かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Archive [2017年06月 ] 記事一覧

【最悪だったのね?】

【トランプ氏、裏切り韓国に罵声「恩知らず!」大学生「拷問死」に全米激怒、「日米韓の拉致被害者奪還作戦」検討も】 2017.6.27 ZakZak 米国が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権に激高している。約17カ月間も不当に拘束され、昏睡(こんすい)状態で解放された米国人大学生、オットー・ワームビア氏(22)について「拷問死」との見方が強まっているのだ。中国による「対北圧力」が期待外れとなるなか、ドナルド・ト...

【ボケてる?】

【ムン大統領、ホワイトハウスのゲストブックに『大韓米国大統領ムン・ジェイン』とサイン】2017.06.30 17:05 KOREA TIMES ムン・ジェイン大統領が29日(現地時間)、ホワイトハウスで行われたディナーに出席し、ゲストブックに『大韓米国大統領ムン・ジェイン』とサインした意図が興味を惹いている。http://www.hankookilbo.com/v/7bbaa3cfa54446718a3816e03d465e02どんだけ緊張してたら、こんな事になる?それとも、噂通りボケ...

【必死のアピールの裏側・・・大失敗】

【米議員、まるで面接官のようにムン大統領に『速射砲質問』吐き出す】2017.06.30 11:36 東亞日報朝鮮語版 アメリカの上・下院議員は、朝鮮半島のTHAAD配備、韓米FTA問題に高い関心を示した。  アメリカの議員は、まるでムン・ジェイン大統領を面接するかのように、韓米の敏感な懸案について、濾過せず質問を集中的に吐き出した。  この問題は、韓米の異見が予想される懸案で、韓米首脳会談でどんな結果が導き出されるのか...

【ワクワク!】

【イ・ヘチャンに会った王毅、『現実を正しく認識しろ』・・・THAAD撤回強く圧迫】2017.06.30 09:01 東亞日報朝鮮語版韓米首脳会談控えて非公式面談 ムン・ジェイン大統領とトランプ大統領の韓米首脳会談の2日前の28日、中国王毅外交部長が、ムン大統領の特使だったイ・ヘチャン元首相と非公式に会い、「現実を正しく認識しろ。THAADの配備決定を撤回しろ」と、強く要求していた事が分かった。 29日、外交消息筋によると、イ元...

【監視国家】

【北朝鮮のホテルに電話・・・SNS利用者の鳥肌が立つような『経験談』】2017.06.28 15:00 WIKITREE あるSNS利用者が、好奇心で北朝鮮のホテルに電話し、鳥肌が立つような事を経験した。 昨年12月、SNS『ナムライブ』に、インターネット電話Skypeで北朝鮮に電話した後、諜報機関から電話があったと言う経験談が投稿された。 投稿者は、「好奇心からクレジット決済で北朝鮮のホテルの電話番号に電話した。結論から言うと、絶対...

【北朝鮮経由でエネルギーを輸入したいムン・ジェイン】

【国土が狭く太陽光発電には不向き、風が弱くて風力発電には不向き】2017.06.29 03:05 朝鮮日報朝鮮語版[親環境発電、地形的限界・・・『新再生エネルギー計画は非現実的』指摘も]-新再生エネルギーの割合20%にするには ソウルの面積の61%370㎢に、ビッシリ太陽光パネルを並べ 風力発電は、済州島(チェジュド)の1.6倍必要-低効率の風力発電 160億の麟蹄(インジェ)竜台発電団地、年間収益4億ウォン 発電量、目標の半...

【嘘とデタラメとインチキの国】

【大統領のデタラメな脱原発演説、国が苦しい】2017.06.29 03:17 朝鮮日報朝鮮語版核心の内容が全てデタラメの大統領の脱原発演説・・・公約も非専門家の作品狂牛病の恐怖を見るような大統領の原発恐怖日本より韓国は安全なのか? 記憶を辿ればムン・ジェイン大統領が脱原発に初めて言及し始めたのは2012年の事である。当時、大統領選挙を控え、福島原子力発電所事故が発生した日本を訪れた時だった。1~2日ニュースに登場して...

【さすが国家情報院出身者】

【キム・ギチュン『死薬を貰って終わらせたい』・・・法廷で何が?】2017.06.28 22:48 毎日経済 キム・ギチュン(78)前大統領秘書室長は28日、パク・クネ大統領が拘束された事について、『政治的責任を痛感する。裁く事無く、死薬を貰って綺麗に飲み干し、この状況を終わらせたい」と話した。  キム室長は同日、ソウル中央地方裁判所刑事合意30部(ファン・ビョンホン部長判事)の『ブラックリスト』事件の裁判で、被告人尋問の途...

【バカバカしい!!】

【ムン・ジェイン大統領ブレアハウス3泊・・・ホワイトハウス2泊の慣例破り礼遇】2017,06.28 09:02 東亞日報朝鮮語版『駆引き』の終わりに2泊→ 3泊・・・宿舎の政治学 3泊5日(機内1泊)で28日(現地時間)ワシントンを訪れるムン・ジェイン大統領が、ホワイトハウス内部の慣例を破り、ブレアハウス(Blair House)に3泊する事にした。当初、3泊の内1泊はブレアハウスで無いホテルに宿泊するか?日程を2泊に短縮するケースもあったと...

【丸投げ】

【新古里(シンゴリ)5・6号機の運命、市民が決める】2017.06.28 00:01 ハンギョレ朝鮮語版工事一時中止、脱原発政策始動公論化委員会設置し、3ヶ月調査市民陪審員団が白紙化の有無結論 政府は、蔚山(ウルサン)の新古里(シンコリ)5・6号機の建設工事を一時中止し、市民陪審員団の公論・調査を経て建設中止の有無を最終決定する事にした。19日、古里(コリ)1号機の永久閉鎖に続き、ムン・ジェイン政権の『脱原発』政策が本...

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック