かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ルコピン川を渡りきった(笑)】

【27億ドル中国ロボット市場進出・・・韓中FTA年内発効の可能性】
2015.10.31 18:55 聯合ニュース

韓中首脳会談で、経済分野13のMOU・合意文1件締結
製造分野協力などで、中国の内需市場攻略基盤作り
3ヶ国市場進出協力・・・上海にウォン・元取引市場開設


 【ソウル聯合ニュース=イ・クァンビン記者】韓中首脳会談をキッカケに年間27億ドル規模、世界最大の中国ロボット市場に韓国企業の進出の道が開かれるなど、中国内需市場を切り開く基礎が用意された。

 韓国と中国は更に、自由貿易協定(FTA)の年内発効と領域内包括的経済パートナー協定(RCEP)交渉の加速化など、域内経済統合に共に努力する事にした。

 パク・クネ大統領と李克強首相は、日中首脳会議前日の31日、大統領府で会談し、経済分野のMOU 13件、合意文1件に合意した。

 パク大統領と李首相は、中韓FTA年内発効の為に、早急に国内の手続きを完了し、RECP交渉の加速化と妥結に主導的役割を果たす事で合意した。

 韓中FTAの円滑な履行では、原産地情報の交換・検証、誠実な貿易企業の迅速の通関を支援する。

 韓国と中国は製造業革新のためにそれぞれ推進中の'製造業革新3.0戦略','中国製組2025'を連係するために協力を強化することにした。

 その為、両国は、製造業政策の交流、デザイン分野の研究、スマート工場・新環境工場分野で協力する事にした。

 特に、製造用ロボット分野で、継続的な協力体系を構築し、両国の認証基準を調整し、ロボット産業に関する様々な事業を共同で進める事にした。

 中国の製造用ロボット市場は、最低賃金の上昇と高技能工不足で、最近の6年間、年平均50%の高成長を維持し、昨年の市場規模は27億1,000万ドルに達している。

 両国は、韓国のセマングム事業地域を、韓中産業協力団地に指定し、中国山東省煙台、江蘇省盐城、広東省を中韓事業協力団地に指定するなど、両国企業の協力強化の為、韓中産業団地設立・運営で協力する事で合意した。

 両国が、革新的な創業分野を支援するMOUも締結された。

 これら協力案は、韓国が原材料・中間材中心の輸出から抜け出し、中国の内需市場を攻略する基盤になると見られている。

 両国は、韓国の技術力・デザイン力、中国の金融調達能力を結合し、第3国のインフラ・プラント市場に共同進出する事にした。

 今後、中国主導で設立されるアジアインフラ投資銀行(AIIB)を利用し、韓国企業の海外進出を促進するなど、『ユーラシアイニシアティブ』と『一帯一路』'戦略を連携する点も会談の成果だ。両国は、これを支援する為、共同基金を設置する案を検討する事にした。

 金融分野では、中国上海にウォン・元取引市場を開設し、中国債権市場で韓国政府が元で債権を発行する事に合意した。

 元の適格海外機関投資家(RQFII)の投資限度を、現行の800億人民元から1,200億人民元に拡大し、韓国の銀行が、山東省の企業に、元融資可能な金融協力も強化した。

 韓中輸入・輸出用米の検疫・検査協力MOUを締結し、韓国米が中国の米市場に進出可能な基盤を用意し、参鶏湯(サムゲタン)の衛生・検疫・検査条件に関するMOUを締結し、参鶏湯(サムゲタン)の中国輸出の為の道を確保した。

 水産物分野では、輸出入活水生動物の検査・検疫に関する約定を締結し、水産物の安全管理体系を用意した。

 この他、両国の消費者被害解決の為のMOUを締結し、両国の個人輸入で発生する消費者の被害を予防し、解決する基礎を構築する。
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/10/31/0200000000AKR20151031047900001.HTML

経団連の馬鹿共は見てる?
これまで以上に、韓国に技術を持ち込めば、中国にダダ漏れになるよ。

実際、MOUは、法的拘束力は無いから、どこまで実現するのか分からないけどね?
リコピン川をスッカリ渡りきった様子にご満悦な老コンジュが笑える。(笑)

【中国、パンダ1組、来年ソウルに来る・・・韓中協力の『象徴』】
2015.10.31 19:08 聯合ニュース

エバーランド-中国野生動物保護協会推進・・・両国首脳、協力覚書(MOU)で支援

 【ソウル聯合ニュース=イム・ジュヨン記者】中国産パンダ1組が、来年初めソウルに来る。韓国と中国は、国際的絶滅危機種パンダの保護に協力する事で合意した。

 パク・クネ大統領は31日、李克強首相との会談で、韓-中パンダ保護協力共同推進に関する了解覚書(MOU)を締結した。

 MOUには、両国がパンダ保護の為に、共同研究事業を進め、評価結果を共有し、保護活動に参加する内容が入れられた。

 これにより、パンダ研究と野生生物保護の為の交流・協力が更に強化されると見られている。

 パンダは、中国の国宝格の動物だ。気質は大人しく、顔付きが可愛く、中国では平和・友愛のメッセージを伝える象徴と考えられている。

 パンダの導入は、サムスン物産(エバーランド)が推進している。サムスン物産は、中国野生動物保護協会とパンダの共同研究も進めている。

 サムスン物産は来年初め、中国でパンダを1組を受け取り、適応期間を経て、来年上半期中に一般に公開する予定だ。

 環境部は、了解覚書により、パンダの導入過程を支援する計画だ。

 国内では、1994年に導入の例がある。当時、韓・中国交2周年を迎え、龍仁(ヨンイン)自然農園(現:エバーランド)に、1組導入された。しかし、通貨危機の1998年、管理負担などを理由に中国に返還した。

 パンダは、世界自然保全連盟(IUCN)の絶滅危惧種のレッドリスト『'絶滅危機に瀕する野生動植物の国際取引に関する協約(CITES)』1級の国際的絶滅危機種だ。

 現在、中国の他、アメリカなど13ヶ国の動物園でパンダを見る事が出来る。

 パンダは、世界に1,600頭ほど生息し、80%以上は中国四川省に分布している事が分かった。
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2015/10/31/0501000000AKR20151031048400004.HTML?template=2085

サムスン位しか、維持出来無いわね?(笑)
せっせと資産を売り、従業員をリストラし、パンダを借りる。

左派のハンギョレ・京郷新聞の好きそうなネタだわ。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック