かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【で?】

【韓日経済依存度、安倍政権スタート後、低下し続け】
2015.08.24 11:46 朝鮮Biz

韓日の経済依存度が、安倍晋三日本総理が就任した2012年を基点に低下し続けているとする研究結果が発表された。

 韓国経済研究院は24日『最近、韓日両国の貿易投資パターンの変化と課題』報告書を発表し、「最近の3年間、日本の対韓直接投資・観客数・貿易量の減少傾向が目立っている」と発表した。

 報告書によれば、日本の対韓直接投資は、2012年以降、急激に減少している。

 我が国の海外直接投資誘致実績に、日本が占める割合は、2012年の27.9%→2014年13.1%に、2年間で14.8%減少している。投資額も、2012年の45.4億ドル→2013年26.9億ドル→2014年24.9億ドルに次第に、減少傾向を見せている。

 チェ・ナムソク韓国経連研究委員は、「長期不況でも、日本の対韓直接投資流入額の割合は、約16%~29%水準を維持していた。外国人投資は、両国関係の変化に影響を受け易いが、2012年、安倍総理の執権など、右傾化現象などで韓日関係が悪化し、投資が減少したと見ている」と話した。

 我が国を訪れた日本人観光客は、2012年の342万人→2014年217万人と、約2/3に減少している。この様な観光客の急激は、円安を考慮しても、過剰だと指摘している。円が、1ドル=106円前後だった昨年と類似する2004年(1ドル=108円)の日本人観客数が234万人だった点を根拠に示している。

 更に、外国人観光客に、日本観光客が占める割合は、2012年の39.5%→2014年19.9%に、半分に減少している点も議論されている。

 我が国の対日本貿易も、2012年を境に、マイナスを記録している事が分かった。

 対日輸出額は、2011年、前年同期比40.8%増だった一方、2012年-2.2%、2013年-10.7%、2014年-7.2%、2015年第2四半期-17.6%を記録するなど、対日輸出額は徐々に減少している。

 対日輸出量も、2012年以降、減少傾向に反転している。一方、対日輸入額は、2011年前年比6.3%増、2012年-5.8%減など、2012年を境に低下し続けている。

 更に、韓日の貿易規模は拡大する一方、韓国の貿易占める日本の割合は、2012年以降、急激に減少している。1965年、韓日貿易協定締結以降、貿易全体に占める日本の輸出入割合は、1970年37%で最高を記録した後、減少し続け、2015年第2四半期7.6%に減少している。2015年上半期、対日輸出割合は5.0%で、対日輸入割合10.7%の半分になっている。
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2015/08/24/2015082401277.html?main_hot3

で?
相当お困りな様だけど、日本にとっては良い事かと。(笑)

中国がダメっぽいから、今度は、ASEANから金を引っ張ろうとしているみたい。
ASEAN逃げて~。(笑)

【韓国金融企業現地進出支援・・・当局、ASEANに要請】
2015.08.24 19:00 聯合ニュース

 【ソウル聯合ニュース=パク・ヨンジュ記者】金融当局のTOPが、シンガポールなどASEAN(東南アジア国家連合)国家の大使に、韓国金融企業の現地進出を支援するよう要請した。

 イム・ジョンリョン金融委員長とチン・ウンソプ金融監督院長は24日、ソウル明洞(ミョンドン)の銀行連合会バンカーズクラブに、駐韓ASEAN大使を招待し、晩餐懇談会を行った。

 この日の行事は、金融当局が駐韓ASEAN大使と、国内銀行の人的ネットワークを作る目的で行われ、国内金融企業のASEAN進出を支援して貰おうと用意した。

 ASEANからは、シンガポール、インドネシア、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、マレーシア、タイなど、10ヶ国の大使が、国内銀行からは、新韓・ウリ・国民銀行など11行の頭取が参加した。

 イム委員長は、祝辞で、「韓国とASEANは、1989年以来、25年間協力関係を維持して来た。韓国の銀行は、金融協力の先頭に立ち、現地の企業金融支援、現地の雇用拡大など、現地化に積極的に努力している」と話した。

 イム委員長は、ASEANの大使には、「韓国経済の成長を牽引した経験がある金融企業が、ASEANの経済成長に積極的に寄与出来るように、継続的な協力をお願いしたい」と強調した。

PYH2015082412170001300_P2.jpg

 この様な発言は、韓国金融企業の現地進出過程で、各国大使が肯定的に影響するよう、期待しての要求だ。

 チン院長は、「ASEANは、韓国の2大交易候補地域で、歴史的・経済的に、韓国と密接な関係を維持している。韓国とASEANが、互いをパートナーとして受入れ、交流・協力すれば、双方共に成長動力を見つける事が出来る」と主張した。

 チン院長は、今回のイベントを、定期的に行うよう提案している。

 ハ・ヨング銀行連合会長も、「このイベントをキッカケに、ASEAN-韓国の金融交流を活性化し、相互前向きに関係構築しよう」と話した。

 イブ・ウェイ・キエット駐韓シンガポール大使は、これに「疎通の機会を持つ機会をくれた事に感謝している。韓国-ASEANの金融協力に積極的に努力する」と肯定的に応えた。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2015/08/24/0301000000AKR20150824163800002.HTML

乗り気じゃないのが、画像から伝わってくるね?(笑)
しらけムードでいっぱいと言うか。

韓国の金融業者は、不正が多過ぎて・・・。
中韓の企業を誘致すれば、現地駐在員向けの食堂やら、売春街など、負の影響しかないからね?

【政府、経済共同体スタート控えたASEANと協力強化】
2015.08.24 22:00 聯合ニュース

ユン・サンジク長官アセアン4大経済長官会談出席懸案議論

 【ソウル聯合ニュース)キム・ヨンヒョン記者=韓国政府が経済共同体スタートを控えたアセアン主要国と相次いで会って協力拡大方案を議論した。

 24日、産業通商資源部によれば、ユン・サンジク長官は、23日からの2日間、マレーシア・クアラルンプールで、ASEAN関連4大経済長官会議に参加し、経済懸案について意見交換した。

 ASEAN経済共同体(AEC)は、今年11月頃スタートすると見られ、世界7位のGDP(2兆7,700億ドル)、年平均7%%成長率を記録する躍動的な経済圏になると見られている。

 ASEANは、22日、マレーシアで会員国10ヶ国の経済長官会談などを行い、分野別の準備状況と履行計画を点検している。

 韓-ASEAN経済長官は、23日の会議で、韓-ASEAN自由貿易協定(FTA)商品協定改正議定書に署名している。

 産業部は、「これにより、ASEAN加盟国との交易障壁が、大きく緩和される予定で、2020年、韓-ASEAN交易額は、目標だった2,000億ドル達成に寄与すると期待している」と説明した。

 ユン長官は、会談で、産業技術協力分かち合い事業拡大など、ASEANの産業化を促進する協力案も提示した。

 ユン長官は、ASEANに、韓国・中国・日本を加えた『ASEAN+3』の経済長官会談と、アメリカ・ロシアを入れたEAS経済長官会談で、「韓国は、産業発展経験と、世界的な情報通信技術(ICT)の技術力を基に、ASEANに必要な、技術専門担当者養成事業、共同R&D事業、オーダーメード型公的開発援助(ODA)事業を進めている」と説明した。

 更に、会議に参加した各国は、東アジア企業家協会(EABC)、韓中日3ヶ国のASEANセンターなど、民官協力を強化する事などの意見を纏めた。

 ASEAN・韓国・インドなど、16ヶ国が参加する域内包括的経済パートナー協定(RCEP)経済長官会談も行われ、RCEP発展方向などについて意見交換した。

 ユン長官は、様々な国と2国間会談も行っている。

 マレーシアのサイド・ハミド・アルバ: マレーシア陸上公共交通委員会に、マレーシア-シンガポール高速鉄道事業について、韓国政府の参加意志を伝えた。

 ロシアのアレクセイ・ウリュカエフ経済開発部長官とは、今年に入り、急減する両国間の交易を拡大する方法について、額を突き合わせて相談している。

 更に、ロシア水域の韓国企業のスケトウダラ操業クォーター拡大などを要求した。

 インドのシタラマン商工省長官には、石油化学製品の反ダンピング対応緩和についての要求事項を伝えた。

 ユン長官は、「韓国は、国家規模、発展経験、経済水準など、様々な面で、東アジアの掛け橋として最適な国家で、韓国とASEANが、継続的に同伴成長する様、希望している」と話した。

 ASEANは現在、我が国第2の交易対象で、2014年の年間交易額は1,380億ドルに達する。我が国の交易額の12.6%を占めている。
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2015/08/24/0302000000AKR20150824196000003.HTML


【信用保証のノウハウ提供へ=日本がASEANに—経済相会合】
2015.08.23 19:42 時事通信

 【クアラルンプール時事】日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済相会合が23日、マレーシアのクアラルンプールで開かれた。宮沢洋一経済産業相は、中小企業の育成が課題になっているASEAN各国に対し、日本の信用保証制度のノウハウを提供する方針を表明し、各国から謝意が示された。

 信用保証制度の運営に必要なデータベースの整備などでの協力を想定している。宮沢経産相は会合後の記者会見で、「日本の成長戦略にとってASEANは大変大事な位置付けだ」と述べ、加盟国の発展を引き続き支援する考えを強調した。

 会合では、域内の日本人商工会議所で構成するASEAN日本人商工会議所連合会が、ASEAN経済共同体(AEC)が年末に発足した後のさらなる経済統合に向けた提言を報告。人材育成やASEAN事務局の体制強化などを要請した。

 これに対し、各国からは日系企業でのインターンシップ(就業体験)などに期待が寄せられたという。 
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0823/jj_150823_0353025479.html

どの面下げてASEANへ?
「東南アジア地域の性売買観光客数の1位は韓国」と言われ、数日前、マカオで、ザパニーズが80人も検挙されたばかり。
私が長官なら、恥かしくて行けないけどね?(笑)

ASEANは、中国と韓国の関係を考慮し、ほどほどのお付き合いで終わるんじゃないかしら?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック