かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【そうだっけ?】

【『シェール革命』過小評価・・・警告見逃した造船Big3】
2015.08.01 02:29 韓国経済

『原油価格下落』警告無視し、海洋プラント受注競争
発注量減少し『実績ショック』


1 (2) 現代重工業・サムスン重工業・大宇造船海洋の造船3社は、昨年上半期、「2014年・2015年、原油価格が上昇し、海洋プラント発注も増加する」と言う報告書を発表した。業界は、長い間、この予想を根拠に、海洋プラント事業に集中した事が、2009年以降、10兆ウォンを上回る損失の原因になったと指摘されている。シェールガス革命などで、2011年以降、原油価格下落が警告がされて来たが、それを見逃したと言う事だ。

 造船3社が、昨年3月発表した『2013年度、事業報告書』によれば、現代重工業は「世界経済回復による原油価額の上昇で、海洋ボーリング設備の発注増加が予想される」としている。サムスン重工業・大宇造船も「海洋設備の発注は、2015年まで増え続ける」と見ていた。大宇造船は、アフリカ地域の海洋プラントの需要が増加すると主張している。Big3は、この様な予想を基に、海洋プラント受注で、激しい競争を行った。

 2013年、すでに「シェールガスの影響で、原油価格が下落すれば、海洋プラント市場は大きく縮小する可能性がある」(2013年6月、大韓商工会議所報告書)など、警告が相次いだが、造船会社のバラ色予想は変わらなかった。韓国経済新聞も、2011年以降数回、社説(2011年5月13日付『エネルギー市場が、大きく揺れている』)などの記事で、シェールガス革命による原油価格下落を警告して来た。

 造船業界関係者は「造船会社は、総費用の範囲内で、設計・調達・試運転など、全て過程で責任を持つ不利な契約内容で、海洋プラントを受注した事も、市場を楽観視していたからだ」と話した。
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2015073197201&nv=3

受注量を最優先し、作れもしない物を、ダンピング価格で、しかも世界の非常識とも言える様な契約内容で受注した事が原因じゃね?

韓国企業には、作れないと分かっているモノを発注し、何度も設計変更を繰り返し、納期を遅延させれば違約金が取れる。実質代金0とか、発注額以上の違約金が取れて+になると考える船主が居ても不思議では無い。
韓国の造船会社の受注は、今後も赤字を垂れ流し続ける。
まともな契約で、まともな船を発注しようと考える船主は、韓国企業に発注しない。

更に、原油価格の下落は、シェールガス革命の影響では無く、中国経済の悪化が最大の原因だからね?
シェールガス革命が原因なら、シェールガス企業が倒産するはずが無いじゃん。

韓国企業が、今は悪いけど、来期には、来年には、回復すると言うレポートを出すのは、いつもの事。
サムスン電子だって、現代自動車だって、新製品発売で実績は回復すると、四半期の発表毎に言ってるし、韓国メディアが、それを否定した事は無い。
造船Big3は、もっと金払え・・・そう言う事でしょ。(笑)
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック