FC2ブログ

かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【面白くなって来たバーニングサン事件 PART.3】

【国税庁『ARENAの実際の所有者告発・・・見逃し税務調査事実で無い』】
2019.03.20 20:45 News1

 国税庁は数百億台の脱税疑惑が提起された江南(カンナム)の有名クラブARENAの実際の所有者を警察に告発した。

 国税庁は警察の告発要請によりARENAの所有者であるカン某氏の税務調査に着手後、カン氏をARENAの偽装・脱税容疑で警察に告発したと20日発表した。

 これに先立ち、ARENAの数百億台の脱税容疑を調査中の警察は9日、国税庁にカン氏を告発するよう要請した。

 国税庁は昨年の税務調査当時カン氏の容疑を明らかに出来なかったが、今回の税務調査でARENAのズボン社長が証言を覆した事をキッカケに、カン氏を実際の所有者として特定した事が分かった。

 国税庁によると、ARENAの6人の経営者6の内3人は、今回の調査でカン氏が実際の所有者で自分は名義を貸しただけだと証言を覆したと伝えられた。

 これらは、カン氏が実際の所有者である事を証明するテルレグラムのメッセージやカン氏と対話の録音、確認書を証拠として提出した。

 国税庁関係者は、「高額の課税と国税庁の告発に伴う警察の継続的な出席要求に、心的圧迫と経済的負担が加重され、証言を覆したと見られる」と話した。

 一方、国税庁は、一部で提起された「見逃し税務調査」疑惑を否定した。

 国税庁は、「ARENAの見逃し税務調査疑惑は全く事実で無く、ARENAの税務調査について国税庁は法と原則通り調査し、検察に告発した。当初の税務調査で経営者は証拠を基に一貫して自分達が実際の所有者だと主張し、幅広い金融追跡調査でもカン氏が実際の所有者である事を明らかに出来ない状況だった」と釈明した。

 国税庁関係者は、「強制捜査権が無い国税庁としては、まず経営者を告発するしか無く、確認されていない所有者の容疑は、強制捜査で明らかにするよう検察に告発した。(今回の場合)捜査機関の告発要求に応えたIRSの追加税務調査過程でカン氏が所有者である事が確認され今回追加で告発した」と付け加えた。
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=421&aid=0003892817

実際の経営者は政治家か財閥一族だけど、そこに手が延びる事は絶対無い。
カン氏は政財界人に辿り着く3歩手前、犠牲者を出さずに捜査出来る限界の一歩手前。
ARENAの問題はカン氏が被って終わるから、脱税の額と量刑の問題しか残っていない。

むしろYGエンターテイメントの方が面白い。
スポンサーサイト

【バッカじゃね?】

【スンリ『友達に虚勢を張った・・・怖い』心境告白】
2019.03.19 20:28 中央日報朝鮮語版

 スンリが海外遠征売春斡旋・常習賭博疑惑を繰り返し否定した。

 スンリは19日時事ジャーナルを通じ、「海外遠征賭博と売春斡旋は無かった」と話した。更に、「当時、カジノで勝ったとして投稿した金の写真は嘘だった」と説明した。

 このメディアは、スンリが事業パートナーと推定されるA代表とやり取りしたカカオトークの内容を公開し、このような疑惑を提起した。

 当時、このメディアは、スンリがチャットでA代表に女性の写真を送り選択出来るようにし、パートナー1人に1,000万ウォンと言う値段を付け、更に「ラスベガスにしばしば来る」とし、カジノで2億ウォン勝ったと自慢する写真も投稿したと報じた。

 これについてスンリの弁護人は、「A代表が事業の為にスンリに美貌の女性を紹介するようお頼んだ。実際2人は女性無しでインドネシアに行った」と説明した。更に、「スンリはA代表に、投資した20億ウォンを返して貰うために2年近く言いなりになっていた。A代表がスンリに女性を斡旋するようなカカオトークを見せ脅迫した」と付け加えた。

 一方、スンリは、自身を巡る一連の疑惑について、「全ての事件はカカオの対話から始まっている。(カカオトークのチャットルームで) 『警察総長』と書いたように、私達が何も知らずに友達同士が騙し合い、虚勢を張った事で脱税・警察との癒着と言う)世論が作られた。今、真実を話しても誰も信じない状況。捜査機関でさえカカオの内容が全て事実で証拠だと思っている。私が有名な芸能人だと言う理由だけで、本当に冷静に「私がした事が正しいか、正しくないか」判断されないかと思うと怖い」と話した。
https://news.joins.com/article/23415600?cloc=joongang|home|newslist1

バッカじゃね?
警察全体を巻き込み、大統領が撤退的な捜査を命じる所まで問題がデカクなって、身の危険を感じ、怖いと思うのは分かる。
が・・・すでに手遅れ。

突き詰めれば財閥一族か政治家に行き付くと言う意味で、クラブと売春店の構造は同じ。知ってたとか、知らなかったとかなんて事は重要じゃない。
名義貸しであろうがクラブ経営に手を出す=韓国社会の闇に足を突っ込んだと言う事。

本当に残酷なのはこれから。
捜査・事件の終結には、真実で無く生贄が必要で、芸能人は生贄として最高の獲物だから。30にもなって底なし沼に自ら嵌りに行くなんて馬鹿としか言いようが無い。

どうでもいいけど、日本にだけは来るな!!

【YG「国税庁の税務調査誠実に臨む」】
2019.03.20 23:38 中央日報朝鮮語版

 国税庁がYGエンターテイメントの税務調査に着手する中、YGが「誠実に調査に臨む」と立場を発表した。

 20日、国税庁は、ソウル麻浦(マポ)区合井洞(ハプチョンドン)のYG本社に約100人の調査官を投入し、税務関連書類を押収した。YGは最近、性接待など様々な持たれているBIGBANGのスンリ(29・イ・スンヒョン)の所属事務所でもある。

 YGは2016年、定期税務調査を受けている。通常定期調査は5年毎に行われるが、今回の調査は特別調査を担当するソウル庁調査4局が行った。YGのヤン・ヒョンソク代表が実際の所有者だと分かった西橋洞(ソギョドン)のクラブ「ラブシグナル」を通常の飲食店として登録し、個別消費税を脱税したと言う疑惑が提起された。特に2017年12月~昨年8月までスンリが運営していたクラブXの商号を『ラブシグナル』に変更し運営を続けて来た。麻薬の流通、警察との癒着疑惑など、『バーニングサン事件』の発生時、スンリはクラブの運営に関与していなかったと否定したが、弘大でクラブを運営していた過去が報じられ議論は拡大している。

 同日の調査では、財務関連部署だけで無く、公演・マーケティングなど幅広い部門でも行われた。バーニングサン事件の火種はスンリに留まらず、歌手のチョン・ジュニョンや江南のクラブARENAなどに拡大し、遊興酒屋(売春店)の脱税など違法行為を根絶する必要があるとの世論も形成されている。
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=025&aid=0002893013

スンリが経営していたクラブXの商号をラブシグナルに変更し、YGの代表が所有し、営業を続けて来た。
で、飲食店として登録されていたけど、実際は游興酒屋=売春宿だった?

何とも分かり易い。
売春宿ラブシグナルで芸能人の卵を働かせ、政財界人を性接待していたと言うオチかもね?(笑)

税務当局も、脱税を見逃して来たと批判されてるから徹底的に調査せざる得ない。
徹底的に税務調査されて生き残れる韓国企業は1社も無い。
で、2014年LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループ系列のプライベートファンドL Capital Asiaが投資した8,000万ドル(約827億ウォン)だけど、償還優先株が610億ウォン、償還請求日は10月16日。
10月16日までに株価が1株=43,574ウォンを上回っていない場合、2%の金利を付け670億ウォン返す事になる。(笑)

【IMFのトラウマ・・・S&P格下げを警告】

【S&P『韓国企業の格下げ』警告】
2019.03.19 19:48

 国際格付け会社のスタンダード&プアーズ(S&P)は、韓国企業の格下げの可能性を警告した。

 S&Pは19日、『格下げリスクに直面する韓国企業』と言う報告書を通じ、「韓国企業の信用度は2015~2017年の約3年間、傾向的な改善最→昨年下半期を境に緩やかな低迷サイクルに入り込んだと思われる」とし、「今後1年間、韓国の主要企業の格下げリスクは更に拡大するだろう」と指摘した。

 S&Pは、「2015年以降、企業の財務政策が更に攻撃的に変わった事が格下げ圧力の主な要因で、これは主要企業の投資支出の増加、配当など株主還元、継続的な買収合併などで確認出来る」と説明した。更に、「貿易紛争と保護貿易懸念の中、半導体・スマートフォン・自動車など主要産業の需要鈍化も負担になる可能性があり、韓国企業は今後12ヶ月間、格下げ圧力に直面するだろう」と予想した。

 S&Pが韓国企業の格下げの可能性を警告した理由は、営業環境が明確に悪化している上、財務政策が過度に攻撃的だと言う判断の為である。サムスン電子、SKハイニックスなど韓国の輸出の大きな軸を担当して来た半導体企業の利益が大幅に減少し、現代モービスなど一部の企業は株主還元の拡大で現金の流出規模が増加している事が負担として作用すると言う事である。

 S&Pは、特に株主還元の拡大について、現代モービス、SK E&Sを代表的な事例にあげた。現代モービスは2021年まで配当金の拡大、自社株買い・消却など2兆6,000億ウォン規模の株主還元を発表した。過去数年間、年間配当金が3,000億~4,000億ウォンだった点を考慮すれば、かなりの額が流出すると言うのがS&Pの判断である。SK E&Sについては、今後2年間、年間4,000億~6,000億ウォンの配当金の支給を予想した。S&Pは、「今後24ヶ月間に現在の格付けを維持する余力が減少するだろう」と予想した。SK E&Sは、昨年子会社の坡州(パジュ)エネルギー株を49%売却して得た現金収益の大半を株主に配当として支給する計画である事が分かった。2019年のSK E&Sの配当総額は6,720億ウォンで、最近の数年間の年間配当1,000億~3,000億ウォンを大幅に上回っている。

 同時にS&Pは、「投資支出の増加、継続的なM&Aも、企業の格付けに否定的に影響する可能性がある」としている。M&Aを通じ新規事業投資を拡大するSKテレコムとKCCの財務負担の可能性を提起した。S&Pは、「新たな成長動力として、昨年ADTキャップを7,020億ウォンで買収した上、連結借入金は1兆7,000億ウォンに達する。5G投資負担で、SKテレコムの支出は、今後2年間相当な水準に増加するだろう」と説明した。S&PはKCCを『否定的観察対象』に指定した。KCCは昨年9月、コンソーシアムを通じ、世界2位のシリコンメーカー『モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ』を30億ドルで買収した。これにより、KCCの財務指標が悪化する可能性があるとの指摘である。
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=011&aid=0003523518

3大格付け会社の格下げを異常に恐れるのはIMFのトラウマ。
実際の影響じゃなく、精神的な影響でしかない訳だけど・・・。

1997年の時以上に経済状況は悪く、企業業績も悪い。
規模がデカクなった分だけ、救済するには巨額の金が必要だけど、そんな金は無い。
ドルが借りられなくなっているらしく、企業が輸入代金を支払うと、その分ドルが減少して行く状況。
先月末736億8,000万ドル減って、当然今月も減る。
アメリカ国債は1100億ドル前後しかない。
いつまで持つかしら?(笑)

【祝!!】

【ルノーサムスン、日産の新車割当て霧散】
2019.03.20 04:03 毎日経済

ルノー、韓国工場は輸出戦略地?
アメリカ→ASEAN・中東に再編


 9月委託生産が終了するルノーサムスン自動車の日産ローグの後続物量の割り当てが事実上失敗に終わった。日産と事業同盟を締結するルノーグループが19日(現地時間)、地域本部の再編を断行し、韓国・日本・ASEANを既存の『アジア・太平洋'地域→アフリカ・中東・インド(AMI)』地域本部に再編したからである。

 このような地域再編についてルノーサムスンを始め、国内の完成車メーカーは、「ルノーサムスンの未来の持続の可能性の危機で、重大なチャンス要因」と評価している。ゴーン元会長の退陣の影響で、ルノーグループと日産の関係回復は事実上不可能な状態に陥り、ルノーグループは日産ローグの物量に依存し稼動を維持して来たルノーサムスン釜山(プサン)工場についても独自回復の道を模索すると言う評価である。しかも、最近労組のストライキの長期化で、日産との交渉さえ霧の中に陥り、果敢な地域再編作業・輸出戦略地の多角化を選択したと解釈される。
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=009&aid=0004322900

>釜山工場を輸出戦略地に?
 どこまでおめでたいんだか?
 どう考えても撤退しか無いのに・・・。

日本としては渡りに船。祝!!
制裁と同じ効果がある上、批判される事も無い。

【サンワ(三和)、本国でも倒産?】

【開店休業、業界1位の消費者金融『サンワマネー』、新規融資中止】
2019.03.07. 11:39 毎日経済

低信用・庶民急場資金の通路更に狭まる可能性、ヤミ金懸念も

 国内1位の消費者金融サンワマネーが、先月下旬新規融資を中止した事が確認された。事実上、開店休業である。消費金融で急場をしのぐ資金を調達する信用度が低い自営業者など庶民層の資金のあい路が加重されると見られている。

 7日、消費者金融業界によると、サンワマネーはコールセンターに個別に連絡してくる申請者に限り、新規融資を中止した事を知らせている。公式に融資中止を知らせるので無く申請者に個別に案内する方式である。

 サンワマネー本社の経営総括部門関係者は、「新規融資の中止がいつ解消されるのか分からない。先月下旬、新規融資の中止方針が決まった」と話した。

 現在、新規融資を始め、既存利用者の再融資、追加融資など、新規営業は全て中止している。

 サンワマネーが新規融資を中止、一部では国内撤退説も出ているが、業界に精通した消息筋によると、外部借入れの償還、貸倒率の上昇、不良債権処理問題でサンワマネーが当分新規融資を中止した事が分かった。

 特に、外部借入の償還について、昨年5月トルコリラ債権に約16億TRI(約4,000億ウォン)投資し、約1,230億ウォン(昨年8月14日基準)の評価損失を出した。為替の変動に伴うリスクをなくす為の為替ヘッジが行われず、トルコ発金融不安の拡大の中、損失幅が拡大した。サンワマネーの最近3年間の平均営業利益が1,837億ウォンである点を考慮すれば、今回の投資は単一案件としての規模は大きい。

 貸金業界のある関係者は、「サンワマネーがトルコの債権を4,000億ウォン買えば満期延長も可能だが、会社は償還する事に決めたと聞いている。借入れ金の償還などの為に、しばらく営業を中止したようだ」と耳打ちした。

 この消息筋は更に、サンワマネーは今月末まで新規融資を中止し、4月以降は地域別に融資を再開するが、延滞率が高い地域の新規融資は中止する方針と伝えた。4月中、再び再開される融資は、地域別に最近3ヶ月間の平均実績を目標に限度を付与すると発表された。
https://news.v.daum.net/v/20190307113903763

日本を出て行った在日企業が、本国ででも失敗し、倒産寸前だと言う事でOK?
ムン・ジェイン政権の政策で倒産が早まったと言うだけの事。

業界1位だったラッシュ&キャッシュが撤退したのか?倒産したのか?知らないけど、いつの間にやらサンワマネーが業界1位になっていた。(笑)
邦銀にもダメージはあるかもね?

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック