かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【読みが甘い】

【造船業構造調整本格化・・・最大約1万人縮小】
2015,11,01 06:03 聯合ニュース

造船Big3人材・受注縮小・・・中小造船企業統廃合

 【ソウル聯合ニュース=シム・ジェフン/キム・ヨンジョン記者】国内造船業は、最悪の経営難を克服出来ず、崖っぷちに追い詰められ、今月以降、構造調整作業が本格化する。

 これまで、造船企業が自主的な緊縮作業を始めていたが、すでに政府と金融機関が主導し、競争力を喪失した国内造船業全般の再編作業が始まると見られている。

 これにより、国内大手造船3社は来年以降、段階的に人員、組織、受注を縮小し、中小造船企業は、玉石を分けた統廃合手続きにより、2~3年以内に、最大約1万人縮小すると見られている。

 1日、業界などによると、金融委員会と金融監督院は、今年下半期、企業の構造調整を造船・海運業など韓国系企業に狙いを定めている。造船業の限界企業の割合は、2009年の6.1%→昨年18.2%に、5年間に12.1%増加している。

 イム・ジョンリョン金融委員長は最近、「継続可能で無い企業を早急に整理しなければ、市場の不安を解消し、韓国経済の負担になる。構造調整は、我が国の経済を生かす為のもの」と話した。

 造船業界関係者は、「政府は、金にならない造船所を早く整理し、過当競争を防ぐ為、半ば強制的に売上額を調整・縮小する作業を行う。これは、必然的にリストラに繋がる。造船業の労働者全員が共同対応すべき状況」と伝えた。

 以前、各社数兆ウォン稼ぐ祭りだったが、すべに全ての企業が数兆ウォンの赤字を記録し、生死の岐路に立っている造船業が、構造調整の核心だ。造船業は以前、大手3社を除けば、船舶の部品を作る部品工場だった。しかし、船舶建造が莫大な収入を記録し、数十社は部品工場から造船企業に変った。

 STX造船など、多数の造船企業が、この過程で成長し、造船市況が悪化し閉鎖又は赤字に苦しんでいる。造船Big3は、『骨身を削る』様な競争による低価格受注した海洋プラントを一気に処理し、今年約10兆ウォンの赤字を懸念する境遇に追い込まれている。

 産業銀行など、債権団が金脈を握る大宇造船海洋が、資金支援の代価として最初に構造調整対象に上がっている。

 核心は、すでに行われている役員・部長級高職者30%程度の削減に続き、来年以降、直営社員の30%を整理する事だ。大宇造船の直営社員は、生産職約7,000人、事務職約6,000人で、約3,000人が退職する事になる。

 これに伴い、大宇造船は今後3年間、新規採用しないと見られている。労組がある為、任意に正社員を縮小出来ないからで、毎年600~700人に達する定年退職・離職による自然減を待つほか無い。

 受注規模も、船舶発注量・レベルを考慮し、適正水準に縮小し、放漫経営を防ぐ。更に、資産売却を指示し、タコ足式の系列会社拡張も禁止した。

 昨年以降、大宇造船と同レベルの自主構造調整を進めて来た現代重工業・サムスン重工業も、最終的に、同じ道を進む事になると見られている。

 造船Big3の収益構造は殆ど変らず、人員運営現況も同じだからだ。大宇造船は、経営正常化の為に受注規模を縮小し、組織・人員を縮小する事にしたが、現代重工業とサムスン重工業は、特別な方法が無い状況だ。これら3社は全て、今年兆単位の赤字が予想される危機に陥っている。

 これに伴い、現代重工業の約26,000人、サムスン重工業の約14,000人の従業員、残り中大型造船企業の従業員の約6,000~7,000人が、来年以降、段階的に希望退職等により整理される可能性が大きい。

 サムスン重工業関係者は、「赤字が兆単位に達する事は初めで、常時希望退職を募集している」と話した。

 現代重工業関係者は、造船業界の構造調整に関し、「当社は、昨年から厳しい情愛で、すでにリストラを進めている」と伝えた。

 問題は、残りの造船企業だ。城東(ソンドン)造船は、すでにサムスン重工業に経営委託している。残りの中小企業も、収益が出なければ、1~2年以内に統廃合の手続きを踏むと見られている。

 政府はすでに、造船業が集中した慶南(キョンナム)地域など、危機業種が集中する地域に、新たな主力業種を開発し、就職支援期間を1年~3年に延長し、支援金を拡大する計画だ

 巨済(コジェ)の某造船企業関係者は、「政府は、造船業がこれまでの様なブルーオーシャンで無いと判断したようだ。厳しい状況に置かれた中小造船所を整理し、生き残る事が出来る所だけを生かし、残りは整理すると言う雰囲気になっている」と付け加えた。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2015/10/30/0302000000AKR20151030168200003.HTML?template=2087

貴族労組の良し悪しは別として、正社員が大規模にリストラされると、GDPに影響するのよね?
2~3年、会社が持てば、それまで政府の資金が枯渇しなければいいね?(笑)

実際の所、青年失業者は益々増える事になる。
政府は、それをどう隠蔽するのか?(笑)

首脳会談の話題は、嫌になるほど報じられているけど、特に注目すべき事は無いので、今晩追加するね?
今日は、祖父母と出かけるので、あまり更新出来無いかも?
ハロウィンは関係無いよ。(笑)

【海洋プラントキャンセル相次ぎ・・・造船Big3『揃って赤字』】
2015.11.05 06:03 聯合ニュース

第3四半期、Big3の赤字1兆8,000億→2兆1,000億に急増

 【ソウル聯合ニュース=シム・ジェフン記者】海洋プラントのキャンセルと不履行が続き、国内大型造船3社は、今年第3四半期、結局、揃って赤字を記録した。

 赤字規模も、これまでの1兆8,000億ウォン→2兆1,000億ウォンに急増し、再び『アーニングショック』を演出した。

 5日、業界によると、現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業は、今年第3四半期2兆1,247億ウォンの赤字を記録し、暫定実績(1兆8,109億ウォン)を3,138億ウォン上回る赤字を記録した。

 これは、海洋プラントの悪夢が、再びBig3を襲ったからだ。

 現代重工業は当初、今年第3四半期6,784億ウォンの営業損失を記録したと公示し、先月30日8,976億ウォンの赤字に訂正申告した。これは、当初の推定値に比べ32.3%損失が拡大した事を示している。

 ノルウェーの発注企業が、反潜水式ボーリング船の解約を通知し、その損失を反映した事に伴ったものだ。

 ノルウェーのフレッドオルセンエネルギーは先月27日、自社のHPで、反潜水式ボーリング船の引渡し遅延を理由に、現代重工業に解約を通知したと知らせた。このボーリング船は、現代重工業が2012年5月、フレッドオセンエネルギーから6億2,000万ドルで受注し、今年3月が引渡し期限だった。

 同様の呆れる状況は、サムスン重工業でも発生している。

 サムスン重工業は先月26日、今年第3四半期、営業利益846億ウォン達成と公示した。当時、造船3社で唯一黒字を記録し注目された。サムスン重工業も、全社的なコスト削減努力とイクシスプロジェクトの工事費用追加精算を実績に反映し、846億ウォンの営業利益を記録したと鼓舞する雰囲気だった。

 しかし、実績公示の3日後、ボーリング企業パシフィック・ドリリング(Pacific Drilling)社が、drill-shipの建造契約を、一方的にキャンセルし、状況が変わった。

 最終的に、サムスン重工業は4日、訂正公示を通じ、パシフィック・ドリリング(Pacific Drilling)社の問題で、会計基準通り今年第3四半期、貸倒引当金946億ウォンを設定し、第3四半期100億ウォンの営業赤字を記録したと発表した。

 サムスン重工業は、drill-shipの引渡期限、先月27日以前に完成し、第三者の船級会社DNV-GLも、それを認め、完成証明書を発行している。しかし、パシフィック・ドリリング(Pacific Drilling)社は、契約を遵守しなかったと主張し、引渡しを拒否している。これについて、サムスン重工業は、国際仲裁を検討している。

 大宇造船も、海洋プラントなどの悪材料で、1兆2,171億ウォンの赤字を記録している。

 最近実施された債権団の実態調査で把握された予定原価の追加反映分と、drill-shipの解約・長期売上債権の貸倒引当金を、今年第3四半期の実績に反映したからだ。

 大宇造船は8月、アメリカの船主との7,034億ウォン規模のdrill-ship1隻の契約を解約した。船主が、中途金の支払いを履行しなかったからだ。

 大宇造船は7月、ノルウェーの原油ボーリング企業『ソンガ・オフショア』が、ボーリング船の完成遅延と、それに伴う追加費用の発生責任があるとし、損失を保全する様、仲裁を申請している。2011年、ソンガ・オフショアから反潜水式ボーリング船4隻を1隻=6,000億ウォンで受注したが、完成が遅れ、1兆ウォンほどの損失を見た事が分かった。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2015/11/04/0325000000AKR20151104178300003.HTML


【世界最大海運会社Maersk-Sealand大規模リストラ、大宇造船船舶の購入キャンセル】
2015.11.05 07:26 聯合ニュース

4,000人リストラ、コンテナ船6隻の発注キャンセル相次ぎ

 【ニューヨーク聯合ニュース=イ・カンウォン特派員】世界最大の海運会社Maersk-Sealandが、経営難を打開する為、大規模なリストラなど、緊縮経営に突入し、大宇造船海洋が受注したコンテナ船6隻の建造計画をキャンセルした。

 Maersk-Sealandは4日(現地時間)、コンテナ貨物運搬に従事する地上人員23,000人の内、4,000人の削減を発表した。

 同時に、世界最大のコンテナ船『トリプル-E』 6隻の購入計画のキャンセルを発表した。Maersk-Sealandが購入をキャンセルする船舶の製作会社は大宇造船海洋だ。

 Maersk-Sealandのこの様な大規模なリストラ、船舶購入計画撤回は、2008年のリーマンショック以降続く、海運・船舶業界の不況が原因とアメリカの日刊紙ウォールストリートジャーナル(WSJ)は報じている。

 同時に、Maersk-Sealandは、トリプル-Eより小規模な運搬船8隻の購入計画も撤回している。

 更に、今年第4四半期に予定された、貨物運搬航路の内35航路を中止する方針だ。Maersk-Sealandは、今年初めにも、定期運行して来た貨物運搬航路4航路を中止している。

 これにより、Maersk-Sealandは今後2年間に2億5,000万ドル(約2,833億7,500万ウォン)の経費を削減する方針だ。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2015/11/05/0302000000AKR20151105020500072.HTML

産業部とやらは、『11月は船舶の引渡し物量増加、原油価格の影響を受ける品目の輸出減少幅の緩和が予想され、輸出の減少傾向は緩和されると見ている』・・・私は、キャンセルが相次いでいるけどね?と書いたら案の定。

韓国政府・韓国企業は、株価、社債の発行条件、銀行の融資審査条件が悪化せず、楽に資金調達する為に、数字を誤魔化す事が常態化している。
だから、四半期毎に、『次頑張る』、『来期は改善する』と発表する事になる。
国際情勢や現状など、あらゆる部分の読みが甘いのよね?

産業銀行を含む債権団は資金支援を決めたけど、世論の批判が過熱しそう。
焼け石に水どころか、5兆ウォンドブにすてるのも同然だから。

【『金の箸とスプーンの金祭り』・・・協力企業の本音『大宇造船問題』】
2015.11.04 14:18 朝鮮日報朝鮮語版

『巨済(コジェ)大宇造船海洋共和国。金の箸とスプーンの金祭りでしょう?私みたいな土箸とスプーンは何も・・・』

 429万㎡(130万坪)の巨済(コジェ)大宇造船海洋玉浦(オッポ)造船所では、6万人を越える従業員が働いている。協力会社の従業員50,000人と、『直営』と言われる大宇造船海洋の正社員13,000人である。

 11月3日、大宇造船海洋は、「今月中旬、創社以来初めて自社と協力会社の従業員全員が参加する大規模な討論会を行う」と発表した。60,000人近い従業員が集まる『大宇造船海洋復興』討論会である。

 『玉浦(オッポ)人』の見方は懐疑的だ。「主人と召し使いが集まって、何を話すのか?」と言う様に・・・。

 大宇造船海洋への債権団の5兆ウォン支援、労組の『賃金凍結』『ストライキ中断』の約束について、協力会社の従業員は、どう見ているのか?初めて出合った彼らは、一様に手で遮った。

 「我々みたいな者が言ったと分かれば殺される」

 しかし、長時間に渡る説得の末、少しずつ口を開き始めた。

 「(大宇造船海洋)の直営は、巨済(コジェ)で出来無い事はありません。名札を見ただけで、酒場が優遇する位だからね。」

 某協力会社の従業員は、「作業服に『実業』と刻まれている我々には、想像すら出来ない」と話した。

 「大宇造船海洋の従業員がリストラされた場合、『相互』か?、『客死』か?尋ねます。目いっぱい貰って辞める人を『相互』、そんな時間も無くリストラされる人を『客死』、協力会社の従業員は、「熱心に働く直営は僅かで、本当に、どうして、そこにいるのか?と感じる人が相当数いる」と話した。これらの剥奪感・喪失感は強かった。

 協力会社のハン代表は、「直営は、働かなくても月給を貰う。我々は、必死に働いても、貰えない可能性がある。人間の種類が違うんだ」と話した。

 「休日を返上し、夜勤を続けても、直営の給与の半分も貰えない」

 アゴに貼られた絆創膏、タコが出来た黒い指先が痛ましく感じた。

 B(30)氏は、「この前、直営に「お前じゃ無くても、働く奴は大勢いる」と言われた。我々は消耗品だ。00野郎と言われながら、1日が始まる」と話した。

 『直営』のモラルハザードについて、不満を隠す事は出来なかった。

 「現場責任者の代理に、夜の11時頃酒の席に呼ばれた。到着した時、酒の席は終わっていた。清算だけして来た。誰だって知ってる。こう言う甲の横暴が常態化していると」

 「直営の部長がリストラされれば協力会社をクビにする。真っ先にね。罪の意識なんか無い。」

 「数人の部長は、レストランや酒屋の株に投資し、1億~2億儲けていると言う話もある。給与は小遣と言う笑い話も耳にする」

 「訓練された従業員の内、何人かを選ぶ。直営にして欲しくて3,000万ウォン持って行ったら5,000万ウォン要求されたと聞きた」

 3兆ウォンを上回る損失が発覚した今年7月以降、作業規則が厳しくなったと言う。C(45)氏は、「時間管理が厳格になった。移動時間やトイレに行く事すら制限しようとしている。最近は、携帯電話も使えなくなった」と話した。

 大宇造船海洋の『5兆支援』、『3,000人リストラ』計画も無駄だと言う。

 「協力会社は、誰だって知っていた。海洋プラントの低価格受注が始まった3~4年前から、金を貰えず廃業する企業が相次いだ。毎年20~30社廃業したが、今更「協力しろ」と言う。どうせ彼らだけの祭りなのに」と話した。

 協力会社の代表イ某(54)氏は、政府支援への不信でいっぱいだった。

 「部長1人に次長が2人いてこそ正常な組織ではないか?玉浦(オッポ)では、部長2人に次長1人だ。30年~35年目の者が多い。リストラしてもかまわない」

 協力会社の従業員は、それでも政府支援は無駄だと言う。

 「某協力会社の社長は、自分の金で1~2ヶ月は持ち応える事が出来るかも知れないが、現在の状態ならば、全て廃業する事に成る」

 某協力業者の社長は、長い溜息を吐いた。
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2015/11/04/2015110401302.html

両班・平民・白丁・・・生まれで人間を区分する階級制度が、脈々と受け継がれ、現在も続いている。
両班=経営者
平民=労組
白丁=協力会社

政府は、大宇造船を支援するのでなく、協力会社への未払い分を優先的に支払うべきじゃね?
政治家も両班だから、下々の事など眼中に無いんだろうけど。

皇帝でも、王でも無い、単に選挙で選ばれただけのクソババアが、自分の金で無く、国民の税金で、粗末な菓子を、軍に下賜してやったと宣伝する様な異常な状態。
李氏朝鮮末期って、こんなだったのかもね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック