かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【お笑い韓国軍】

【完全な所の無い統営(トンヨン)艦、軍用GPSも墨壷(間抜け)】
2015.09.11 03:00 東亞日報朝鮮語版

音波探知機-無人潜水艇に続き不良
2015年1月仕様も不良対応・・・アメリカに返品出来ず、8ヶ月間『倉庫』に


 代表的な防衛事業不正例、海軍水上艦艇『統営(トンヨン)艦』の軍用衛星航法装置(GPS)は、衛星信号を受信出来無い欠陥だと明らかになった。

 10日、国会国防委員会セヌリ党ソン・ヨングン議員が、防衛事業庁から入手した資料によると、統営(トンヨン)艦のGPSは、海軍引渡し直後の今年1月8日、衛星信号を受信出来無い欠陥が発生した。海軍は、昨年12月30日の納品不正で、性能不良判定を受けた船体固定音響探知機(HMS)と、水中無人探査機(ROV)を抜いたまま統営(トンヨン)艦を購入した。

 統営(トンヨン)艦には、民間船舶が使用する商用GPSと慣性航法装置(INS)は搭載されている。しかし、電波霍乱攻撃を受ける場合に備え、セキュリティーが強化された軍用GPSは必須だ。

 放射庁は昨年7ヶ月間、統営(トンヨン)艦を試験運用評価し、このGPSが要求性能を充足していると結論付けた。現在、具体的な不良の原因は分からない状態だ。アメリカの対外軍事販売(FMS・政府間契約)方式で購入し、我が軍は分解出来ないからだ。分解するには、アメリカ国防総省に、装置を返却した後、整備・交替手続きを踏む事になる。しかし、海軍の未熟な処理のせいで、8ヶ月以上アメリカに返品出来ない状態だ。

 海軍は2月、アメリカ国防総省の安保サポート情報システム(SCIP)で欠陥報告書(SDR)を送った。しかし、2ヶ月以上、回答が無く、一歩遅れでミスに気付いた。軍用GPSを海軍の装備と判断した海軍は、受信者をアメリカ海軍に指定したが、確認の結果、空軍の装備だった。5月末、米空軍に再び報告書を送り、7月14日「2016年1月9日までに、装置を駐韓米軍オサン空軍基地からアメリカに返却」する様、回答して来た。

 問題の装置は現在、烏山(オサン)基地にある。FMSの特性上、契約書に過失補修期間が規定されておらず、統営(トンヨン)艦の軍用GPSは、いつ正常化するのか分からない。
http://news.donga.com/NewsStand/3/all/20150911/73560254/1

また嘘書いちゃって。
政府間取引に、ブローカーが介入するなんてあり得なくね?
これって、在米韓人が社長のブローカー(仲介業者)ハケンコ社が納品したものじゃなかったっけ?
そんなものの返品を米軍が受取ると思う?
何をやらかしたのか調査する為なら分かるけど。

返品出来無い理由があるから倉庫に眠ってるに決まってるじゃん。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック