かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【本当の事だけどな?】

【『慰安婦、性的奴隷では無い』・・・名門大教授発言議論】
2015.09.19 18:10 世界日報

 高麗(コリョ)大学経済研究所のチョン・アンギ研究教授(61)が『慰安婦は性的奴隷では無い』と発言し、議論になっている。チョン教授は、日帝占領時代、皆が親日派だったと話したと分かった。

 19日、棒メディア(京郷新聞)によれば、チョン教授は15日、『東アジアの経済史』の授業で、『慰安婦は性奴隷では無い』と生徒に話した。更に、「(慰安婦は)もの凄く金を儲けていたし、数ヶ月働けば、故国に戻る飛行機代を支払う事が出来た。(金儲けで)残っただけだ」と付け加えた。

 チョン教授は、「あの時代、皆が親日派だった。当時の世相を理解する必要がある」と話した。彼の発言は、東アジア経済史授業に出席した生徒や関係者の口伝えで伝わった。チョン教授は、安倍談話を擁護するソウル大イ・ヨンフン教授の『韓国人、あなた方は誰か?』と言うタイトルのコラムも配布した。

 チョン教授は、発言は問題無いと反応している。18日、メディアとの通話に、「現在、我が国の国民は、過度に道徳的定規を突き付けている。論理的に実態に接近する事は不可能だ」と話した。日本関連問題で、韓国人が道徳的定規を突き付けているとみているのだ。

 チョン教授は、「我々は、今日を生き、明日を生きようとしているのに、絶えず過去の問題で困難に陥っている。人々の世界観と歴史観を歪曲する事はおかしな問題だ」と話した。同時に、「当時、独立活動家1人の為に、『一般人』99人が罪人扱いされるのは不合理だ。生徒に正しい歴史観を植え付ける歴史教科書改革・国政が必要だ」と付け加えた。

 チョン教授が、授業中の発言で問題になったのは今回が初めてでは無い。

 チョン教授は、昨年11月、授業中『植民地史観』に言及した。授業に参加した生徒は、『高麗(コリョ)大学竹林』のFBに、「経済学の基本概念を説明する授業だと言うが、教授は植民地史観を持たれている。日本による我が国の収奪を『発展を支援』したと考えていると投稿している。

 投稿者は、「教授は、我が国が腐りきり、手の付けようが無い為、他国へ移住しろと言う。我々が理由無く、靖国神社を憎悪し、痛ましくて哀れだとおっしゃった」と説明した。この投稿者は、「教授は、慰安婦は強制的になもので無く、ボランティア活動の現場と変らないと話した。」呆れていると書いている。
http://www.segye.com/content/html/2015/09/19/20150919000874.html

メディアも、証拠を探そうと思えば、幾らでもあるのに、不都合な真実に蓋をし、感情的に批判するだけでは何にも変らない。
腐敗と汚職に塗れた現実を無視し、自らを道徳的だと考えている。
こんな国と外交なんて無理だから、とっとと見切りを付けて切り捨てるべきかと。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック