着陸を試みたパイロットが、突然レーダーを変更し、着陸する様、通知されました。

 航空機の着陸を誘導するレーダーが停止したからです。

 無事着陸しましたが、このパイロットは、その度にヒヤヒヤすると話します。

[現役空軍パイロット]
 「とにかく点検が、物凄く多い。稼動せず他のレーダーを使うケースが頻繁にあって」

 問題のレーダーは、空軍が24年間使用している航空管制レーダーです。

 規定上の寿命、20年はすでに過ぎ、空軍が寿命を24年に延長し、使用していますが、それも今年が最後です。

 修理部品は、製造中止になって久しいです。

[現役空軍軍需将校]
 「数種類の部品は製造が中止されました。だから、似た物で、機能を代替する物を使っています。何年も。」

 新たなレーダーの導入は至急ですが、最近、レーダーの交替事業が、最低2年以上延期された事が確認されました。

 防衛事業庁が、2013年、防衛産業企業LIGネクソンを交渉対象者に選定し、事業を推進しましたが、今年、最終的に、価格交渉が決裂したのです。

 放射庁は先月、事業予算を増額し、これまで要求していた国産化率基準を下げ、レーダー導入を再推進する事に決めました。

 しかし、すぐにレーダーが必要な空軍は、今後最低2年間、古いレーダーを使用し続ける事が避けられなくなりました。
http://media.daum.net/politics/newsview?newsid=20151121205731845

軍需に詳しくないから、コメントは避ける。
どんなに立派な武器を手に入れても、それ以外がガラクタなら意味なくね?(笑)
ちなみに、リンク先に動画があるので興味がある人はどうぞ。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック