かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【国内でも二股】

【大宇造船『4兆支援』全面保留・・・『自救計画・労組の同意が先』】
2015.10.22 16:50 聯合ニュース

イム・ジョンリョン委員長『高強度の自救計画、労組の同意意志必要』
産業銀行、大宇造船に追加自救計画・同意書要求・・・『陣痛』予想


 【ソウル聯合ニュース=チョン・ジュンヨン/パク・ヨンジュ/コ・ドンウク記者】金融当局と債権銀行が、大宇造船海洋の正常化支援計画を全面保留し、大宇造船の高強度の自救計画と労使同意書を要求する事になった。

 自救計画と労組の同意が無ければ、正常化を履行出来ず、銀行の資金輸血が『底の抜けた瓶に水を注ぐ形』になる可能性があると判断したからだ。

 その結果、大宇造船の正常化計画は、着手時まで、産みの苦しみを味わうと見られている。

 22日、金融機関によると、金融当局と債権団は、大規模な不良が発生した大宇造船の正常化支援に先立ち、自救計画の強化と履行には、労組の同意が必要との姿勢を明確にしている。

 債権団は、4兆ウォン前後の金融支援を含む正常化支援計画を、自救計画・労組同意書提出時まで、全面保留する。

 自救計画・労使同意後、正常化を支援する形になる。

 これについて、イ・ジョンリョン金融委員長は、同日Demo Dayに参加した後、「強力な自救計画が無ければ支援は難しく、労組も同意する意志が無ければ、大宇造船の正常化は出来無い」と強調した。

 この方針は、同日『別館会議』と言われる経済金融対策会議で決定したと伝えられた。

 一般的に、大統領府が行う別館会議には、企画財政部長官、金融委員長、金融監督院長、大統領府経済首席、案件関連機関長が参加する。

 金融当局関係者は、「大宇造船の正常化支援計画は保留した。強力な自救計画が無ければ、支援しても正常化を期待出来無いと判断し、支援の前に、綿密な自救計画と労組の同意書を要求する事にした」と明かした。

 大宇造船の債権銀行で筆頭大株主の産業銀行は、「自救計画と労組同意書を提出する様、大宇造船に伝え、提出後、支援方法を決定し、実態調査結果と同時に発表する計画」と話した。

 金融機関関係者は、「これまでの自救計画を強化した綿密な計画が、正常化支援着手の前提条件になる。賃金凍結など、人件費削減を含む自救計画が必要だ」と説明した。

 債権団は、大宇造船が、今年第2四半期だけで3兆ウォンを越える営業損失を財務諸表に反映し、不良が発覚した後、資本拡充を含む支援策を金融当局と議論して来た。

 国会国政監査では、『粉食会計』議論になっていた。

 産業銀行と最大債権者の輸出入銀行は、7月と9月以降、大宇造船の実態調査を進める過程で、1兆ウォン台の追加不良が発覚したと伝えられた。

 金融当局は、債権銀行の出資転換・新規資金支援を含み4兆ウォン前後の正常化支援策を事実上決定した。

 大宇造船は8月以降、役員数を55人→42人に削減し、最近、勤続20年以上の部長級以上の従業員300~400人のリストラを進めている。今月初めから、希望退職を募集し、更に、資産売却も進めている。

 ゴルフ場(サニーポイントカントリークラブ)の売却作業は仕上げ段階で、ファインベスチル・大宇情報システム株の整理を進めている。

 ソウル堂山洞(タンサンドン)の社屋は、売却手続きが進行中で、清渓川(チョンゲチョン)の本社建物は売却するが、賃貸で使用すると同時に、麻谷(マゴク)産業団地の研究開発センター設立計画を白紙撤回し、土地代金の2,000億ウォンの返還をソウル市と協議する計画だ。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2015/10/22/0301000000AKR20151022125851002.HTML

これまでの融資を含み、10兆ウォン以上の税金を投入する事になるらしいわ。
で、ゾンビ企業を整理すると発表しておいて、大企業や国営企業は支援するのか?と世論が反発、批判が拡大しそうになった途端に、散々議論したはずの支援策を保留し、世論の批判が鎮まるのを待って支援する事に・・・。

労組が屈服すれば、多少は静まる?まあ、貴族労組が屈服するはずは無いけどね?
最終的には、同意書を偽造したりして、国民を騙す事になるんじゃない?
任期満了まで生きていられれば、逮捕される事は確実だし、罪は多いほど諦めが付くかも知れないね?(笑)

パク・クネの二股は外交だけじゃ無く、国内でも・・・。
股の数が増え過ぎて、その内裂けるんじゃないかしら?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック