かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【主犯は現代】

【衝突問題無かったのか・・・現代自動車、エアーバック国政監査暴露】
2015.10.09 00:09 国民日報

 現代・起亜自動車の多数の車両に、不良エアーバック カバーが使用された疑惑が、国政監査で提起された。「事故が発生しても、衝突角度が合わなければ作動しない」と噂される程、現代・起亜自動車のエアーバックの不信が高い中、登場した指摘で、ネチズンの興味は熱い。ネチズンは、VWの排出ガス操作と比較し、「エアーバックは、命と直結する。これが事実なら、VWの問題は両班(ヤンバン)だ」と呆れている。

 国会国土交通委員会カン・ドンウォン議員は8日、総合国政監査で、「情報提供によれば、忠南(チュンナム)の現代モービスの1次協力会社A社が、動作不良など不良品を粉砕した再生原料を混ぜて製造したエアーバックカバーを納品し、現代・起亜自動車に装備されている」と主張した。問題になったエアーバックカバーは、現代自動車のソナタYF北米輸出用・内需用、アバンテHD輸出用・内需用、i30 GDなど多数の車種と起亜自動車のKシリーズなどに使用された事が分かった。カン議員は、A社は2009年~2013年までの5年間、再生原料を使用していたと説明した。

 再生原料を使用すれば、原材料費用は、半分未満で済むとされ、カン議員は、「現代自動車は、国民の生命を担保に、金儲け血眼になっている事実に憤りを感じる」と批判した。

 これが事実であれば、どんな事になるでしょう?

 再生原料で製造された製品は、異物混入の可能性があり、その為、再生原料部品を組み立てたエアーバック カバーは、車両が衝撃を受けた時、エアーバック正常に動作せず、破損又は潰れる重大な欠陥が生じる可能性が高いとされ、実際、現代モービスの2012年のテストで、この問題が見付かっていたとカン議員は説明している。

 カン議員は、「2010年以降、国内で通報された急発進を疑う事故車両482台の内、現代自動車が43.6%を占め1位で、急発進を疑う事故で、エアーバックが動作しなかったケースは43.4%に達する」と主張している。

 カン議員は、「現代モービスは、不良エアーバックが納品されている事を知りながら後続措置を取らず隠蔽した事が更に大きな問題」として、A社が供給したエアーバックを全面リコールしろと大声怒鳴った。

 宝ドリームなど、自動車マニアが集まるコミュニティでは、現代・起亜自動車の不良エアーバック納品関連ニュースで騒々しくなっている。

 これらは、「国政監査の資料が事実なら、VWの操作問題以上にゾッとする」と指摘している。排出ガス操作は環境汚染の問題だが、エアーバックは人命と直結するからだ。
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0009940178&code=61111111&sid1=pol&cp=nv2


【『不良エアーバックカバー納品』、現代モービス確認も、リコールせず】
カン・ドンウォン議員、国政監査で暴露・・・「5年間、現代・起亜自動車に装備」
2015.10.09 02:40 

 現代モービスが製造し、現代・起亜自動車に納品されたエアーバックカバーに、『不適切な資材』が使用され、現代モービスは、それを確認していたものの、リコールなど、対応しなかったと指摘された。

 新政治民主連合カン・ドンウォン議員は8日、国会国土交通委員会総合国政監査で、「現代モービスの1次協力会社A社は、2009年~2013年の5年間、再生原料を混ぜた不良原材料を使用したエアーバックカバーを納品し、現代・起亜自動車に装備された」と主張した。カン議員は、「現代モービスは2012年、自社の検査で、再生原料が使用されたエアーバックカバーが、適切に作動せず、破損・潰れる問題を見付けたが、AS部品など一部分だけを交替し、すでに生産された車両に、後続措置を取らなかった」と指摘した。カン議員は、「2010年以降、国内で通報された急発進が疑われる事故で、エアーバックが作動しなかったケースは43.4%に達する」とし、該当エアーバック装着車両の全量リコールを要求した。

 ユ・イルホ国土交通部長官は、「1日、情報提供があり、交通安全公団が調査している」と明かした。現代モービスは、説明資料で、「2012年11月頃、関連する情報提供により、別途テストした結果、全て品質基準を通過し、エアーバックは機能上・品質上、問題無かった。隠蔽の事実は無い」と説明した。
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0923273698&code=11151400&sid1=eco&cp=nv2

タカタのエアバック事件の主犯は、現代だった可能性が高くなって来た。
トヨタの事件もそうだったし、アメリアは、どれだけ朝鮮人に騙されれば気が済むの?
ホント、腹立つわ~。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック