かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【5兆ウォンで恩赦・・・大統領も買える国】

【『不正企業家の恩赦』批判した大統領は、どこへ行った】
2015.08.13:22 ハンギョレ

チェ・テウォンSK会長など6527人『8・15恩赦』
キム・スンヨン会長・チェ・ジェウォン副会長抜け

経済復興・雇用創出を前面に
『企業家の赦免国民的合意』ひっくり返し、
『赦免権制限』公約自ら破り
『法治主義後退懸念』批判


 パク・クネ大統領は13日、チェ・テウォン SKグループ会長など、企業家14人を含む、生計型犯罪者・中小零細商人など、6,527人に8・15特別恩赦を断行した。更に、模範囚・生計型保護観察対象者など3,650人の保護観察を、臨時解除し、運転免許取消し・中止者など行政制裁者220万6,924人の特別減免措置を行った。パク大統領は、2012年の大統領選挙当時「大企業の支配株主・経営者の重大犯罪については、赦免権を厳格に制限する」と約束したが、この日、チェ・テウォンSKグループ会長の恩赦で、再び公約違反議論に包まれている。

 パク大統領は、同日午前、大統領府で行われた臨時閣僚会議で「これまで、国民が共感を得られる様、恩赦を制限して来たが、光復(解放)70周年を迎え、国民和合・経済活性化成功の為、更に、国民の士気を振興する為、特別恩赦を決めた」と発表した。議論になっていた企業家の恩赦については、「経済再生・雇用創出の為、建設業界・ソフトウェア業界と、一部の企業家も恩赦の対象に入れた」と説明した。キム・ヒョンウン法務部長官は、閣僚会議の直後、政府ソウル庁舎で記者会見を行い、特別恩赦の決定を発表した。

 注目された経済家の恩赦は14人で、チェ・テウォンSK会長、キム・ヒョンジュン ハンファ前副会長、ホン・ドンオクNCC前代表理事が含まれた。当初、恩赦対象として議論されたキム・スンヨン ハンファグループ会長、チェ・ジェウォン SKグループ首席副会長、LIGグループ会長は除外された。政治家の恩赦は、国民感情が許さないとの理由で考慮しないと伝えられた。

 パク大統領は、大統領候補当時から、不正企業家の恩赦に、断固たる姿勢を堅持して来たが、今回の恩赦で、これまで守って来た原則を破棄したと批判されている。パク大統領は、2012年、大統領選挙候補当時「大企業支配株主・経営者の重大犯罪についての赦免権行使を厳格に制限する」と約束した。これは、パク大統領の経済民主化公約の『核心内容』とされて来た。パク大統領は、就任後も、「社会指導層の犯罪は、更に厳格に対応する必要がある」「社会指導層の不正が続く限り、国家に対する国民不信が深まる事は避けられない」との原則を強調して来た。特に、4月、ソン・ワンジョン前慶南(キョンナム)企業会長が2度、特別恩赦された事について、「(経済人赦免は)納得の行く国民的合意が必要」とし、政府の『道徳性』を強調していた。

 この日、恩赦について、大韓弁護士協会は「仮釈放など、刑事法に定めた救済手続きがあるにも関わらず、財閥会長など、大企業関係者を含んだ事は、法治主義を後退させる可能性がある」「大量恩赦を特別恩赦の形で断行した事も、法に反する可能性がある」と指摘した。イ・ウンミ参与連帯行政監視センターチーム長は「腐敗企業家の恩赦は、国民統合と経済正義に反する」「財閥TOPの恩赦で、雇用創出や経済が再生する根拠が無い」と話した。経済正義実践市民連合は、建設会社2,000社への入札制限などの行政制裁特別減免恩恵について、「これまでの大統領の恩赦乱用は、建設大企業の不法行為の責任は、いずれ免除されると言う強力なメッセージを伝える事になった」と批判した。
http://www.hani.co.kr/arti/politics/bluehouse/704369.html?_ns=r2


【SK、2~3年内に最低5兆追加投資】
建設業界、社会貢献基金造成『特別赦免に肯定的回答』
チェ・テウォン会長恩赦発表直後、SKスペックス(SUPEX)緊急招集
投資拡大など、後続対応議論
2015.08.13 23:44 ソウル経済

 SKグループは、チェ・テウォン会長の恩赦・復権をキッカケに、今後2~3年以内に、最低5兆ウォン規模を追加投資する。

 SKハイニックスは、清州工場の次世代メモリー(NANDフラッシュ)事業、利川(イチョン)foundry(オンデマンド半導体)等、非メモリーに、今後2~3年以内に、通常投資部門(5兆ウォン前後)の他、2兆~3兆ウォン規模を追加投資し、SKイノベーションの子会社SK総合化学は、チェ会長が拘束前情熱的に推進していたサウジアラビア工場、北米石油開発事業に、数兆ウォン投資する事を決めた。

 SK社長団は、チェ会長の特別恩赦発表直後の13日昼、臨時スペックス(SUPEX)協議会を招集し、投資拡大など後続策を協議した。

 SKグループは、チェ会長不在の間、スペックス(SUPEX)協議会を、最終意志決定機構として運営して来た。

 SKグループの高位関係者は、「約20人の系列会社の最高経営者(CEO)、とスペックス(SUPEX)協議会の委員長が、ソウル瑞麟洞(ソリンドン)のSK本社で行われた会議に出席した」「今回の恩赦の趣旨を共有し、今後、企業活動を加速する趣旨De集まった」と明かした。

 キム・チャングンSKスペックス(SUPEX)協議会議長主宰のこの日の会議では、SKハイニックスの次世代メモリー投資、SKイノベーションの北米石油開発(E&P)事業拡大、SK総合化学のサウジアラビア企業ビッグとの合弁工場建設など、企業別の主な投資計画拡大と、新規投資日程などについて、集中的に協議された事が分かった。

同時に、SK株式会社情報通信技術(ICT)部門成長戦略、SKテレコム大田(テジョン)・世宗(セジョン)創造経済センター支援拡大などについても議論された。グループ関係者によれば、今後2~3年以内の追加投資規模は最低5兆ウォンで、状況によっては7兆ウォンを上回る可能性があると予想されている。

 出席者は、特別恩赦発表当日の最高会議だけに、グループの主な事業を迅速に進め、投資・雇用創出拡大に合意した事が分かった。

 一方、建設業界は、政府の特別恩赦に感謝する意味で『社会貢献基金』を作る事にした。建設業界が、社会への還元として、社会貢献基金を作るのは今回が初めてだ。大韓建設協会関係者は、「約70社の建設会社と、基金参加の可否、基金規模・使用方法を議論している」「特別恩赦の趣旨が色褪せない内に、具体的内容を発表する計画」と明かした。某大手建設会社関係者も「寄付・託児所・福祉施設支援など、公共に役に立つ方向に使用する計画」と説明した。
http://economy.hankooki.com/lpage/industry/201508/e20150813182354142410.htm

この手の投資計画が、計画通り行われた事は無いからね?
しかも、2~3年以内に・・・パク・クネの任期は、2018年2月24日。
クネの任期中に、どれだけ実行出来るかしら?(笑)

韓国財閥のTOPの裁判の『5種の神器』は、救急車・ストレッチャーor車椅子・点滴・医師・看護師だと言う事は、何度か書いたでしょ?
恩赦の神器は聖書らしい。(笑)
i_201508140741158ab.jpg
くしゃみですか?

201508140146_61120009750296_1.jpg

いかにも、韓国チックなデザインの使い古した感じの聖書だけを、聖書だと分かる様に持って出所・記念撮影・・・ウケル~!!
どこから借りてきたのか?誰の演出なのか?知らないけど、聖書を小道具に使うなよ!!(笑)

刑務所で、何を食べてたの?
入所した時より太ってるみたいだけど。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック