かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【サムスン・・・完全にオワコン?】

【韓国人トップ夜逃げで現地下請け企業が倒産
 ……失速中のサムスンが中国で完全にオワコンか】

2015.07.28 15:00 日刊サイゾー

 主力となるスマホの販売不振で、韓国サムスン電子の凋落が指摘されて久しいが、頼みの綱である中国市場でも同社をめぐって混乱が起きている。

 7月20日、サムスンの部品メーカーとして受託生産(OEM)を手掛けていた蘇州普光が倒産したというニュースが報道され、ネット上ではさまざまな臆測が飛び交った。「中国毎日経済新聞」が伝えたところによると、影響は同社が大株主である広東省の「東莞普光」にも波及。液晶ディスプレイをサムスンに提供する東莞普光は7月1日から現在まで約1カ月間、生産ラインがストップしている状況だという。

 倒産した蘇州普光は、韓国財閥の普光グループが07年4月、蘇州市東南部に位置する呉江開発区に設立した企業で、主要な業務は新型電子部品の開発と生産だった。しかし、実質的な顧客はサムスン1社のみで、サムスンのあらゆる製品を受託していたため、親会社である韓国普光グループが破産申し立てを行うと、中国の現地法人も自然と立ち行かなくなった。蘇州普光はサムスンからの発注が減少していく中、徐々に経営困難に陥ったが、状況を悪化させたのは、現地法人で働く韓国人責任者が6月中旬に突如、“夜逃げ”するがごとく帰国してしまったことだ。管理責任者のいなくなった現場は大混乱に陥り、資産は債権回収のため銀行に差し押さえられたという。

 蘇州普光は約1,900平米の敷地に800人余りの従業員を抱えており、従業員への補償問題が未解決状態だ。銀行から4億元余り(約80億円)の負債を抱え、下請け企業への支払いも滞っているため、債権者たちが集まって紛糾している。こうした状況の中、蘇州サムスンは話し合いの末、職員の給与と賠償金については開発区の管理委員会が債務状況を清算整理することが決まったものの、下請け企業への多額の支払いは依然、どうなるかわからない状況だという。

 広東省東莞市に住む日本人ビジネスマンは、こう証言する。

 「操業停止した東莞普光には、もともと3,000人以上の従業員がいたんですが、いまや200人以下しかいないそうです。管理職を含め、7月1日~8月1日まで給与なしの休暇通知が出されたタイミングで蘇州普光の韓国人責任者の夜逃げが伝わってきたので、若い従業員が朝から晩まで韓国人責任者の逃走を阻止しようと軟禁したそうです。併せて工場内でもかなりの乱闘騒ぎがあったみたいですが、東莞市の労働部門が介入し、職員との間に支払いを確約する取り決めが交わされ、やっと事態は収束しました」

 サムスンはこの数年、モバイル部門の売り上げが中国でも不調だ。高機能で低価格なスマホを商品化する国産メーカーが次々と台頭してきたため、iPhoneとGalaxyが競り合う勢力図はあっという間に塗り替えられたからだ。2015年第二四半期の中国国内のスマホのシェア統計では、小米(シャオミ)が18%、華為技術(ファーウェイ)16%、Appleが12%と続き、vivo(歩歩高)が10%、サムスンが9%という結果となり、低迷感は拭えない。中国サムスンは利益の60%前後をモバイル部門が占めており、スマホの売り上げが傾けば企業全体への影響は避けられない。

 中国の“アキバ”こと深セン市・華強北に住む日本人バイヤーは言う。

 「つい2年ほど前までサムスンがひとり勝ちだったのに、いまや見る陰もない。サムスンのスマホを売っていた代理店も、みんなシャオミやOPPOなど国産メーカーの販売店になってしまった。例えば、最新のGalaxy S6はこっちで10万円以上するのに、同等スペックの中国製スマホは4万円くらいで買える。デザインも中国製は良くなってきているのに対し、サムスンは基本的に数年前からあまり変わってない。若い女性たちから見放されていて、いまやGalaxyを使っているのは農民工や田舎のオッサンだけ。中国でも、完全にオワコンです」

 日本だけでなく、中国でもサムスン離れが加速する中、韓国経済を牽引する動力の失速は、世界経済にどんな影響を与えるのか? (取材・文=五月花子)
http://news.livedoor.com/article/detail/10401450/


【サムスン、中国スマホ市場で現地企業に押されて5位に】
2015.07.28 15:15 中央日報日本語版

サムスン電子が今年4-6月期の中国スマートフォン市場で占有率5位を記録した。

28日、市場調査機関IHSによると、サムスン電子は4-6月期の中国スマートフォン市場において占有率9%(出荷量基準)を記録した。これは1-3月期9.7%から小幅下落した数値だ。これに伴い、サムスン電子は中国スマートフォン市場(占有率基準)で4位から5位に落ちた。

一方、中国スマートフォン企業は同じ時期、占有率を70%水準に引き上げて中低価格スマートフォン市場の支配力をさらに強めた。1位は占有率18%のシャオミ(小米)が占めた。次いでファーウェイ(華為)が16%で2位を記録し、Vivoが10%で4位を占めてサムスンを抜いた。

アップルは1-3月期より2%ポイントほど落ちた12%で3位を占めた。アップルは4-6月期の実績発表を通じて中国市場でのiPhoneの売上が1年前より85%増加したと明らかにした。
http://japanese.joins.com/article/716/203716.html

サムスンは、中国でファンドを立ち上げるとか、銀行業に参入するとか、色々報じられているけど、真偽は不明・・・金に困ってるのかも?(笑)

基本的に、中国人は、朝鮮人が嫌いだし、韓国も北朝鮮も信用していないからね?
世界の工場中国は、今やあらゆるパーツの調達も、組み立ても、全て国内で出来る様になっている。
「韓国に作れる物は、中国でも、それ以外の国でも出来る。」

Galaxy S6は、国内でも売れず、発売から1週間で値下げ、それでも売れない。
Galaxy S5はタダに、更に、スマホのレンタルを計画中!!
半導体は好調らしいけど、スマホの穴埋めをするには力不足。
Appleとの関係次第では、サムスン電子完全終了が見えて来るかもね?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック