かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【弱り目に祟り目?踏んだり蹴ったり?】

【Apple特許問題で勝訴、米控訴裁審理差し戻す】
2015.09.18 05:55 REUTERS

 [ニューヨーク 17日 ロイター] - 米アップル(APPLE)が、韓国サムスン電子(005930.KS)の製品販売差し止めを求めていた特許訴訟で、ワシントンの連邦巡回控訴裁判所は17日、アップル勝訴の判断を下した。

 「iPhone(アイフォーン)」のスライド式ロック解除(slide to unlock)などの機能をめぐって争われた。

 連邦地裁が昨年8月、サムスン製品の販売差し止めを求めたアップルの訴えを棄却した件について、控訴裁は裁量を乱用したと断じた。

 その上で、カリフォルニア州のサンノゼ連邦地裁に審理を差し戻した。
http://jp.reuters.com/article/2015/09/17/apple-wins-us-court-idJPKCN0RH2WO20150917


【Samsungとの特許侵害訴訟でApple勝訴、控訴裁が審理差し戻し】
2015.09.18 ニューズフロント

 米Appleが同社の特許を侵害する韓国Samsung Electronics製モバイルデバイスの販売差止を求めていた訴訟で、米ワシントンD.C.の米連邦控訴裁判所はAppleの主張を支持する判決を現地時間2015年9月17日に下したと、複数の海外メディア(米TechCrunchや英Reutersなど)が報じた。

 AppleとSamsungはモバイル関連の特許を巡り、長年にわたって複数の訴訟を繰り広げている。Appleが昨年3月末にSamsungを相手取って起こした訴訟(関連記事:Apple、Samsungにモバイル特許侵害の損害賠償約22億ドルを請求)では、「iPhone」のオートコンプリート機能、スライド式ロック解除(slide-to-unlock)機能、データタッピング機能に関するAppleの3つの特許をSamsungが侵害したと連邦地方裁判所は判断。昨年5月、Samsungに約1億2000万ドルの損害賠償支払いが命じられたが、Appleが求めていた賠償額には遠く及ばなかった。

 Appleは賠償金の支払いだけでは不十分だとして一部Samsung製品の販売差止を求めたが、「Appleは、Samsung製品の販売を禁じなければ修復不可能な損害を受けることを証明できていない」として、昨年8月、この要求は棄却された(関連記事:AppleによるSamsung製品販売差止要求、今回も認められず)。Appleはこの判断を不服として上訴していた。

 今回、控訴裁は「Appleの特許を侵害しているSamsung製スマートフォンは米国での販売を禁じられるべき」として、地裁に審理を差し戻した。

 控訴裁の判決について一部の米メディア(米CNETなど)は、特許保持者が簡単に競合製品に対する販売差止命令を獲得できるようになってしまい、交渉の際などで特許保持者に不当な権威を与えかねないと懸念している。一方で、対象となるSamsung製スマートフォンは2012年にリリースされた「Galaxy S3」までの古いモデルであることから、Samsungにとってたいした痛手にならないと米ABC Newsは伝えている。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/091803024/

サンノゼの裁判長のルーシー・コーは在米同胞だから、サムスンに有利な判決になるのでは無いか?と韓国メディアが報じていた。
裁判長への買収工作が行われていた可能性は高い。
何だって金・女・金品で解決しようとするのが韓国流=サムスン流だからね?

>対象となるSamsung製スマートフォンは2012年にリリースされた「Galaxy S3」までの古いモデルであることから、Samsungにとってたいした痛手にならない
 実際にどうなのか?今後分かる。
 今日のところは、株価に影響していない様だけどね?

で、中国製品も勿論対象になる訳で、偽Appleと言われるXiaomiもタダでは済まないね?

【サムスンフォン『スライド式ロック解除(slide-to-unlock)』
 使用製品販売差止め・・・米裁判所Apple勝訴判決】

2015.09.18 17:09 朝鮮日報朝鮮語版

 サムスン電子のスマートフォンに使用されている『スライド式ロック解除(slide-to-unlock)』が、Appleの特許を侵害している為、この機能を使用した製品の販売差止めをアメリカの裁判所が認めた。

 18日、ブルームバーグによると連邦巡回控訴裁判所は、Appleとサムスン電子の2次訴訟控訴審で、「サムスン電子は、Appleの『スライド式ロック解除(slide-to-unlock)』の特許を侵害している」と判決した。裁判所は、同時に、「これはAppleの市場占有率減少、販売量縮小の原因になっている」と判決した。この問題を巡る裁判で、裁判所はAppleの手を挙げた。

 今回の控訴審判断は、昨年行われたカリフォルニア連邦北部地方裁判所サンノゼ連邦地裁の1審判決を、事実上ひっくり返した事になる。当時、サンノゼ連邦地裁のルーシー・コー判事は、サムスン電子は、Appleの特許を、意図的に侵害しなかったと判決した。

 控訴審判決が確定すれば、サムスン電子は、スマートフォンに、この機能を使用出来なくなる。

 しかし、それにも関わらず、連邦巡回控訴裁判所の今回の判決は、市場に殆ど影響が無いと見られている。対象製品は現在、流通していないからだ。

 サムスン電子は、すでに自社のスマートフォンに、『スライド式ロック解除(slide-to-unlock)』機能を使用していないからだ。現在、サムスン電子のスマートフォンは、画面の特定部分を押せばロックを解除するAppleの特許方式で無く、画面のどこに触れてもロック解除出来る技術を使っている。

 今回の判決に該当する製品の最新モデルは、3年前に発売されたGalaxy S3だ。サムスンは今年、Galaxy S6を発売し、マーケティングしている。

 しかし、象徴的な意味で、サムスンがApple製品の特許を侵害した事への負担は残ると見られている。Appleとサムスンの2社は、2011年以降、様々な争点を巡り訴訟を繰り広げている。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/09/18/2015091802543.html

オートコンプリート機能、スライド式ロック解除(slide-to-unlock)」機能、オートリンク機能の3つの特許侵害が認められている。
で、3つの機能の内、オートリンク機能を使用している製品は販売されていると。
損害賠償$ 548 millionを支持すると判決している。

朝鮮日報は、肝心な所を報じていない。
$548 million=658億円=約6,423億ウォン(最新レート)
サムスン電子の第2四半期の営業利益は6兆9000億ウォン、第3四半期は6兆5,000億ウォンと予想されている。
1四半期分の営業利益の10%を損害賠償に支払う事になる。

【サムスン、特許侵害賠償金6,382億ウォン支払で合意】
2015.12.05 03:11 韓国経済

14日までに支給・・・払い戻しの可否など、争点残り、法廷争いは続く

 アメリカの裁判所の判決により、サムスン電子がAppleに特許侵害賠償金を支払う事で合意した。

 しかし、今後判決が反転又は特許が無効化されれば、Appleから一部或いは全額払戻しを受ける事が出来るのかなどの争点が残り、法廷争いは当分続くと見られている。

 カリフォルニア連邦北部地方裁判所サンノゼ連邦地裁によると、原告Appleと被告サムスン電子は、3日(現地時間)、この様な合意内容と、各自の立場を含む共同名義の書類を、裁判長のルーシー・コー判事に提出した。

 合意内容によると、Appleはサムスン電子に、5億4,817万6,477ドル(約6,382億ウォン)の支払いを要求する請求書を、韓国時間12月4日までに送達する事、サムスン電子は、この請求書が届いた後10日以内に完済する事となっている。

 これに伴い、損害賠償金の支給いは、12月14日又は、それ以前に行われる事になる。

 この金額は、サンノゼ連邦地裁の1審と連邦巡回控訴裁判所が、今年5月、控訴審で判決していた。

 更に、サムスン電子は、新たな裁判で、再審理を連邦巡回控訴裁判所に要求したが、この要求は、今年8月棄却されている。

 サムスン電子が、今回の事件を、最高裁判所に上告するのかは、まだ分かっていない。

 この事件は、2011年、特許権者Appleの提起で始まり、関連製品はGalaxyS、S2などだ。

 原告Appleと被告サムスン電子に異見がある部分は、今回の判決の追訴訟により反転・無効化・変更、或いは、アメリカ特許商標庁(USPTO)が、特許無効化を決定すれば、サムスンが、Appleから払い戻しを受ける事が出来るか否かだ。

 サムスンは、その場合、払い戻しを受ける権利を留保すると主張し、Appleはサムスンの主張は認められないと対抗している。

 両社は今月10日、サンノゼ連邦地裁で、ルーシー・コー判事の立会いの中、会議を開き、これらの争点と同時に、裁判費用の負担、支払いなどの問題を議論する計画だ。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2015120512488

5億4,817万6,477ドル(約6,382億ウォン)の賠償金と、訴訟費用全額合わせて幾ら?・・・How much?
往生際の悪さでは、朝鮮人に勝るものは無い。(笑)

諦めない勇気は、日本人も少し見習った方がいい様な気がするけど。(笑)
で、このタイミングでコレ ↓

【ミス?わざと?iPhoneの模倣を否定するサムスン、なぜか特許画像の中に「iPod」】
2015.12.02 14:34 iPhone Mania

3a2938235b5b0c0cbcec25a1270eebc3-e1449034095280.png

 サムスンが「折りたたみ可能なスマートフォン」の開発に取り組んでいることは周知のとおりですが、同スマートフォンに関する特許画像に、「iPod」アプリが含まれていることが明らかとなりました。

「Phone」「MESSAGE」とまさかの「iPod」

 iPhoneを模倣したかどで、アップルと係争中のサムスンですが、もちろん特許の侵害については否定しています。しかし、米国特許商標庁によって新たに公開された特許画像のなかに、「iPod」アプリがあるとあっては、アップルを意識していないと言い逃れることは難しいように思えます。

samsung-patent-ipod-e1449034113711.jpg

 画像では、「WhatApp」や「Phone」、「MESSAGE」といったプラットフォームを問わないアプリに加え、はっきりと「iPod」のアイコンと文字が確認できます。特許が取得された時点(2014年5月)で、すでにiOS上において「iPod」にあたるアプリは「Music」へと変更済なだけに、あえてサムスンが同アプリを画像のなかに含めてきた意図は謎に包まれています。

このタイミングで一体なぜ・・・

 また、本特許が公開された時点で、すでにサムスンとアップルは数百億円規模の賠償金支払いについて係争の最中にあったはずです。同裁判は、現在は「第5ラウンド」に突入するなど、泥沼化の様相を呈しています。

 それを思えば、なぜこのタイミングで、「iOSをコピーしている」証拠にもなりかねない画像を特許として申請してしまったのでしょうか。火に油を注ぐようなサムスンの真意は図りかねますが、裁判への影響が少ないことを願うばかりです。
http://iphone-mania.jp/news-94017/

>このタイミングで一体なぜ・・・
 経営者が、無能な息子に代わり、業績不振のサムスンは、大規模なリストラ、人事総入れ替えの真っ最中。
 リストラされた者達の策略か?経験者が抜けた事による単純ミスか?は別として、致命的なミスである事には変わりない。

【サムスン Galaxy S6大失敗でモバイル部長を解任】
2015.12.05 12:30 Forbes

韓国のサムスン電子は、過去2年間のスマートフォン事業の業績低迷を受けて、共同CEOでモバイル事業を率いてきたJK Shin(申宗均)がモバイル部門トップから退くと発表した。Shinは社長兼共同CEOとしてサムソンの取締役会にとどまり、今後は同社の長期戦略に集中する。

ブルームバーグは、Shinの職務を引き継ぐのは、モバイル部門の研究開発をリードし、「ギャラクシーS6」や「ギャラクシー・ノート5」などの端末開発に携わったDong jinKoh(高東真)だと報じている。

サムスンのQ3決算は売上高が6%増と2年振りにプラス成長に転じたが、モバイル部門の売上高は微増で利益は前年同期に比べて減少し、全社業績の足を引っ張る形となった。

スマートフォンの出荷台数は増えたものの、売れたのは旗艦モデルよりも利益率も高級感も劣る中価格帯の端末だった。他にも注視すべき点が2つある。まず、サムスンは新モデルの「Note 5」と「Galaxy Edge Plus」の発売時期を4週間前倒して3Qに間に合わせたことだ。2点目は「Galaxy S6」と「Galaxy Edge」の在庫を処分するために、両モデルの価格を値下げしたことだ。

製品のデザインや製造に要するリードタイムを考慮すると、新しくトップに就任するKohが次世代モデル「Galaxy S7」の実績にどれだけ影響を与えられるかは不明だ。Galaxy S7シリーズは2016年Q1に発表される予定で、記者発表はスペイン・バルセロナで開催される「モバイル・ワールド・コングレス」直前の2月後半に行われると見られている。しかし、一部では1月のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーの後に発表するとの予測も出ている。

時間的猶予の少なさを考えれば、S7のデザインは既に固まっていると考えられる。サムスンのポートフォリオが今後18ヶ月間で大きく変わることはないだろう。今回のトップ交代は歓迎すべきだが、サムスンのモバイル事業を本当に立て直すことができるかはKohの手腕にかかっている。
http://forbesjapan.com/articles/detail/10394

ダメな時は、何をやってもダメ。

サムスン電子曰く、死活を掛けて発売し、発売から3日間で75,000台売れ、旋風を巻き起こしたはずの「Galaxy S6」と「Galaxy Edge」は、在庫を処分するために、両モデルの価格を値下げ。(笑)

アメリカ法人は見事赤字に転落し、日本法人は社屋を売却し雑居ビルに移転、中国では、出荷台数ベースですら、わずか1年間でシェア1位から4位に転落、インド市場を除けば、ほぼ全滅の状態。

少なくとも、Sシリーズは終わったわね?
来年、S7が日本で大ヒットなんて、妄想でしか無い。

イ・ゴンヒ会長が倒れた時に、サムスン電子の運命は決まっていたのかも知れないね?
イ・ジェヨンは、経営者の器にあらず、サムスンは、Appleのライバルにあらずって事でいいんじゃないかしら?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック