かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【慰安婦は、朝鮮人の心理的投影】

【『新鮮な娘を捕まえて来ます』ベトナム戦争の韓国メディア】
派兵当時のメディア、家父長制・軍事主義利用し、戦争正当化
・・・韓国軍の虐殺の歴史、メディアは反省・真相糾明の先に立つべき
2017.11.19 メディアトゥデイ

 「韓国はベトナムに心の借りがある」

 11日、ベトナム戦争への韓国軍の派兵について、ムン・ジェイン大統領が話したと伝えられたこの発言で、ベトナムの民間人虐殺問題が再浮上している。

 派兵当時の大衆雑誌の分析研究、『大衆メディアに表象されたベトナム戦争とジェンダーイデオロギー(1964~1973年サンデーソウル』、『女苑を中心に(イジンソン、2017年)』によると、当時メディアはベトナム人女性だけで無く、韓国人女性も韓国軍人を慰める手段として動員した。

 論文は、ベトナム派兵が行われた1964年~1973年までの大衆雑誌『サンデーソウル』と『女苑』を分析している。『ベトコン(共産陣営)』相手に戦う韓国軍、韓国人女性の支援を受ける韓国軍、実際には暴力を振われ韓国軍を『慰安』するベトナム人女性、韓国軍の専有物になったベトナムの民衆などがメディアに登場している。政府は反共体制を維持する為、家父長制や軍事主義を利用し、メディアはそれを拡散した。

 韓国軍の派兵は、共産主義で廃墟になったベトナムの民衆を救う過程とイメージ化し、『救援者』による虐殺はメディアから消えた。『素手で2人の敵を捕らえたチャン軍曹(女苑、1967年11月号)』、『私は泣きに来たのか、戦いに来たのか、見知らぬ越南(ベトナム)の地、青龍小銃手(1969年8月31日付サンデーソウル)』は、ベトコンを捕まえる軍人の勇猛さを強調している。

139864_204648_1617.png
▲ベトナム派兵当時のポスター。朴正煕(パク・チョンヒ)政権は、
『打倒しようベトコン』、『平和の十字軍』などのポスターで参戦を勧めた。

 また、「青龍砲兵大隊勇士は、プオクロック村に、こぢんまりとした八角亭(パルガクチョン)を建設し、60才以上の高齢者を58人招き、人参酒、ビール、そしてアリラン タバコで敬老会施した(1966年9月号女苑)など、恩恵を与える様子も登場している。朝鮮戦争で米軍が韓国で行った事に似ていると著者は指摘している。

 韓国人女性は、韓国軍を支援役として描写されている。主に、賢母良妻、軍人を慰労する母親の温もり、夫・父親不在の家庭の女性の困難などを強調し、後方で戦場を支援する国民の役割を果たす姿が描かれている。母性は近代の発明品と知らされているが、戦争や徴兵制を維持する韓国の状況は例外である。

 実際、ベトナム戦争当時、脱走が多く、家族の反発は激しかった。国が家族を集め精神教育を行ったとの証言もある。国とメディアは、『賢母』の温もりで残酷な現実を覆う。『良妻』には、チェ・ミョンシン将軍の妻ムン・チョンイン氏が頻繁に登場する。ムン氏は当時梨花(イファ)女子大学の『ホームカミングクイーン』に選ばれるなど、『エリート女性』の代表走者として、戦争当時『内助のロールモデル』になったと論文は分析している。

139864_204649_1732.png
▲サンデーソウル1969年3月30日、ベトナム慰問公演中の韓国人女性の様子

 慰問公演、慰問の手紙なども、性愛化する形で軍人を慰めた。サンデーソウルの主な読者層は男性の為、扇情的なイメージを露出させ、女性を性的対象化する傾向が強く、女苑の読者層は女性の為、『手紙を送って欲しい』と言う要請が主だったと言う違いがある。

 梨花(イファ)女子大学のキム・ファルラン初代総長が日帝強制占領期間中、弟子に慰安婦参加を勧め、朝鮮戦争当時学生を動員し、『パーティー代行業』を始めたのは、ベトナム戦当時、梨大(イデ)で行われたパウエル家族慰安の夜イベントなどと共に、国が望む女性の役割を赤裸々に示していると指摘されている。

 民族主義を刺激する内容も含まれている。『どれほど臭いと言われても、鶏肉よりも、牛肉よりも、我が国の兵士の食欲を刺激するのはキムチ・唐辛子・ニンニクです。(1966年9月号、女苑)』など、パウエル将兵に種を送る運動、キムチを送る運動が強調されている。著者は、「『国民化』が強化され、『想像の共同体』は更に強固になる。それを批判する超越的で歴史外在的視点を持つ事は困難だっただろう」と批判している。

 『戦争国家-兵士-韓国女性』の地位が明確になり、権力は強い動員力を持つようになった。この時発散するエネルギーは、暴力で無く、ストレスへの補償程度と考えられた。以下は、1967年7月号の女苑に掲載された小説形式の記事の一部分で、『コンガイ』はベトナム語で女、少女を意味する性差別的な単語である。

 「今日、ホ・キルジュ軍曹の分隊は、ベトコンのコンガイを1人捕まえて来る必要がある」
 「心配ご無用。しっかり噛んで食べても生臭くない新鮮な処女を捕まえて来ます」

 女性の身体は男性の植民地で、ベトナムは『韓国の植民地』だった。論文はベトナム戦争当時メディアは、ベトナム人女性はベトコンの悪を強調する為に使われたり、韓国軍のチアリーダー役に利用されるなど、『性的動物』以下に表現されたと指摘している。劣等なベトナム人女性が、韓国人男性との結婚によって文明化されて行くファンタジーもある。

139864_204650_1819.png
▲1967年2月号の女苑、ベトナムの花嫁

 韓国軍がベトナムで行った多数の性的暴行や良民虐殺は、このような基盤の下で発生した。韓国軍は約80件、約9,000人の民間人を集団虐殺した。ベトナムには3基の韓国軍憎悪碑と50数基の慰霊塔が立っている。韓国社会は、それを隠蔽して来た。ベトナム戦への認識は、『戦争特需』を享受した事件レベルから変わっていない。

 韓国政府は、ベトナム戦の民間人虐殺などについて、公式に謝罪していない。なぜ、日本軍慰安婦に強制連行されたムン・ミョングム氏とキム・オクチュ氏が、生前貯めたお金をベトナム戦争真実委員会に寄贈したのかを考えると、韓国軍が行った蛮行を政治家が口にして済む問題では無い。韓国政府が立ち上がり、費用と努力を投じ、被害者の声を聞き、加えて主体について責任を負う姿勢を示す必要があると同時に、そのような姿勢を日本政府に要求すべきである。

 大統領が言及した『心の借り』に、このようなものは含まれていただろうか。韓国-ベトナム平和財団は16日、「真の謝罪は、加害事実の認定と責任が前提でなければならない。ムン大統領の映像の『謝罪』が形式的な外交的修辞に終わらないよう期待し、メディアの正しい役割も期待している」と話した。
http://www.wara2ch.com/archives/8985308.html

日本軍慰安婦は、韓国の心理的投影以外の何物でも無い。
朝鮮戦争で米軍がやった事にしている偏向も朝鮮人がやった事だし・・・。

※心理的投影=自己のとある衝動や資質を認めたくないとき(否認)、自分自身を守るために、他の人間にその悪い面を押し付けてしまう(帰属させる)ような心の働き。

記事・写真など、ベトナム戦争については沢山証拠があるのに、慰安婦は証言だけなのは何故かしら?
スポンサーサイト

【ウォン高ニダ!!】

【世界各国保護貿易障壁強化の中、為替レート急騰・・・輸出企業2重苦】
2017.11.20 03:04 東亞日報朝鮮語版

現代経済研『均衡為替レート1,184ウォン崩壊』・・・韓国ウォン、円-元以上に急騰
政府はアメリカの顔色伺い積極的介入困難→韓銀も基準金利の方向で悩み深まる


 世界的に保護貿易主義が強化される中、韓国ウォンが急騰し、『均衡為替レート』を越えたと分析されている。均衡為替レートとは、インフレやデフレ無く、一定期間の国際収支の均衡を齎す為替レートで、現在の状態が続けば、輸出鈍化など経済成長への否定的な影響が懸念される。

 現代経済研究院は19日、「ウォン-ドル相場1,100ウォン崩壊の背景と示唆点』報告書で、「今年第3四半期(7~9月)の均衡為替レートは1,183.9ウォンだが、11月の平均為替レートは1,116.0ウォンで、韓国経済が対内外で経済の均衡を維持可能な状態よりも、ウォンは5.7%高い。このような傾向が長期化すれば韓国経済に困難を与えるだろう」と懸念した。

 最近の韓国ウォンの上昇は、国内経済の回復傾向と経常収支の黒字持続、政治リスクの緩和が主な原因と分析し、対外的には、北朝鮮リスクが低下し、韓中関係の回復気流も影響したと評価している。

 ウォン高の経済と企業への影響は両面的である。ウォン評価の輸入原材料価格が下落し、消費者物価が安定し、企業の生産コストが削減出来、海外投資は増加する。しかし、輸出企業にとっては、韓国産製品の価格競争力の低下を招く可能性がある。韓国は、国内総生産(GDP)に占める輸出の割合が40%台と高い。

 ウォン高でも輸出価格を上げる事は難しく、長期化すれば輸出企業の採算性悪化が懸念されると分析している。ウォン-ドルレートが10%下落する場合、輸出価格は1.9%の上昇に留まり、残り8.1%は企業が損失として抱える構造だと言う事である。特に、年初に比べドル-ウォンレートの上昇率は9.7%で、ライバル関係にある円(3.5%)、元(4.8%)を大きく上回り、その分価格競争力が弱まっている。

 産業界は、ウォン-ドルレートが企業の対応レベルを越えて急騰する事を懸念している。韓国貿易協会は、輸出企業の損益を決める損益分岐点の為替レートを中小企業1,046ウォン、大企業1,040ウォンと見ている。17日のウォン-ドル相場の終値は1,097ウォン台に上昇している。

 現在政府はウォン高に対応する妙案を出し難い状況である。アメリカが韓米自由貿易協定(FTA)の再協議と関連し圧迫する中、政府が介入すれば為替操作国に分類される口実を提供する可能性があるからである。先月、アメリカは為替報告書で、韓国を観察対象国に分類した。

 ウォン高で30日基準金利を決める金融通貨委員会を控えた韓国銀行の悩みも深くなっている。ウォン高で輸出が鈍化すれば、韓国経済の回復判断が可能性があるからである。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=020&aid=0003109252

損益分岐点が中小企業1,046ウォン、大企業1,040ウォンであれば問題無いじゃん?
心配すんな!!
政府は、介入し続けている。
前ほど露骨に介入出来ないだけで・・・。

1_2017112018054809f.png

1ドル=1,000ウォンを割れば、色々な意味で楽しくなる。(笑)

【歴史は繰り返す】

【中国は一発の弾も撃たずに勝利した】
2017.11.20 03:20 朝鮮日報朝鮮語版

 香港の『サウスチャイナモーニングポスト』紙は昨日、『中国は韓国のTHAAD問題で一発の弾も撃たずに勝利した』と言うタイトルの記事を掲載した。サウスチャイナモーニングポストは、「韓国がTHAADの追加配備、アメリカのMDへの参入、韓米日同盟を否定する『3不』政策を表明し、中国とのTHAAD合意を『莫大(enormous)な犠牲』と評価した。「3不政策は、経済と政治・安保問題を連携する(誤った)先例を作った」と言う専門家の分析も紹介している。新聞はTHAAD合意の背景について、「韓国の左派は、歴史的、政治的理由で日本を嫌い、中国に親近感を感じている」としている。

 最近エコノミストが、中国は相手の行動が気に入らなければ、変わるまで相手にプレッシャーをかけ続け、それでも変わらなければ相手を犬小屋に押し込めて罰を与え、それでも変わらなければ、適切な処罰期間をおいてから犬小屋から引き出し、何事もなかったように対応して飼いならす、中国の『ドッグハウス・アプローチ(doghouse approach)』に韓国が降伏したと指摘した。政府は、THAAD合意で、韓国が中国に主権を譲り渡したとの批判を受け入れていないが、『中国は一発の弾も撃たずに勝利した』と言うのが国際社会の評価である。

 中国が今後合意文書をどう利用するかは明白である。習近平主席と李克強首相は、最近ムン・ジェイン大統領と会った席で、「韓国が問題を適切に処理するよう望む」と言う文面を取り上げ、THAADの撤去を圧迫した事が分かった。我が国は、このような内容そのものを知らせていない。アメリカは、同盟国の韓国が、韓米同盟を弱体化させる対応をした事に衝撃を受けているような雰囲気だと言う。

 サウスチャイナモーニングポストは、韓国政府は日本を協力対象で無く、歴史的、政治的に中国と共闘すべき国と考えている為、合意出来たと分析している。ムン大統領は6月、トランプ大統領との首脳会談で、北核に対抗する為、韓米日3ヶ国安保協力を持続的に発展させて行くと合意していた。しかし、僅か4ヶ月後、中国に事実上否定する約束をした。

 中国は、経済・外交的に大変重要な国だが、韓米同盟に代わる国では決して無い。韓米同盟の無い対中外交は、砂上の楼閣に過ぎない。中国が韓米同盟を執拗に揺さぶるのは、東北アジアの構造を壊す事が目的である。そんな中国に我が国は屈服し、『1発の銃声も無い勝利』を自ら差し出した。相対的に国力が弱い国の外交は現実と原則が調和を作り出すが、常に原則を優先する必要がある。国力で穴埋め出来ない部分を埋める事が出来るのは原則だけである。政府は、適切な機会に3不合意の具体的な解釈を発表する形ででも主権を再確認する必要がある。
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/11/19/2017111902170.html

ムン・ジェインがどう言い訳しようが、事実は事実。
歴史は繰り返す。
だから、正しい歴史を知る必要がある。
が・・・韓国には、朝鮮人には無理。

清に屈服した仁祖のように、ムン・ジェインは降伏の礼を行わされ、三田渡の盟約を締結させられる羽目になる。

【毎年恒例鳥インフルエンザ・・・平昌オリンピックは自宅で】

【高敞(コチャン)の鴨農家AI確診・・・オリンピック控え『非常』】
2017.11.19 23:05 KOREA TIMES

昨年の史上最大の被害類型と同一
20日首相主宰の緊急対策会議
1ヶ月で清浄国の地位喪失


 全北(チョンブク)高敞(コチャン)郡で、高病原性鳥インフルエンザ(AI)が発生した。今冬国内のAI発生例は今回が初めてである。

 渡り鳥の大規模な移動が始まる時期が重なり大規模な拡散が懸念される。

 19日、農林畜産食品部によると、昨日、高敞(コチャン)郡興徳面(フンドクミョン)の鴨農家で検出されたAIウイルスは、感染速度が非常に早いH5N6型で、昨年全国に拡大し、史上最大の被害を出したものと同じ類型である。該当ウイルスは、特に鶏に致命的だと知らされている。

 最近、渡り鳥の糞便などからAIウイルスが検出された事はあるが、農家が飼育する家禽類からウイルスが検出されるのは今冬初である。以前、野生の鳥から検出されたウイルスは全て低病原性と確認された。

 確診の結果、高病原性AIと確認され、政府はAI危機警報を『注意』→最高段階の『深刻』に修正し、20日0時~48時間、全国の農場・家禽類屠殺場に、家禽類、関連者、車、物品の移動を禁止する事にした。移動禁止に反した場合、1年以下の懲役、1,000万ウォン以下の罰金となる。

 当局は更に、問題の農家の鴨12,300羽を全て殺処分し、該当農家でウイルスが検出された経緯を糾明する為、疫学調査に着手した。

 イ・ナギョン国務総理は同日、中央事故収拾本部の設置など、必要な対策を迅速に施行し、関係部署や地方自治体と緊密に協力し、確実な防疫体制を整え対応するよう指示した。更に、20日午前9時、関係部署・地方自治体が参加する総理主宰の緊急対策会議を招集した。

 AIウイルスが検出された問題の農家は、有名な渡り鳥の飛来地である東林(ドンニム)貯水池に隣接している。東林(ドンニム)貯水池は、トモエガモやマガモなど20数万羽の渡り鳥の越冬地で、この地域でAIが発生すれば渡り鳥の移動ルートに沿ってウイルスが拡散する可能性が高い。この農場の半径10km以内では46万羽の家禽類が飼育されている。

 15日、群山(クンサン)市羅浦面(ナポミョン)金剛付近の十字原野で採取した野生の鳥類の糞便5点の内、2点からもH5型AIウイルスが検出され、非常事態に陥っている。群山(クンサン)市は十字原野の半径10km以内に防疫帯を設定し、家禽農家に移動制限を命じた。防疫地域内の家禽類飼育農家についても臨床検査を実施する方針である。

 今年7月から4ヶ月でAIが再発生し、韓国は先月13日回復した『清浄国』の地位を、僅か1ヶ月で再び失った。AIは、2003年の初発生後、2014年以降、毎年季節に関係無く、恒例行事のように発生している。2011年~今年まで、AIで殺処分された家禽類は7,146万羽に達する。

 一方、中国で流行しているAIウイルスの変種が世界的に拡散し、人-人に感染する可能性が懸念されている。ニューヨーク・タイムスなど外信は、中国のH7N9型ウイルスが更に変異し、複数の地域で感染が拡大するパンデミックを懸念している。H7N9型ウイルスは2013年以降、約1,600人の感染例が発生し、内40%に当る約600人が死亡した事が分かった。特に、このウイルスは、すでに哺乳類(イタチ科の動物フェレット)間で感染可能と確認され、ヒトへの感染の可能性も高まっている。
http://www.hankookilbo.com/v/186e2454e18d4c6d9405a32531d5b7d3

毎年恒例の鳥インフルエンザが、またまた発生。
移動制限は無意味で、確実に感染は拡大するに決まってる。
年間通して鳥インフルエンザが発生している所を見ると、狂牛病と同じように土着していると思われる。

で、韓国の場合、発生~収束までに半年近くかかるから平昌オリンピックまでに収束する事は絶対に無い。
ムン・ジェイン政権がオリンピック前に、嘘の収束宣言を発表する可能性はあっても・・・。
日本に持ち込まないようにするには韓国に行かない事、韓国の旅行者を牧場や養鶏場に近付かせない事。

そんな訳で平昌オリンピックは自宅観戦がオススメ。(笑)

【韓国政府は被害者の名誉を回復し、謝罪と賠償を!!】

【タイ人女性20人強制売春させた韓国人男性逮捕】
2017.08.19 20:00 NEWSIS

 タイ人女性20人を韓国で強制売春させた韓国人キム容疑者(39)がバンコクで逮捕された。

 19日、タイメディア バンコクポストなどは、タイ法務部傘下の特別調査局(DSI)は、前日の記者会見でタイ人女性20人の人身売買容疑でキム容疑者を逮捕したと発表したと報じた。

 警察は、17日バンコクの某MSでキム容疑者を逮捕したと発表した。

 DSIは18日、キム容疑者の拘禁期間の延長を裁判所に要請した事が分かった。

 今回の捜査は、タイの女性人権団体の要請で、タイの特殊捜査チームと韓国の警察の協力で行われた事が分かった。

 DSIによると、人身売買組織に属するキム容疑者は、タイ人女性に韓国でマッサージ師の仕事を支援すると騙し韓国に連れて来た後売春を強要した。 キム容疑者ら構成組織の一党は、女性のパスポートを奪って監視し、脱出の試みを完全に遮断した事が分かった。

 被害者は韓国のマッサージ店で、コンドームを使用出来ない状態で売春を強要された事が明らかになった。

 この過程で、一部のタイ人女性の知人が、タイの韓国大使館に支援を要請していた。

 韓国・タイの共同捜査で、2月23日韓国警察は、該当組織の容疑者8人を逮捕し、韓国人女性数人を救出した。

 Suriya Singhakamol DSI副局長は、「キム氏はSNSなどでタイの女性を募集し韓国に送る募集役。彼と一党は、韓国国内の就職を紹介するとタイ人女性を騙した」と発表した。

 更に、「2~3年で約20人のタイ人女性が被害を受けた。被害者は殆ど25~40才の女性」と伝えた。
http://www.newsis.com/view/?id=NISX20170819_0000071932&cid=10101


【『韓国のマッサージ店への就職は売春である。騙されるな』注意報】
2017.11.19 09:47 聯合ニュース

 就職を餌にタイの女性を誘い韓国に送った後売春を強要した連中が検挙され、タイの捜査当局が自国の女性に『韓国のマッサージ店への就職注意報』を発表した。

 19日、タイの日刊紙『ボイス・オブ・ザ・ネーション(The Voice of The Nation)』によると、法務部特別調査局(DSI)のプラシット・ウォンムオン局長は、「韓国で(外国人が)マッサージ師として働く事は違法である。タイの女性は、SNSを利用し、罪のない人を誘い出す犯罪者がいる事を知るべき」と話した。

 プラシット局長は更に、「このような過程を経て韓国に渡った女性は、パスポートを奪われ、犯罪組織に24時間監視されるコトンある。その為、タイの女性は、韓国国内での就職を餌にするSNSのメッセージに注意する必要がある」と付け加えた。

 DSIの今回の警告は、最近就職などを餌に、現地女性を募集し、韓国に送った後売春させる例が絶えない事に従ったものである。

 17日、韓国人とタイ国人が関与した人身売買組織の現地募集担当者の現地人女性が逮捕された。

 この女性は8月タイで検挙された韓国人キム某(39)容疑者と共に、韓国のマッサージ店への就職を保障すると現地女性を騙し、これらに売春させた容疑を持たれている。

 これらは、FBなどSNSで、韓国のタイ式マッサージ店への就職斡旋・整形観光斡旋などのメッセージを投稿し、接触して来た女性を韓国に送っていた事が分かった。

 しかし、これらに騙され韓国に渡った女性は、監禁状態で売春を強要され、タイの家族や親戚に救出を要請した。

 駐タイ韓国大使館、タイ警察、韓国警察当局の協力で両国で捜査が行われ、これまで8人の韓国人が検挙された。
http://v.media.daum.net/v/20171119094702963?rcmd=rn

タイに限った事で無く、世界中で同じ事が行われている。
就職斡旋ブローカー=組織暴力団なんだから。

韓国政府は、被害女性の名誉を回復し、謝罪と賠償をすべき!!

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック