かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【産経ガンバレ!!】

【与党、産経総攻撃・・・キム・ムソン激怒『正しくない報道機関』】
2015.09.01 11:02 NEWSIS

『軍国主義の亡霊、露骨な極右メディアで、人面獣心の姿見せ』

 【ソウルニューシス=キム・ドンヒョン記者】セヌリ党は1日、パク・クネ大統領を『閔妃』と蔑視した『産経新聞』の総攻勢に出た。
 セリヌ党は1日、パク大統領を『閔妃』と卑下した『産経新聞』を総攻撃した。

 キム・ムソン代表は、同日午前、国会で記者達と会い『産経新聞は、正しくない報道機関』と叱責した。
 キム・ムソン代表は、同日午前、記者会見で「産経新聞は、誤った報道機関」と叱責した。

 ウォン・ユチョル院内代表も、党の定期国会対策会議で「軍国主義の亡霊達が、露骨に極右メディアに乗って、人面獣心の姿を見せた。日本政府は、レベル以下の報道機関のテロ的妄言が、後の孤立と恥晒しに繋がると言う事を明確に認識しなければならない」と産経に、厳しい忠告を与えた。
 ウォン・ユチョル院内代表も、党の定期国会対策会議で、「軍国主義の亡霊が、極右メディアを利用し、人面獣心の姿を露骨に現している」日本政府は、レベルの低いメディアのテロ的妄言が、後の孤立と恥に繋がる事を、しっかり認識すべきだ」と厳しく忠告した。

 イ・ジャンウ スポークスマンも、懸案ブリーフィングを通じ、「何日か前、パン・ギムンUN事務総長を相手に、日本政府がケチをつけると、極右新聞が、パク・クネ大統領に対し、極悪非道な妄言までした」と産経を極右新聞と規定した。
 イ・ジャンウ スポークスマンも、懸案ブリーフィングで、「数日前、パン・ギムン国連事務総長に、日本政府がケチを付け、極右新聞が、パク・クネ大統領を、極悪非道に批判している」と、産経を極右新聞に規定した。

 イ スポークスマンは「大統領を冒とくするのは、大韓民国の国民をテロと同じだ。必ず反省と謝罪がなければならないことで非常に遺憾だ」と叱責した。
 更に、「大統領の冒涜は、大韓民国の国民へのテロと同じだ。反省と謝罪すべき事で、極めて遺憾だ。」と叱責した。

 彼は一歩進んで"「このようだから、日本政府と一部の極右新聞は、アジアは勿論、国際社会まで外面受ける他は無い事」としながら「全世界は、過去の日本の侵略と蛮行の歴史を、はっきり記憶している」と一喝した。
 更に、「だから日本政府と一部の極右新聞は、アジアは勿論、国際社会から除け者にされるのだ。世界は、日本の過去の侵略・蛮行の歴史を、しっかり記憶している」と一喝した。

 前日、キム・ヨンウ首席スポークスマンも、別のブリーフィングを通じ、「全く恥知らずな日本極右主義の素顔に、ただ茫然自失するだけ」としながら産経を批判した。
 昨日、キム・ヨンウ主席スポークスマンもブリーフィングで「恥知らずな日本の極右主義の素顔に、茫然自失としか言い様が無い」と産経を批判した。

 キム スポークスマンは、「日本は、過去に犯したあらゆる蛮行に対し、ひざまずいて謝罪しなければならない。鳩山前日本総理が、朝鮮独立のために献身した独立闘士にひざまずいて謝罪した事を、今の安倍総理と極右主義者が見習うことを、国際社会は期待している」と一喝した。
 キム スポークスマンは、「日本は、過去のあらゆる蛮行について、土下座し、謝罪すべきだ。鳩山前総理の、朝鮮独立闘士への土下座と謝罪を、安倍総理と極右主義者が見習う事を、国際社会は期待している」と一喝した。
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20150901_0010260474&cID=10301&pID=10300

「論評する価値も無い」事に、猛反発する与党。バッカじゃね?
>大統領の冒涜は、韓国国民へのテロと同じだ?
 天皇陛下を侮辱し、安倍総理を安倍と呼び捨てにし、ある事無い事、連日報じているのは韓国メディアの方だろうが!!
 ふざけんじゃね~ぞ!!

日本が日清戦争に巻き込まれたのは何故か?
ねずみさんが分かり易くまとめてくれているので見てね?
日清戦争と日本
パク・クネ現代の閔妃説・・・だって、ソックリなんだもの仕方無いじゃん。
幼稚で、優柔不断、わがまま三昧、贅沢三昧・・・むしろ、違う証拠を出してみろ!!

それに、閔妃は国母なんだろうが、国母に例えられたら光栄なんじゃないの?
それとも何か?国母はクズだと認めてるの?(笑)

歴史的を見ると、閔妃みたいな馬鹿女に振り回された大国が馬鹿だった。
その馬鹿な大国の1つが日本だった訳で、2度と閔妃に振り回されない様にしなくちゃ。(笑)

【産経新聞、政府の抗議にも『閔妃』記事『削除拒否』】
2015.09.01 19:37 聯合ニュース

政府『厚顔無恥な主張』・・・産経『問題になり残念』削除拒否

 【ソウル・東京聯合ニュース=チョ・ジュンヒョン特派員/キム・ヒョジョン記者】
 政府は、パク・クネ大統領を、日本の浪人に無惨に暗殺された閔妃に例えたコラムを掲載した産経新聞に抗議し、記事の削除を要求したが、産経は拒否した。

 政府関係者は、同日『該当報道機関に、記事の削除、再発防止を要求する』と話した。

 これについて、在日韓国大使館関係者が、同日、産経新聞に抗議の意を伝え、記事の削除を要求した事が分かった。

 しかし、産経は、問題が生じた事は『残念だ』としつつも、表現の自由など理由に、記事の削除を拒否したと伝えられた。

 産経の野口裕之政治部専門委員は、前日の産経インターネット版に、『米中二股 韓国が断ち切れぬ「民族の悪い遺産』と言うタイトルでコラムを掲載した。

 コラムは、パク大統領の中国閲兵式出席を『事大主義』によるものとし、「李氏朝鮮には、朴大統領のような女性の権力者がいた」と、パク大統領を'閔妃に例え、波紋を呼んだ。

 コラムの内容について、ノ・グァンイル外交部スポークスマンは1日の定例ブリーフィングで「歴史歪曲と歴史修正主義のDNAを持ち、過去の歴史について厚顔無恥な主張を日常的に行う日本国内の特定要人と、これと関係するメディアのとんでもない記事について、政府次元で論評する価値も感じ無い」と話した。

 ノ スポークスマンは更に、「記事の内容も問題で、その様な記事を掲載したメディアの品格の問題があるのでは無いか」と指摘した。

 論評の価値が無いとしつつも、記事の削除と再発防止を要求する事について、「問題は、ある記事について、是正措置を要求する事は、別次元と考えている」と強調した。
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2015/09/01/0505000000AKR20150901039952043.HTML?template=2087

本当は、『論評の価値が無い』と言う外交部スポークスマンのコメントこそ論評なんだけどね?
安倍総理の訪米前にも、似たような事言ってた気がする。
『植民地支配と謝罪が無ければ、日本は国際的に孤立する事になる』と。
結果、上下院演説は評価され、日米同盟は強固なものとなり、外交的に孤立したのは韓国政府だったような。(笑)

で、産経は、記事の削除要求を拒否したみたい。
がんばれ、産経!!

【産経の記事に韓国政府、憂慮を表明 「日韓関係に否定的な影響」】
2015.9.1 19:23 産経ニュース

 韓国政府は1日、在日韓国大使館を通じ、産経新聞のウェブサイト「産経ニュース」と「SANKEI EXPRESS」紙(8月30日付)に掲載された野口裕之・本紙政治部専門委員の「米中二股 韓国が断ち切れぬ『民族の悪い遺産』」と題する記事について、「日韓関係に否定的な影響があるのではないか」と憂慮を表明。記事の削除も要望した。

 韓国大使館員がこの日、産経新聞東京本社を訪れ、「表現の自由は尊重すべきで韓国政府も支持しているが、韓国外交、政策全般に関して理解の不足、認識の違いがあり、大統領と朝鮮時代の閔妃(ミンピ)を連想するのはいかがなものか」と述べた。

 産経ニュースなどに掲載された記事は、韓国外交の特徴として事大主義を挙げ、その顕著な例として、朴(パク)槿恵(クネ)大統領が北京で今月3日に開催される「抗日戦勝70周年記念軍事パレード」を参観することを取り上げた。
http://www.sankei.com/world/news/150901/wor1509010026-n1.html


【正論】
中韓「準同盟」に日米でくさびを 平和安全保障研究所理事長・西原正
2015.9.2 05:02 産経ニュース

《抗日戦争勝利式典の虚構》

 中国が9月3日に北京で開く抗日戦争勝利70周年記念式典は、歴史の捏造(ねつぞう)に基づく虚構に満ちた行事だ。それを主宰する習近平国家主席も、これに参加する韓国の朴槿恵大統領も欺瞞(ぎまん)的である。

 中国共産党は抗日戦に正面きって参加したわけではないのに「勝利」という虚構を作り、その70周年を祝うという。しかも実際は1万2千人の兵士の行進や戦車、ミサイル、空軍による祝賀飛行などの軍事行進があるようだ。公開する武器の84%は未公開の国産武器になるという。こうなると抗日戦勝利の記念行事ではなく、軍事力を誇示するパレード(中国では公式には「閲兵式」)ではないか。

 南シナ海や東シナ海で力による現状変更を進めている国の軍拡パレードに潘基文国連事務総長や朴大統領が参列するのは、きわめて不適切であり、不愉快でさえある。韓国は日本を相手に戦ってはいない。韓国は日本の統治下にあり、朝鮮人兵士24万人は日本軍であった。その上、朴大統領の参列は、朝鮮戦争で韓国に対して戦った中国の軍隊に敬意を表することになる。韓国国民は大統領のその姿勢に満足するのだろうか。そして自国を救ってくれた米国への恩義はどこへいったのだろうか。そればかりか、大統領の参列は中国の軍拡を容認することにもなる。

 韓国の対中接近のレベルについては、韓国内でも異なる認識がある。韓国人の多くは、自国が中国の影響下に入っているという説に反論する。そして「経済は中国、安全保障は米国に依存、と分けている。対米関係を弱める意図はない」(韓国語で「安米経中」)と力説する。他方、韓国のマスコミやネットの書き込みでは、朴政権が中国寄りになり過ぎることへの危惧がしばしば論じられている。

《中国の意向に逆らえない韓国》

 韓国の輸出総額に占める対中輸出比は26・1%、輸入総額に占める比率は16・1%で、対中輸出は対米、対日を合わせた比率17・3%よりはるかに大きい(ジェトロ、2013年統計)。また国内総生産に占める貿易額の比率は81・2%ときわめて高い(グローバルノート、2014年)。

 さらに韓国は政治、安全保障分野においても、中国の意向に反する行動はとれなくなっている。今回の朴大統領の抗日式典参加がその例である。同大統領は米国と中国の間にあって式典参加には苦慮したと伝えられるが、それでも結局、米国の警告を退け、習国家主席の強い誘いに乗ってしまった。

 米国が韓国に「サード」高高度防衛ミサイルを導入しようとしたときも、中国はそれが自国にも向けられることを理由に導入に強く反対し、韓国は結局、中国の意向に沿った。韓国は去る3月にも、米国の反対を押し切って中国が提唱するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加した。

 昨年11月に北京で開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際に、習国家主席が愛想の悪い顔をしながらも安倍晋三首相と25分も話し合ったことは、韓国にはショックであったといわれる。去る6月の日韓国交正常化50周年記念の折には朴大統領は歴史認識と政治・外交とを離して協議する姿勢を見せ、日韓関係改善の兆しが見えた。また8月14日の「安倍談話」に対しても韓国も中国も抑制した反応を示した。

 にも拘(かかわ)らず、9月2日に朴大統領は習国家主席と首脳会談を行い、4日には上海で、戦前の1919年に樹立された「大韓民国臨時政府」の跡地にある記念館での、中韓合同抗日記念式典に臨むとのことである。

《崩れるパワーバランス》

 東アジアの安全保障を考える際、韓国は米国、ロシア、日本などとの関係を維持し、大国間のバランスを取ろうとするであろうが、長期的には中国の影響下に入ると想定すべきである。韓国は米国と中国の両方に「いい顔」を見せながら、中国への依存度を決定的に深めていきそうだ。

 8月20日、非武装地帯を挟んで南北間の軍事的緊張が高まり、これを回避するため開かれた南北協議が25日に北朝鮮側の譲歩で決着した。朴大統領の強硬姿勢が奏功したことになっているが、その背後には中国の北への圧力と南への保証があったと見るべきである。

 他方、北朝鮮の体制崩壊を懸念する中国が、中朝国境に人民解放軍を集結させて、住民の中国側脱出阻止に備えているといわれる。

 中国と韓国は「協商」ないし「準同盟」に近付いているようだ。中国は韓国主導の半島統一を促すことになりそうだ。南北の軍事的衝突には在韓米軍が韓国軍と共闘して対処するとしても、朝鮮半島が韓国主導で統一に向かえば、中韓は米軍の韓国撤退を促すだろう。そうなれば朝鮮半島は中国の影響下に入ってしまう。

 韓国は日米韓安保協力に熱意を示さず、南シナ海の中国の覇権的行動も一切批判しない。そうした中韓の間に日米が効果的にくさびを打ち込むのでなければ、北東アジアのパワーバランスを不利にしてしまうだろう。(にしはら まさし)
http://www.sankei.com/column/news/150902/clm1509020001-n1.html
http://www.sankei.com/column/news/150902/clm1509020001-n2.html
http://www.sankei.com/column/news/150902/clm1509020001-n3.html
http://www.sankei.com/column/news/150902/clm1509020001-n4.html


【産経、今度は『パク・クネ・パン・ギムン欺瞞的・・・全勝節出席不快』コラム掲載】
2015.09.02 15:31 朝鮮日報朝鮮語版

 中国抗日戦争勝利70周年(戦勝節)閲兵式に参加するパク・クネ大統領を、閔妃に例え、「韓国が、朝鮮末期と同じ事大外交を見せている」と言うコラムを掲載し、物議を呼んだ日本の右派指向の日刊紙産経新聞が、今度はパク大統領とパン・ギムン国連事務総長を『欺瞞的』と非難するコラムを掲載した。

 西原正平和安全保障研究所理事長が2日、産経新聞に機構した『中韓「準同盟」に日米でくさびを』と言うタイトルのコラムで、中国の戦勝節記念式典を、『歴史の捏造(ねつぞう)に基づく虚構に満ちた行事』と規定した後、『それを主宰する習近平国家主席も、これに参加する韓国の朴槿恵大統領も欺瞞(ぎまん)的』と非難した。

 西原は、閲兵式で公開される武器の84%が、中国の未公開の国産武器と言う点を取り上げ、『こうなると抗日戦勝利の記念行事ではなく、軍事力を誇示するパレード(中国では公式には「閲兵式」)ではないか』と反問した。

 「南シナ海や東シナ海で力による現状変更を進めている国の軍事パレードに、パン総長とパク大統領が参加するのは極めて不適切で、不愉快でさえある。」としている。

 西原は「韓国は日本を相手に戦ってはいない。 韓国は日本の統治下にあり、朝鮮人兵士24万人は日本軍であった」とし、上海臨時政府の抗日運動の歴史を全面否定した。同時に、「朴大統領の参列は、朝鮮戦争で韓国に対して戦った中国の軍隊に敬意を表することになる。韓国国民は大統領のその姿勢に満足するのだろうか。そして自国を救ってくれた米国への恩義はどこへいったのだろうか。」と反問した。

 「東アジアの安全保障を考える際、韓国は米国、ロシア、日本などとの関係を維持し、大国間のバランスを取ろうとするであろうが、長期的には中国の影響下に入ると想定すべきである。韓国は米国と中国の両方に「いい顔」を見せながら、中国への依存度を決定的に深めていきそうだ。」と主張した。

 西原は“中国と韓国は交渉なしで'ジューン同盟'に接近しているようだ”と分析した。 彼は“中国は韓国主導の韓半島統一を促すことになるようだ。 南北の軍事的衝突には駐韓米軍が韓国軍と共同で対処しなければならないが韓半島が韓国主導で統一されるならば中国と韓国は駐韓米軍撤収を催促することなのにすると韓半島は中国の影響下に入るだろう」とした。

 西原は、「韓国は日米韓安保協力に熱意を示さず、南シナ海の中国の覇権的行動も一切批判しない。そうした中韓の間に日米が効果的にくさびを打ち込むのでなければ、北東アジアのパワーバランスを不利にしてしまうだろう。」と主張した。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/09/02/2015090202197.html

韓国は日本と戦っていないとか、不都合な真実が書かれているので、朝鮮日報以外は報じていないみたい。(笑)
韓国メディアは、必死にパク・クネの訪中を報じてるけど、中国では殆ど話題になっていない。

朝貢を山ほど持っていったらしい。100年経って、完全に逆戻り。
ケリーには松の苗木1本だったのにね?(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック