かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【金融危機がやって来る?】

『内憂外患』追込まれた経済
【人民元切下げで、輸出直撃弾・・・『不安な10通貨』に指定された韓国】
2015.08.18 20:19 韓国経済

モルガンスタンレー『韓国ウォン売り』勧告

『中国との競争・・・韓国ウォン下落も、輸出増加せず
『成長率低下で、外貨流出本格化憂慮


1 (4)

 グローバル投資銀行(IB)モルガンスタンレーは、韓国を『為替レート不安国』に挙げた。中国の人民元切下げで、韓国の金融市場の外貨流出が加速し、危機を迎える可能性への1次警告だ。対中経済的依存度が高く、輸出競争関係、他の国家を上回る大きなダメージを受ける可能性が高い点を根拠に提示している。

◆ 韓国・シンガポールなど、対中依存度高く

 モルガンスタンレーが最近発表した『世界為替レート戦略報告書』で、韓国ウォンを、シンガポールドル、台湾ドルと共に、代表的な新興国脆弱通貨に指定した。報告書は、中国の通貨切下げに伴う危機伝播経路を、△中国と輸出競争関係にあるか△国家経済の原材料輸出依存度が高いか△輸入物価の低下に伴い、物価上昇率の鈍化圧力を受けるかの3るのケースで分析している。韓国、シンガポール、台湾は、総輸出の20%以上、国内総生産(GDP)の10%以上を中国に依存し、最初と3番目経路を通じ、影響を受けると、この報告書は指摘している。

 ハンス・レ・デッカーモルガンスタンレー外国為替戦略グローバル責任者は、ブルームバーグ通信に「中国の為替レート政策の変化による犠牲の羊は、対中輸出割合が高く、中国と輸出競争している国」と話した。モルガンスタンレーは、これを根拠に、韓国、シンガポール、台湾、南アフリカ共和国、ブラジル、タイ、チリ、コロンビア、ロシア、ペルーの10ヶ国を、為替市場脆弱国に指定した。ブルームバーグはこれを『不安な10通貨(Troubled 10)』と名付け、モルガンスタンレーが、2013年、危機兆候国に指定した『脆弱な5通貨(Fragile 5)』に換わる事になると報じた。

◆ 韓国ウォン下落でも輸出減少

 モルガンスタンレーは、中国は、元安と同時に、財政拡大、通貨緩和政策で、輸出企業の競争力を高め、ライバル関係にある韓国企業は、構造的困難に直面する事になると指摘している。以前の様に、ウォン安が輸出拡大に繋がり、雇用や投資が増加し、景気回復に繋がる効果を期待出来無い事を意味する。

 現代経済研究院も、同日、元が5%更に下落すれば、今後1年間、韓国の総輸出高は、以前より約3%減少すると予想した。中国の通貨切下げで、中国輸出の価格競争力が高まれば、中国製品と競合する機械・石油化学・鉄鋼など、韓国の輸出品の競争力は弱まると予想している。

◆ 外国資本の流出の兆し

 モルガンスタンレーは報告書で、ウォンを『安い通貨』に分類した後、事実上、売り戦略を勧告した。輸出不振は続き、成長率が低下し、外国資本の流出が続くと説明し、ウォン・ドルレートは、来年第2四半期1ドル=1,200ウォンに下落すると予想している。生産者物価指数の低下、デフレ(景気低迷の中、物価下落)圧力が増加していると診断している。

 政府関係者は、「これまで、相対的に高かったウォンが、人民元切下げにより更に下落する可能性が高いと言う内容で、韓国経済のファンタメンタルズ(経済の基礎的条件)と関係無く、市場への影響は大きく無い」と言う反応を見せている。しかし、一部では、来月、アメリカの利上げと言う『ビッグイベント』を控え、為替市場の変動性を高める可能性が高い報告書が発表された事は、悪い兆候と言う反応を見せている。特に、『脆弱な5通貨(フラジャイル5)』と言う単語を作ったモルガンスタンレーが震源地だと言う点も負担である。

 外国人の資金も、大量流出の兆しを見せている。先月、国内証券市場で外国人は、国内上場株を2兆3,000億ウォン、上場債権を2兆6,000億ウォンを売り越している。6月、外国人の株・債権投資は9,500億ウォン減に転じた後、1ヶ月で売り越し規模は5倍に増加している。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2015081889291&nv=3

アメリカの利上げの影響について、外貨準備は十分で、他の新興国の様な影響は無いと言ってたはずだよね?
日韓スワップ中断の時もだけど。(笑)

『ウォンの国際化』を報じたのが17日、同日、『不安な10通貨(Troubled 10)』入り。
 ↑ 『寝言は寝て言え!!』と、悪魔が。(笑)

韓国からドルが流出すると?途端に決済に困り・・・『通貨(金融)危機がやって来る!!』
外貨準備高がどれだけあるかなんて、本当は関係ないんだもの。
外貨準備高が多ければ、通貨危機を防げるなんて思っているのは韓国だけじゃね?(笑)

日本は無関係だから、高見の見物と行きますか?
今回は、IMF Part.2になりそうだから。

頼みの綱の中国は、韓国に貸すドルは持って無いし、米国債は簡単には売れないし・・・ウォン元スワップを使う?
元を借り → 元売りドル買い → 一部を決済に、一部を介入に → 人民元暴落 → 習近平激怒 → ミサイルが飛んで来る?北朝鮮南進?(笑)

【KIC、エリオットに韓国企業への投資中止要求】
2015.08.19 02:42 韓国経済

 韓国投資公社(KIC)は、アメリカ系行動主義ヘッジファンドのエリオットマネージメントに、サムスン物産を含む韓国企業への投資中止を要求した。韓国国営ファンドが、外資系ヘッジファンドの韓国企業攻撃に資金を提供したと言う一部の批判を意識したと見られている。エリオットは、サムスン物産と第一毛織の合併に反対し、先月17日、サムスン物産の臨時株主総会で、委任状対決を行った。この過程で、KICが2010年、エリオットに5,000万ドル投資した事実が知られ、議論になった。

 18日、投資銀行(IB)業界によれば、KICは最近、運用資金の国内株式投資を禁止する韓国投資公社法を根拠に、エリオットに韓国企業への投資中止を要求した。

 KICに精通する関係者は、「エリオットの国内株式投資が、KIC根拠法に反する可能性があると伝えた」と説明した。彼は、「投資戦略の決定は、運用会社(GP)のエリオットの権限で、ファンドには、他の投資機関の資金も入っている為、KICが投資内容を変える様、強制する事は出来ない」と話した。

 外貨資産を転がすKICは、投資資産を多角化し、リスク調整収益率を高める為に、2010年以降ヘッジファンドに投資している。総資産860億ドルの内26億ドルを20社のヘッジファンドに分散投資している。2010年10月、エリオットに5,000万ドル投資し、現在までに約40%の累積評価益を得ている。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2015081996471&nv=3

こんなだから、外資が撤退するんだよ!!
エリオットが気に入らなければ、資金を引揚げればいいだけじゃん。
バッカじゃね?

【ムーディーズ、韓国成長率2.5%に下方修正】
人民元切下げで、韓国企業の実績悪化
『現代研、輸出3%減』政府の肯定論と対照的
2015.08.19 07:26 毎日経済

 我が国経済への悲観的予想が、内外に広がっている。人民元切下げで、輸出が大きなダメージを受けると予想されている所に、家計債務などで、消費も回復する兆しを見せない。政府は、金融を緩和し、金利を下げたが、企業投資は相変らず真冬だ。経済を構成する消費・投資・輸出全て悪化の一途を辿っている事になる。格付け機関ムーディーズが、我が国の今年の経済成長率予想を2.5%まで下げた事は、この様な懸念を反映した結果だ。

 我が国の経済悲観論は、中国政府が電撃的に人民元を切下げて以降、急速に広がっている。18日、現代経済研究院は、十民元の下落で、我が国の輸出が直撃弾を受けると予想した。これは、元安が、我が国の経済に、肯定的に影響すると予想した政府の分析とは相反する。

 現代研は、同日発表した『中国の通貨切下げの国内輸出への波及と影響』報告書で、ウォン・元レートが5%下落すれば、我が国の総輸出は3%程度減少すると予想している。

 業種別では、元が5%下落すれば、機械業種の輸出が5.5%減少すると予想され、減少幅が最も大きく、石油化学(3.7%)、鉄鋼(2.5%)、自動車(1.9%)、情報技術(0.3%)も、輸出は減少すると予想している。

 研究員は、「中国の加工貿易縮小に伴い、我が国の部品の輸出量が減少し、我が国の商品の輸出競争力は相対的に弱なり元安の否定的影響が大きくなっている」と指摘した。

 ムーディーズは、中国の成長率が、今年6.8%、来年6.5%と、急速に低下すると見ている。英国オックスフォード大傘下の研究機関オックスフォードエコノミクスは、元が10%下落すれば、我が国の経済成長率は0.3%追加低下した2.4%に終わると予想している。この機関は、来年の成長率も、2.5%程度に終わると予想している。

 ウォール街も、ウォンを元の下落に最も脆弱な通貨に指定するなど、否定的予想が相次いで発表されている。ゴールドマンサックスは17日(現地時間)、報告書で、韓国、タイ、台湾、マレーシア、チリ、南アフリカ共和国の通貨は、その他の国の通貨に比べ、元安に脆弱と診断し、モルガンスタンレーも、韓国、ロシア、南アフリカ共和国、ブラジル、タイ、シンガポール、台湾、チリ、コロンビア、ペルーの10ヶ国の通貨を元安に影響を受ける『不安な(troubled)10通貨』と定義している。

 ムーディーズは、投資が回復していない原因として、金利引き下げが、実質的効果を発揮出来なくなっている点を挙げた。在庫が急速に増加している点も、今後、成長を妨げる要因と指摘している。

 特に、ムーディーズは、急増する家計債務比率が、今後も消費回復を妨げる要因と主張している。

 チェ・ギョンファン経済副総理は、18日、国会予算決算特別委員会に出席し、「アメリカの利上げの可能性、中国の成長鈍化、新興国の金融市場不安で、国際金融市場の変動性が拡大する可能性があり、輸出条件が厳しい」と話し、中国の通貨切下げ直後、『韓国の輸出に肯定的』と楽観論を展開した頃とは認識が異なっている。チェ副総理は更に、「青年雇用の崖を懸念し、現在の状況を早く反転出来なければ、やっと生かして来た景気回復の火種が消える可能性がある」と懸念していた。
http://nnews.mk.co.kr/newsRead.php?year=2015&no=794252&sc=30000001&sID=301


【韓国経済『揺さぶる』・・・10大グループ純利益急減にオーナーリスク】
主力企業の実績悪化明確
2015.08.19 03:10 文化日報

 我が国の10大グループが揺れている。電子・自動車・鉄鋼・造船など、10大グループ各社の今年前半期の売上・営業利益が、昨年に比べ、ほぼ全て減少した事が分かった。特に、売上異常に、営業利益の減少が大きく、内容も良く無かった。

 国内1位のサムスン電子は、今年前半期、売上95兆7,000億ウォン、営業利益12兆9,000億ウォンを記録した。昨年上半期に比べ、売上は9.8%減、営業利益は17.9%減少している。現代・起亜自動車も、上半期の売上は67兆4,000億ウォンで、昨年に比べ1.5%減に終わったものの、営業利益は22.9%も減少している。LG電子の営業利益は、昨年に比べ半分となり、ロッテショッピングとPOSCOも、営業利益が減少している事が分かった。

 世界的な経済不況、主な輸出市場 中国の経済状況が悪化し、円安・ユーロ安など、為替レート条件も良くなかった事が、実績不振の原因と分析されている。LG経済研究院のイ・グンテ首席研究委員は18日「上半期、経済環境自体が良く無かった」と評価した。

 問題は、上半期の実績不振が、当分続く可能性が大きい点だ。サムスン電子は、主力製品のスマートフォン市場の予想が暗いとの評価が支配的だ。サムスン電子は最近、Galaxy Note 5とGalaxy S6 Edge Plusを発売したが、株価はむしろ下落している。野心作だったGalaxy S6の実績も期待に及ばなかった。電子業界関係者は「主力製品のスマートフォンが、中国製品とアメリカ製品の間で、力を出せない状況」と話す。現代・起亜自動車も、状況は厳しい。最大市場だった中国の販売量が減少し、苦戦している。現代自動車グループの高位関係者は「円安とユーロ安、中国市場の成長鈍化などを考慮すれば、今後数年間、厳しい時期が続くと見ている」と話した。

 一部グループは、最悪のオーナーリスクを経験している。ロッテグループは、シン・ドンビン会長、シン・ギョクホ総括会長、シン・ドンジュ前ロッテホールディングス副会長による後継者争いで泥沼に陥り、韓進(ハンジン)グループは、昨年末のチョ・ヒョンア副社長の『ナッツリターン事件』で、企業イメージが墜落し、SKグループも、チェ・テウォン会長が、光復節恩赦で釈放される直前まで、オーナー不在を長期間経験し、POSCOは、数ヶ月間続く検察の捜査で、企業イメージが悪化している。

 クォン・テシン韓国経済研究院長は「中国に追われ、日本やアメリカに追い付く事が出来ない構造的な問題に、労働改革・規制改革が進まず、内部的問題も重なっている」「一時的な状況で無く、長期的な実績不振に繋がる可能性が高い事を懸念している」と話した。
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0923206063&code=11151100&sid1=eco&cp=nv2

今更、何をした所で、どうにかなる様な問題じゃ無いし、経済だけの問題じゃないから。
国家の存続を真剣に考えた方がいいんじゃね?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック