かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【朝日と親韓派議員と韓国メディアのマッチポンプ再開】

【日本政府の資金で、慰安婦基金造成検討】
2015.10.23 03:32 東亞日報朝鮮語版

民間基金に予算上乗せし解決策準備・・・『法的』単語抜き、『責任感じる』表現

 今月末又は来月初め、ソウルで韓中日首脳会議が予定される中、日本政府が韓日両国の最大懸案『日本軍慰安婦問題解決策』を内部的に用意している事が分かった。日本政府が予算を投じ、政府主導の基金を作る事が核心だ。これは、日本政府が『慰安婦問題』は、1965年の韓日協定で解決した』と守って来たこれまでの立場を変える事で注目される。

 22日、複数の韓日高位外交消息筋によれば、日本政府は、1995年にスタートし解散したアジア女性基金の余剰金に、日本政府の予算を追加する方法で、新たな基金を作り、慰安婦問題を解決する糸口を掴んだ。日本政府が計画する基金規模は3億円(約28億5,000万ウォン)以上と知らされた。

 1995年、アジア女性基金は、日本国民が募金した5億6,500万円を、韓国だけで無く、フィリピン・インドネシアなど世界の被害者に対する補償性格の『償い金』として使用し、当時、日本政府も7億5,000万円を、医療福祉費として支出したが、基金を『民間基金』と規定した。韓国の被害者と支援団体は、「法的責任の伴わない日本政府の責任回避手段に過ぎない」として、大半が受領を拒否した。

 日本政府は、『責任』問題に関し、二重的な解釈が可能な表現を使うと発表された。韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)など、韓国の市民団体が要求する『(日本政府の)法的責任』と、既に日本政府が主張して来た『道義的責任』の中間ラインと言える『政府が責任を感じ』などの中立的な表現を使用する事に苦心している事が分かった。
http://news.donga.com/Main/3/all/20151023/74337393/1

外務省に交渉を任せるとこうなる。
また、負けるのかな?
残念ながら、絶対に無いとは言えない気がするのよね?

首脳会談の前の朝日と新韓派議員と韓国メディアのマッチポンプが始まり、世論が盛り上がり、妥協するパターン。
いつまで繰り返すのかしら?
こんな妥協案を提示する位なら、首脳会談やめようよ。

【韓日首脳会談控え、慰安婦解決法次々に議論・・・日本は否定】
2015.10.24 00:05 聯合ニュース

アジア女性基金後続事業拡大など議論・・・安倍の決断に注目

 【東京聯合ニュース=チョ・ジュンヒョン特派員】来月初め、韓中日首脳会談をキッカケに、ソウルで行われる事が有力な韓日首脳会談を控え、軍慰安婦問題解決に関連する様々な説が登場し、注目されている。

 自民党の重鎮河村建夫衆議院(9選)は21日、ソウルで記者に、軍慰安婦被害者に賠償金を提供したアジア女性基金の後続事業を進行中で、医療支援などを拡充する案を、安倍晋三総理が念頭に置いていると話した。

 更に、23日、某韓国メディア(東亞日報)が、日本政府が予算を投じ、軍慰安婦問題解決の為、政府主導の基金を作り『日本政府の責任』を認める案を検討していると報じた。

 これらの案について、日本政府は否定した。政府のスポークスマン菅義偉官房長官は、アジア女性基金の後続事業について、河村氏個人の意見だと話し、日本政府主導の資金調達について、「その様な事実は全く無い」と発表した。

 日本政府は否定したが、一部では、日本が考慮する様々な解決構想が、政治家やメディアを通じ、紹介されるのでは無いかと見られている。

 これに関し、朴槿恵大統領は6月12日、ワシントンポストとのインタビューに、「慰安婦問題に重要な進展(co​​nsiderable progress)があり、現在の交渉の最終段階(final stage)にある」と話していた。

 具体的な交渉状況が不明な中、情報筋は、韓日が▲日本首相の謝罪▲在日本大使が被害者に会い意見を聴取し謝罪する案▲日本政府の予算を通じた被害者賠償などの内容が含まれている、いわゆる「佐々江案」を参考に、解決策を模索していると見ている。佐々江案は、民主党政権時代の2012年3月、佐々江賢一郞当時外務省事務次官が訪韓時に提示し、最終的に実現しなかった案として知られている。

 日本政府が『賠償・謝罪』すれば、法的責任を認めたと見ると言う日韓市民団体の解釈も最大の難題で、日本政府が法的責任を認め、問題を上回る案になる可能性がある点で注目されている。

 しかし、日韓政府は、これまで、日本の産業施設のユネスコ世界遺産登録を巡り対立する中、積み重なる不信感を超え、合意点を見出す事は容易で無いと見られている。

 積極的に解決意志を示すべき日本は、「今回の合意すれば、それは最終的解決である事を韓国政府が担保する事」、「軍慰安婦少女像」を撤去する事」を要求して来たとされる。

 しかし、首脳会談でチャンスを逃す以上に、両国とも国会議員選挙が予定され、来年に問題が延期されれば、解決は更に難しくなると分析されてる。安倍首相も、昨年8月に発表した戦後70年談話で、『戦時下の女性の尊厳侵害」を何度も取り上げた様に、韓中を含む国際社会の圧力を避ける為にも、ある種の「決断」をする事への期待交じりの見方も依然として存在する。
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2015/10/23/0503000000AKR20151023192300073.HTML?template=2087

とりあえず、菅官房長官が否定したとの事で、一安心。

首脳会談直前に、サヨク・韓国メディア・朝日・新韓派議員によるマッチポンプで、日本の総理大臣を追い込んでいくやり方は、以前も経験した。
こう言う時こそ、国民は声をあげなきゃならない。
総理官邸でも、地元の代議士の事務所でも、自民党本部にでも、とにかく反対意見を届けましょう。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック