かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【金が下落したニダ!!】

【10大グループの時価総額40兆ウォン『蒸発』・・・現代自動車・POSCO『急減』】
2015.07.26 08:58 アジア経済

 [アジア経済=キム・ヘウォン記者]今年に入り、10大グループの時価総額が40兆ウォン減少した。10大グループの上場系列会社が、国内株式市場に占める割合は50%以下に低下した。

 26日、財閥ドットコムによれば、10大グループの上場系列会社の時価総額は23日現在679兆6,000億ウォンと集計された。

 今年1月2日(719兆6,000億ウォン)に比べ、5.57%(40兆700億ウォン)減少している。

 10大グループの証券市場に占める割合は、同期間53.52%→45.22%に、7ヶ月で8.3%低下している。

 グループ別に見ると、現代車グループが減少額1位、ポスコ( POSCO )グループが減少率1位の不名誉に輝いた。

 今年に入り、現代自動車グループの時価総額は120兆9,000億ウォン→98兆8,000億ウォンに、18.26%(22兆700億ウォン)減少、減少額としては、10大グループの中で最大となった。現代自動車グループの上場企業の証券市場に占める割合は、8.99%→6.56%に低下している。

 サムスングループの上場系列会社の時価総額は、同期間21兆9,000億ウォン(6.26%)減の327兆7,000億ウォンと集計され、年初25.99%に達したサムスングループが証券市場に占める割合は、現在21.79%に低下している。

 POSCOグループの上場企業の時価総額は21兆4,000億ウォンで、年初に比べ、8兆8,900億ウォン(29.40%)減少し、10大グループの中で、最大の減少率を記録した。POSCOグループが証券市場に占める割合は1.43%に過ぎない。

 現代重工業グループの上場系列会社の時価総額は8,400億ウォン(8.00%)減の9兆7,000億ウォンで、証券市場に占める割合は0.64%に終わった。

 SKグループの時価総額は90兆ウォンで、年初に比べ7,500億ウォン(0.83%)減少し、証券市場に占める割合は、6.75%→6.00%に低下した。

 一方、ハンファ グループの上場系列会社の時価総額は、年初に比べ4兆8,400億ウォン(35.78%)増の18兆4,000億ウォンで、証券市場に占める割合は1%を越えた。

 ロッテグループ4兆6,600億ウォン(22.28%)、GSグループ3兆3,800億ウォン(36.61%)、LGグループ1兆4,400億ウォン(2.14%)、韓進(ハンジン)グループ700億ウォン(1.065%)の時価総額は増加している。

 この様な現象は、今年に入り、大型株の不振が原因で、KOSPI市場の時価総額上位20位以外の大型上場株の内、上場企業13社の時価総額が減少している。

 サムスン電子の時価総額は1兆7,674億ウォンで、14兆ウォン(7.22%)減少し、証券市場に占める割合は12.08%に低下している。 現代自動車の時価総額は30兆3,982億ウォンで、年初に比べ6兆8,286億ウォン(18.34%)減少している。

 SKハイニックスの時価総額は28兆3,921億ウォンで、7ヶ月で、6兆3,700億ウォン(18.32%)減少している。
http://view.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2015072608492369163


【金下落で・・・韓銀、金投資評価損1兆8,000億】
2015.07.26 12:33 アジア経済

 [アジア経済=イ・ウンジョン記者]国際金価格下落で、韓国銀行は金投資で1兆8,000億ウォンに達する評価損を記録したと予想されている。

 26日、国会企画財政委員会所属パク・ウォンソク議員(正義党)が、韓国銀行から入手した『最近10年間の金購入現況』を見ると、2011~2013年、韓銀が購入した金は90tに達する。

 韓銀は、キム・チュンス前総裁在任当時の金保有量拡大計画で、2011年40t、2012年30t、2013年20t購入し、その結果、2010年8月14.4tだった金保有量は、104.4tに増加した。韓銀の金保有量は、2013年以降、変化していない。

 外貨準備高に占める金の比率は、周辺国に比べ、相対的に低い事を考慮すれば、保有資産多角化次元の金保有量拡大は肯定的な面がある。

 しかし、韓銀の集中的な購入は、国際金価格が史上最高を記録した時期に集中している事が問題だ。資料を見ると、2011~2013年、金90tの購入額は約47億1,000万ドルだ。朝銀は、外貨準備高を毎月公表しているが、保有する金価格を相場で無く、購入時の帳簿価格で記載している。

 市場価格(1トロイオンス=1085.5ドル)で計算した金90tの価格は約31億4,000万ドルで、評価損失額は15億7,000万ドル(約1兆8,000億ウォン)に達する。市価で計算した金90tの評価価値は帳簿価格の2/3になる。

 国際原材料価格急落と同時に、国際金価格が下落傾向を継続し、評価損が、更に拡大する事は避けられないと見られている。
http://view.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2015072612285176559

時価総額が減少したからと言って、会社が無くなる訳では無い。
回復の材料が見当たらないから、悪くなる事はあっても、良くなる事は期待出来ない。
そう言う意味では、深刻かも知れないけどさ。

クネが言う様に、創造経済で、ベンチャー企業がた~くさん誕生し、相次いで成功すればケンチャナ!!
世界が注目する創造経済とやらの実力やいかに?
私は、失敗すると思うけど・・・イヤ、失敗じゃないね?
何の成果も無いと思うけどだ。(笑)

金は104.4t 47億1,000万ドル=市場価格で約31億4,000万ドル・・・買った時以上の価格になるまで保有していれば良いだけの事じゃね?(笑)
保有し続ける余裕があれば・・・。

毎日、毎日、上がったの、下がったのと、せわしない民族だ事。
少し、落ち着いていられないのかしら?
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック