かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【ベンツ・・・故障すれば、新型に交換します】

【ゴルフクラブ事件『ベンツ』、1週間で白旗】
ゴルフクラブ振り回した消費者、新型の新車と交換に合意・・・イメージ墜落など負担に感じ
2015.09.18 21:29 Oh my News

 最終的に、メルセデスベンツが白旗を揚げた。神聖自動車(株)は18日、ベンツS-classを、ゴルフクラブで破損させたA氏と、最終的に合意したと発表した。神聖自動車は、ベンツコリアの光州(クァンジュ)全南(チョンナム)地域の公式販売会社だ。

 A氏は、破損した車を新型の新車に交換する事で最終合意したと発表した。A氏は、新車を貰う代わりに、破損した車の修理費用の一部と、使用期間に伴う減価償却分を負担する事にした。11日、A氏が、光州(クァンジュ)の販売店の前で、ベンツをバットで叩き付けてから1週間だ。それまで、どんな事があったのか?

2億を越えるベンツ、続くエンストに反発・・・『破損動画』一波万波

 A氏は11日午後、光州(クァンジュ)西(ソ)区の販売店の前に車を止め、2億900万ウォンのベンツS63 AMGを蹴り付けた。更に、トランクからバットを持ち出し、車を殴り付けた。バットが車体に勝てずに折れ、ゴルフクラブを持ち出し、窓ガラスとフロントガラスを殴り付けた。

 その行動は、動画撮影され、Youtubeなどの動画サイトで広まった。A氏とメルセデスベンツコリアが明かした内容を総合すれば、A氏は3月、Bキャピタル会社とリース契約を締結し、光州(クァンジュ)のディーラーから車を引き渡された。

 A氏は6月、走行中のエンストを経験した。単純な欠陥と考えたA氏は、6月25日、車両の修理を申請し、会社は、該当車両をサービスセンターに送り、電子制御プログラムのアップデートを進めた。

 しかし、この現象は繰り返された。A氏は7月27日、再び修理に出した。会社は、「再び同じ問題が発生すれば、車を交換すると約束した」と主張する。ベンツコリアは、当時、修理過程で、A氏が任意に改造した事実を発見し、これの原状復帰を要求したと説明する。

 9日、釜山(プサン)→光州(クァンジュ)に向かったA氏は、坂道で再びエンストしたと明かす。「車には妊娠中の妻と、5才息子が酷く驚き失神した」と主張した。11日、該当ディーラーを訪れ、強く抗議し、車の交換を要求した。

 しかし、該当業者は、「社長は出張中」として、明確に回答しなかった。2時間近くディーラーと揉めた末、A氏は、自身が乗って来た車を破壊する。<聯合ニュース>とのインタビューに、「欠陥車両を交換しないと言うなら、いっそ無くした方が良いと考えた」と話した。

ベンツ、1週間で訴訟取下げ、新車交換に合意なぜ?

 ベンツを破壊する動画は一気に広がって行った。 インターネットユーザーの間でも、反応は交錯している。「どれ程の状態なら2億ウォンを越える車を叩き付けて壊すのか?」という意見が多かった。 一部では、「リース車両の所有主はリース会社で、違法改造の責任もある」と指摘している。

 しかし、該当販売会社は、A氏を業務妨害容疑で提訴した。更に、警察は、A氏を不拘束立件し、財物損壊容疑で捜査が進んでいると発表している。A氏は、「該当キャピタル会社に処罰の意思は無いと主張したが、警察が無理に容疑を適用した」と不満を訴えた。

 A氏は更に、「走行中にエンストする重大な欠陥が続いたにも関わらず、会社は謝罪せず警察に通報した」と主張し、世論は更に悪化した。その上、ベンツ破壊動画は、国内だけで無く、海外の有力自動車メデャアに掲載され、ベンツのサービスイメージに大きなダメージを与えた。

 業界の某関係者は、「最高級のベンツの破壊動画が、国内メディアだけで無く、海外の有名自動車紙などでも報道され、(ベンツ)イメージは大きく墜落した」と伝えた。 実際、メルセデスベンツ コリアも、動画の影響が広がり、当惑する雰囲気が歴然としている。

 更に、政府までもが、該当車両の欠陥を調査すると発表し、ベンツコリアの負担は、更に大きくなったと見られている。国土交通部関係者は17日、<オーマイニュース>との通話に、「ベンツの動画について、内部で詳しく調査している。高級車で無くとも、懸案によっては、職権で調査する事が出来る」と話した。国土部は、ベンツコリアに、該当車両の関連資料を要求したと伝えられた。

 更に、ベンツコリアは、税務当局の税務調査を受けている。泣きっ面に鉢である。最終的に、ベンツ破壊動画は、1週間で最終局面を迎えている。しかし、すでにベンツ同好会を中心に、同様の欠陥を訴える消費者が約10人に達する事が分かった。余震は、位まだ残っている。
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002145336&PAGE_CD=N0004&CMPT_CD=E0019

単なる火病なんだけどね?(笑)
韓国政府が、欠陥車両の交換を法律で義務付けるとか言い出して、販売店が焦っただけなんだろうけどさ。
韓国で、謝罪したり、交換したりする事は、後に大きな問題になる。
同じ様な事が起こる度に、新車に交換する羽目になるんだから。

昔ほどでは無いにしろ、ドイツ車は割と故障が多い。
子供の頃、父が乗ってたゴルフは、エンジンがかからない事が頻繁にあった。
今は、随分良くなっているけどね?
と言うか、日本車が優秀過ぎるのかも知れない。
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック