かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【首脳会談くらいで変わっるはず無いじゃん!!】



【東京、韓流の種カチカチに凍り付いた】
2015.10.29 04:09 東亞日報朝鮮語版

迂余曲折の末の韓日首脳会談・・・両国民間交流現場へ行って見ると
韓日関係悪化で、経済交流も梗塞・・・反韓感情に、韓国人商店相次ぎ廃業
製品から韓国の商標-ハングル消し販売
 ・・・首脳会談キッカケに雰囲気反転期待


 来月2日、パク・クネ大統領と安倍晋三総理の初の首脳会談が予定される中、日本国内の韓国企業と海外同胞の間には、懸念と期待が交差している。2012年、イ・ミョンバク前大統領の独島(ドクト)訪問以降の3年間、両国関係悪化で莫大な被害を受けたからだ。今回の首脳会談が、雰囲気反転のキッカケになるか?気を揉んで見守っている。

 24日、東京新宿駅。日本国内の韓流の拠点と言われる新大久保に向かう無料シャトルバスの中は、週末の午後にも関わらず、記者を除けば3人だけだった。この無料バスは、韓日関係が冷え込み、客が減り、韓国人が『街を活性化しよう』と導入したものだ。中心街で下りると、目の前に免税店に集まる中国人観光客が見えた。そこは一時、韓流最大の複合施設K-プラスがあった場所だ。大型スーパー、化粧品売り場、K-POPライブ会場が複合したこの施設は、2012年開店直後に韓日関係が悪化し、経営難に苦しみ、1~2階が中国人観光客向けの免税店に変った。周辺の商人によると、免税店を始め、この一帯に、中国観光客対象の商店は、すでに8店入居している。『大使館』『烏鵲橋(オジャッキョ)』など、代表的な韓国レストランは、相次いでドアを閉めた。オ・ヨンソク新宿韓国人商人連合会長(63)は、「大半の韓国人商店の売上げは、半分以下に減った。新大久保駅の向い側だけで韓国レストランは20店あったが、3店だけになり、17店は中華レストランに変わった」と話した。韓流タウンがチャイナタウンに変わっているのだ。

 韓流どころか、新大久保通りは、週末ごとに反韓デモが行われる場所に変わった。

韓国旅行急減・・・キムチ輸出半分、レストランの客「なぜ、韓国の酒を出すのか?」抗議

○ 訪韓日本観光客、3年前の半分以下

 反韓感情が広がり、最も被害を受けた企業は旅行業界だ。今年に入り9月まで、韓国を訪れた日本人観客数は133万人で、3年前の同期間(277万人)の半分以下だ。国内で、歴史が最も古い大韓旅行社は、これまで日本人観光客の割合が高かったが、先月、ドアを閉めた。カン・チュンソク韓国観光公社東京支社長は、「政府の顔色を見る公企業の様な所が、団体旅行を中止し、父兄が影響する修学旅行は、1/3に減った。日本国内の韓国旅行会社は、月給を支払う事が出来無い事は、1度や2度で無く、従業員を削減したり、撤退する所も多い」と伝えた。

 一時、日本人の食欲を惹き付けると期待された食品の輸出も、直撃弾を受けている。韓国農水産食品流通公社(aT)によると、今年1~9月のマッコリ輸出は477万ドルだったが、2011年の同期間の1/8に過ぎない。同期間、ラーメン輸出は1/3に減り、キムチは半分以下だった。円安の影響もあるが、反韓感情が更に大きく作用していると評価されている。

 酒類業界関係者は、「レストランに営業に行くと、「なぜ、韓国の酒を出すのかと言う客が多く、入れるのは難しい」と言う経営者が頻繁にいる」と話した。東京に進出している某食品会社関係者は、「大型スーパーに営業すれば、店長が「韓国商品を陳列すると、日本のライバル企業が、反日企業を育てる所と罵倒する」として、手で遮って売場を維持する事自体が大変だ」と話した。


○ ハングルを消せ

 サムスンのスマートフォンは2012年、日本市場の占有率は15%前後だったが、昨年4.7%に減少し、最終的にサムスンは4月、ギャラクシーを発売し、世界で初めて日本の市販製品S6とS6 eggeのロゴを消す破格的な決定をした。そのおかげか?今年第2四半期(4~6月)の占有率は12%に回復している。日本国内のサムスンの地位は益々低下し、日本進出50周年を記念し、2003年、東京の都心のど真ん中に建てた27階のビルを今年売却した。ビルに集まっていた系列会社は、ちりぢりに散った。

 世界で韓流ブームを起こす国内の化粧品業界も、日本では冷風だ。基礎化粧品を輸出する中小業者関係者は、「日本の顧客は、包装紙にハングルが記されていれば購入を敬遠する。悩んだ末、ハングルを消した」と話した。

○ 韓流が寒流に

 日本の同胞は、反韓感情が次第に固定化し、韓国はこれ以上日本に必要でも無く、韓国について知りたくも無いと言う無関心に繋がっている様だと話した。実際、週刊ダイヤモンドが韓日会社員6,000人を調査した結果、日本人の何と77.3%は「韓国は事業上必要無い」と答えた。これに対し、韓国人の68.8%は、「仕事上、日本は必要な国」と答えた。

 韓流コンテンツへの興味は薄れ、2003年『冬のソナタ』がヒットし、『オールイン』『大長今(チャングムの誓い)』など、続いていた韓国ドラマメーカーと言われたNHKも、今年8月12年ぶりに韓国ドラマの放送を中止した。現在、地上波チャネルでは、TV東京が午前韓流を放送している。K-POP人気も停滞している。日本のコンサートプロモータース協会によると、昨年1公演当たりの観客数は、前年比32%も減少している。

 在日本大韓民国民団)関係者は、「今年は特に、国交正常化50周年を迎えた意味深い1年だったが、韓日関係は反転しなかった。韓日首脳会談で、良い結果になる事を切実に願っている」と話した。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20151029/74469311/1

まだ、新大久保で、毎週デモやってるの?聞いた事無いけど。
首脳会談くらいで、良くなるはずが無い。
少なくとも、私は変らないわ。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック