FC2ブログ

かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【安物買いの銭失い】

【発熱するサムスンTV『国内でも不良呼び掛け
・・・保証期間過ぎた為、有償修理』】

2018.08.16 22:15 KBS

[アナウンサー]
 アメリカでサムスン電子の一部のスマートTVのLEDパネルが過熱で焼けたり溶ける現象が発生し、集団訴訟が提起されたと言う便りを以前お伝えしました。

 国内でも、数年前から同様の症状が相次いでいました。

 しかし、LEDパネルの過熱による故障について、保証期間に関係無く無償交換するアメリカと我が国は違います。

 オ・ヒョンテ記者の報道です。

[レポート]
 サムスン電子の2015年製の65インチスマートTVです。

 2ヶ月前、突然画面の両端が真っ黒に変わり、触れる事が出来ないほど熱くなりました。

 温度を測ってみると、正常な部分は30度ですが、真っ黒な部分は60度に上がります。

 すぐに修理を依頼しましたが、サムスンは保証期間が過ぎている為、パネルの交換は65万ウォンかかると言いました。

[ファン・グムラン/京畿道(キョンギド)華城(ファソン)市]
 「これは不良だから当然無償で交換されると思いました。本当に。しかし、違うと言うので呆れました」

 2015年末に購入したこの50インチスマートTVも、5月突然映らなくなりました。

 LEDパネルがパチパチして突然消える症状を3度繰り返しました。

 無償修理期間の2年が過ぎたと言い、30万ウォンを支払い修理をする他ありませんでした。

[キム・トクキュン/釜山(プサン)広域市金井区(クムジョング)]
 「メーカーに再度確認しました。アメリカではLEDパネルに問題が生じた製品は、今も無償交替をするのに、なぜ韓国の消費者にはしないのか?と聞くと、国内の規定だから仕方が無いと言われました」

 最近2|3年間、SNSなどには同様の症状を訴える消費者の投稿が絶えません。

 これについてサムスン電子は、TVの修理政策は各国の消費者保護法に従っていて、過熱現状の原因により無償サービスを提供していると説明しました。

 KBS ニュース オ・ヒョンテでした。
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=056&aid=0010610558&date=20180816&type=2&rankingSeq=7&rankingSectionId=101

爆発するスマホに、溶けるTV。
安かろう悪かろう、安物買いの銭失いの典型例。(笑)

リンク先に動画があるので見てね?
スポンサーサイト

【言い訳は通用しない】

【慶南(キョンナム)銀行、
北朝鮮産銑鉄輸入会社に信用状・・・アメリカの制裁の有無に触覚】

2018.08.17 00:08 中央日報朝鮮語版

銀行『ロシア産と知って発行、関税庁も無嫌疑と結論』

 北漢山(プッカンサン)産の銑鉄の密輸過程で信用状を発行した銀行が慶南(キョンナム)銀行だった事が分かり、アメリカの制裁の有無が注目されている。正しい未来の党のユ・スンミン議員は15日、「昨年8月7日、馬山(マサン)港に2,010t規模の北漢山(プッカンサン)産の銑鉄を輸入した業者に信用状を開設した銀行は慶南(キョンナム)銀行である事が確認された」と発表した。ユ議員は、「慶南(キョンナム)銀行は昨年8月7日、『シングァン5号』で71万ドル規模の銑鉄を輸入した業者に信用状を渡したが、これは関税庁が北漢山(プッカンサン)産の銑鉄の密輸例として言及した例と、内訳の詳細が正確に一致する」と伝えた。慶南(キョンナム)銀行も、「ロシア産の銑鉄と知り、正当な手続きによって信用状を発行した」とし、ユ議員の主張は正しいと認めた。

 これに伴い、金融圏は、該当銀行がアメリカの制裁、正確には『セカンダリー・ボイコット(secondary boycott・2次制裁)』の対象になる可能性を懸念している。セカンダリー・ボイコットは、制裁対象国と取引する第3国の政府、企業、金融機関、個人を制裁する行為を言う。主な制裁形態は取引、購入禁止である。銀行がセカンダリー・ボイコットの対象になれば、アメリカは勿論、他国と取引出来なくなり、大変苦労する可能性がある。

 2005年、北朝鮮の資金洗浄(マネーロンダリング)に関与した事を理由にセカンダリー・ボイコットの対象になったマカオのバンコ・デルタ・アジア(BDA)銀行は、アメリカを始めとする国際社会と取引出来なくなり結局破産した。今年初め、北朝鮮連携企業のマネーロンダリングを支援した疑惑で制裁されたラトビアのABLV銀行も同様の道を歩いている。

 アメリカ国内では、今回の例も制裁対象になるとも言われている。北朝鮮経済専門家でジョージタウン大学のウィリアム・ブラウン教授は15日、ヴォイス・オブ・アメリカ(VOA)のインタビューで、「韓国の銀行が北漢山(プッカンサン)産の石炭代金の決済の為に信用状を開設し、特定口座を通じドルを送金した場合、アメリカ政府は該当銀行を制裁出来る」と主張した。

 しかし、慶南(キョンナム)銀行の行為を制裁対象と判断する事は無理だと言う分析も侮れない。BDAやABLVが故意に、継続的に北朝鮮関連の資金洗浄(マネーロンダリング)に関与した一方、慶南(キョンナム)銀行は、『騙された』面が大きいからである。慶南(キョンナム)銀行のイ・ソンチョル広報部長は、「書類を見て判断するのが銀行で、信用状に記載された物品を確認する事はない。関税庁も同じ理由で疑惑は無いと結論を出した」と話した。

 匿名を要求した金融当局関係者は、「銀行は書類を見て信用状取引をする為、輸出企業が契約内容と異なる物品、極端な話ゴミを送ったとしても責任は無い。これは国際的に通用する『信用状抽象の原則』で、アメリカも問題にする事は難しいだろう。しかし、制裁の有無を決めるのはアメリカの為、我々の立場では事態の展開を見守る他無い状況」と話した。
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=025&aid=0002843312

アメリカは、韓国政府や銀行を信用していないから言い訳は通用しない。
読みが甘い朝鮮人の予想は当たらない上、相手はトランプだから予測不可能。(笑)

実際制裁対象になるか?否か?は別として、韓国は噂社会の為、『制裁の対象になるかも知れない』と噂されるだけで取り付け騒ぎが発生する可能性は十分ある。
そうなれば、慶南(キョンナム)銀行程度の銀行は数日で倒産するだろうな?(笑)

【おとといきやがれ!!】

【韓国・日本漁業交渉3年間難航・・・漁業共同委員会の開催未知数】
2018.08.16 14:45 京郷新聞

韓日漁業交渉が3年間難航しているが、次の交渉がいつ行われるのか分からない状況が続いている。

 海洋水産部は今年7月~2019年6月まで適用される韓日漁業交渉妥結の為、4月~日本と何度も協議を進めて来たが、両国の異見が狭まらないと16日発表した。これに伴い、8月初め開催予定だった韓日本漁業共同委員会は中止された。これまで、韓日両国は、課長級・局長級・室長級・次官級など各級協議を6回行って来たが協議点は見付けられなかった。

 韓日両国は、韓日漁業協定により、毎年相手国の排他的経済水域(EEZ)で魚を獲って来たが、2016年6月以降交渉が難航し、3年間相手国のEEZで操業出来なくなっている。

 現在行われている韓日交渉の主な争点は2つである。1つは我が国のタチウオ漁船の日本のEEZ内の入漁規模についてである。2015年の漁期交渉当時、韓日は、2019年まで我が国のはえ縄漁船を40隻減らし、日本は羨望漁船(30隻)とまき網漁船(10隻)計40隻減らす事で合意した。しかし、日本は毎年発生する我が国のはえ縄漁船の違法漁業問題を提起し、入漁規模の更なる縮小を要求している。

 もう1つは東海中間水域のズワイガニの漁場で、両国の交互利用に関する事である。以前、両国の漁業者は、東海中間水域でズワイガニ漁の為、自律的に一定の水域と期間に合意し、漁場を交互利用(2001~2011年)して来たが、日本の漁業者が交互操業水域・期間の大幅な拡大を要求し、2012年以降交互操業が中止された。

 一方、我が国は、日本のEEZで年間18,000t(約720億ウォン相当)規模を操業し、日本は我が国の水域でサバなどを年間7000t程度獲ると知られている。

 韓日漁業交渉は、両国の局長級小委員会で、入漁規模や操業条件を交渉後、合意すれば漁業共同委員会を行い採択する方式である。漁業共同委員会が行われると言う事は、両国の交渉が妥結したと言う意味だが、これまで開かれないだけで無く、今後の日程も決まっていない。ムン・ジェイン大統領が日本の外務大臣に面会した席で漁業交渉に言及し、イ・ナギョン国務総理も自民党の幹事長などに会って韓日漁業交渉の早期妥結を伝えたが、両国の異見は狭まっていない。

 海水部関係者は、「2018年の漁期の入漁交渉を継続推進する為、日本の交渉参加を促している。早急な交渉妥結の為、最善を尽くす」と話した。
https://news.v.daum.net/v/20180816144232810

永遠に放置でOK。

日本の漁船が獲ったタチウオを高値で輸出してやるから買ってね?
放射能で汚染されてるけどケンチャナ?(笑)

【諦めろ!!】

【新興国の為替レート不安に溜息吐く現代自動車】
2018.08.16 11:27 アジア経済

生産拠点の為替リスク負担拡大・・・ヨーロッパ市場、価格競争力弱まる

 トルコなど新興国の経済不安が拡大し、現代自動車が非常事態に陥っている。そうで無くともアメリカ・中国市場が回復せず、内需も不振な状態で、販売の40%を占める新興市場まで悪化する可能性があるからである。

 16日、現代自動車の半期報告書によると、今年上半期、現代自動車の生産に占める新興国の割合は56%で、中国を含む新興市場の販売割合も56%に達する。

 最近、トルコリラの暴落で金融市場が揺れ動き、現代自動車の実績への懸念が頭を擡げている。現代自動車は、今年上半期トルコのイズミート工場の生産台数は107,400台で100%を越える稼動率を記録し、生産物量の90%以上はヨーロッパなどに輸出される為、トルコリラの急落に伴い内需市場の販売鈍化による実績ダメージは大きく無いと説明する。

 しかし、問題はリラが下落し、トルコ工場が自動車部品を輸入するドル決済単価が高くなる可能性がある点である。製造原価が高まればヨーロッパ市場で販売される現代自動車の価格競争力は弱まる。

 また、トルコで始まった不安が新興国の通貨に拡散すれば、現代自動車の負担は更に大きくなると見られている。14日、USドル:トルコリラは、年初比約60%下落し、インドルピアも年初比11%、ブラジルレアルも約21%下落した。

 上半期、現代自動車の販売に占めるブラジル、ロシアなど新興国の割合は40%水準である。ここに中国を新興国に含めると販売割合は56%である。

 現代自動車グループ3社(現代、起亜、現代モービス)の株価も、新興国の為替レートと緊密な相関関係を示し動いている。過去には、現代自動車の実績に、ウォン/円相場が何より重要な変数だった。海外市場で日本の完成車メーカーと価格競争力で優位に立つには、日本円よりウォンが安くてこそ有利な局面だったからである。

 しかし、2005年以降、海外工場の増設が拡大し、新興国通貨の流れが現代自動車の実績に何より重要な変数になった。特に、現代自動車は今年第2四半期、アメリカ市場の不振による実績減少を今後成長する新興市場が埋めると期待した。しかし、トルコに触発された新興国の通貨安が続けば、このようなシナリオが実現される可能性は低いと思われる。

 サムスン証券のイム・ウンギョン研究員は、「新興市場の販売と為替相場の実績への影響が遥かに拡大し、ドル高・ウォン安の肯定的効果以上に、新興市場の為替相場の否定的影響が更に大きく現れている」と分析した。
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=277&aid=0004296398

現代自動車の予想が当たった事は無い。
四半期の実績を発表する度に、「次頑張る」と言い始めて早2年。
聞き飽きた。(笑)
新車を発売した所で効果は無く、米中市場の不振をカバー出来るほど、その他の新興市場も好調じゃない。

企業実績は2位→7位に・・・。
諦めた方が楽になると思うの。(笑)

【反日だけで乗り切れるか?】

【産業1世代都市の涙・・・中企稼動率50%に満たず】
2018.08.15 22:52 朝鮮日報朝鮮語版

亀尾(クミ)、昌原(チャンウォン)、蔚山(ウルサン)
産業団地の先端化に失敗・・・企業流出、地域経済にダメージ


 10日、慶北(キョンブク)亀尾(クミ)第1国家産業団地。道路の周辺の工場の外壁、裏道の電信柱には、『売物件、賃貸、売買』と書かれた垂れ幕とステッカーが貼られていた。亀尾(クミ)公団で約20年働くキム某(49)氏は、「2~3年の間に何度も経営者が変わった工場が多い。工場は売れず、土地売買目的の不動産業者だけが集まって来る」と話した。

 1973年稼働を開始した亀尾(クミ)産業団地は、サムスン電子・LG電子などが入居し、『電子産業のメッカ』と呼ばれ、1977年LG電子初のカラーTVを製造したのも亀尾(クミ)産業団地だった。しかし、2003年LG電子ディスプレイ、2010年サムスン電子の携帯電話の生産ラインが首都圏と海外に移転し、活気は折れ始めた。生産実績は2011年の61兆7,934億ウォン→2015年30兆4,318億ウォンに4年で半減した。

 亀尾(クミ)、昌原(チャンウォン)、蔚山(ウルサン)など製造産業団地が枯れている。全南(チョンナム)、麗水(ヨス)、ソウル九老(クロ)と共に『第1世代産業団地』と呼ばれ、我が国の産業化を牽引して来た場所である。装備産業である石油化学の麗水(ヨス)、IT業種への変身に成功した九老(クロ)とは異なり、電子・機械・造船中心の亀尾(クミ)、昌原(チャンウォン)、蔚山(ウルサン)は先端化に失敗した。

 1世代製造産業団地の衰退速度は早くならざる得ない。機械中心の昌原(チャンウォン)は、中国需要で2010年代初めまで活気を示した。しかし、巨済(コジェ)の造船業の没落などが重なり不況を迎えた。中小企業の工場の稼動率は、2015年の76.6%→最近69.7%に低下した。好況期に建設されたMSは、現在空家として残っている。昌原(チャンウォン)の売残りMSは6,874世帯で、全国で最高水準である。同期間、亀尾(クミ)産業団地の中小企業の工場の稼動率は77.8%→43.6%に低下した。慶北(キョンブク)大学のイ・ジャンウ教授は、「大企業が流出し、産業団地の解体が加速し、最終的に人口流出などで、都市が空洞化する可能性がある」と話した。

 14日、慶南(キョンナム)昌原(チャンウォン)大園洞(テウォンドン)国家産業団地。某中小企業の工場の前の警備室の窓枠に白いホコリが見えた。工場の中の自販機の電源は消えていた。この企業は昨年不渡りを出し、工場の建物と土地は競売に移った。鑑定評価価格は48億ウォンを越えたが、2度不調に終わり、7月31億ウォンで落札された。この地域の公認仲介士は、「私が担当する工場の売物件は20件余りだが購入希望者は珍しい」と話した。

大企業の離脱と同時に下り坂

 大企業D社は3年前、昌原(チャンウォン)産業団地の工場の土地を2,000億ウォンで売りに出した。昌原(チャンウォン)に2ヶ所、ベトナムに1ヶ所生産工場を持ち、プラント、機械、装備を製造している。会社関係者は、「昌原(チャンウォン)工場を売却する事にしたが、景気が悪く売れない」と話した。2~3年前、1坪=600万ウォンだった昌原(チャンウォン)産業団地の地価は、最近400万ウォンを下回る。昌原(チャンウォン)新村洞(シンチョンドン)の金属加工メーカーのイ某(52)代表は、「大企業が1つが出て行けば、協力会社数十社が揺れる」と話した。昌原(チャンウォン)商工会議所のユン・ジョンス本部長は、「移転余力がある大企業が、安価な労働力と場所を見付け先に離れる。そこに移転出来ない協力企業が枯死し、団地が徐々に解体される危機」と話した。

 亀尾(クミ)は、大企業の移転の苦しみをすでに味わっている。亀尾(クミ)は6月、サムスン電子がネットワーク事業部の水原(スウォン)移転を発表し、非常事態に陥った。LGは2003年、亀尾(クミ)のディスプレイ工場を閉鎖し、7世代LCD(液晶画面)生産ラインを坡州(パジュ)に作った。仁川(インチョン)空港・港湾を通じ、輸出に有利との理由からである。2010年サムスン電子は、スマートフォンの生産ラインを亀尾(クミ)からベトナムに移した。

 韓国産業団地公団によると、今年(1~5月)の亀尾(クミ)産業団地の生産は16兆4,310億ウォンで、2012年の同期間(30兆9,919億ウォン)の半分水準である。労働者は2015年末の約102,000人→現在約95,000人に減少している。2年半で約7,000人流出している。

空の商店街・・・人も流出

 産業団地の不況は、周辺地域の経済を危険に晒している。10日午後、亀尾(クミ)国家産業第3団地の背後商業・住宅地域の仁同洞大通り。サムスン電子第2事業所の裏と仁同洞の商圏を繋ぐ『サムスン陸橋』前の地上9階建てのビルは、1階と3階の店舗が空いていた。すぐ近くでは、2階がまるごと空いているビルもあった。権利金無しの商店街の物件がたまっている。現在、亀尾(クミ)産業団地商店街の空室率は38.6%で、全国平均(10.7%)の4倍近い。

 造船・自動車中心の蔚山(ウルサン)産業団地の状況も変わらない。15日夕方、蔚山(ウルサン)三山洞(サムサンドン)では、『賃貸』表示が貼られたビルが難なく見付かった。完成後1年過ぎた4階建ての新築物件の1~3階は空だった。

 景気悪化は人口流出に繋がっている。蔚山(ウルサン)市の人口は、2015年の1,200,640人→先月1,179,411人に減少し、31ヶ月連続減少している。

 雇用構造の図が変わっている。昌原(チャンウォン)では、製造業労働者は減少し、サービス業労働者が増加傾向である。2015年第1四半期117,524人だった製造業労働者数は、4年で110,883人に減少している。製造業の雇用が約7,000件減少したのである。一方、サービス業従事者は同期間111,243人→121,222人に増えた。昌原(チャンウォン)市関係者は、「製造業者から押し出された労働者が自営業に飛び込んでいる」と話した。
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=023&aid=0003393030

製造業の衰退は、大量失業を招く。
働く場所が減少する状況で、所得主導の成長なんて絵に描いた餅に過ぎない。

悪質な外資叩きに嫌気がさし、外資は続々撤退し、傍若無人な貴族労組に嫌気がさし自国企業は海外移転。
腐敗した政権と癒着する事でしか成功出来ない韓国企業が成功出来る国は限られているけど、安価な労働力を確保出来る途上国の政府の大半は腐敗しているから取り敢えず問題無い。
マレーシアのように政権交代で、前政権と関連する企業や団体が処罰される可能性はあるかも知れないけど・・・。(笑)

更に、寝言としか思えない南北協力に日米は参加しないし、日米との通貨スワップも絶望的。
危険水位を超えた元の威力やいかに?

支持率低下、側近の逮捕など、急変する状況に慌てたムン・ジェインは、最後の切り札『反日カード』だけで、この苦境を乗り切る事が出来るのか?
無理だと思うけど、せいぜい頑張れ。(笑)

【現代・タタ商用車工場の稼動率50%崩壊・・・『このまま行けば閉鎖』】
2018.08:15 デジタルタイムス

 「このまま行けば工場を閉鎖せざる得ません」

 商用車業者の某職員は、国産商用車業界が深刻な危機に陥っていると伝えた。建設景気の悪化で市場が縮小している上、輸入車の割引攻勢と言う二重苦に苦しんでいる。

 商用車市場の危機である。国内外の販売不振が長期化する中、輸入車の蚕食現象が深刻化している。輸出の道も詰まった。新興市場ですら現地メーカーに押し出され、需要が急減した。乗用車に押され関心度は低いが、国内の商用車の墜落は深刻な水準である。

 今年に入り、国内商用車の代表メーカーである現代自動車とタタ大宇商用車工場の稼動率は50%以下に墜落した。多数の協力会社も危機に陥っている。一方、輸入商用車業界は、攻撃的な割引政策で毎年20%台の成長率を示し、常勝疾走している。

 15日、国内車両データ調査機関Car is youデータ研究所によると、今年1月~7月まで、国内の商用車販売は31,456台(1t級・小型は除く)である。内、国産車は25,916台(82%)、輸入車は5,540台(18%)と集計された。商用車の市場規模が数年間変わらない中、輸入車の販売は3年連続20%以上成長している。

 現代は先月、商用車の生産拠点全州(チョンジュ)工場の生産職47人を起亜光州(クァンジュ)工場に配置転換した。全州(チョンジュ)工場の危機を端的に示す例である。現代の生産職を起亜に配置するのは今回が初めてである。異例の配置転換は、販売不振と稼動率低下の影響である。今後、追加配置転換の可能性も排除出来ない。

 年間10万台の生産規模を備えた全州(チョンジュ)工場の生産量は、2014年の69,577台→昨年57,830台に減少し、今年の工場の稼動率は50%を下回っている。在庫問題も深刻である。工場の空スペースが不足し、協力会社の駐車場を借りて生産車を止めている。

 タタ大宇の事情も変わらない。群山(クンサン)工場の生産職約1,000人は、先月末の1週間の夏季休暇後、職務別に今月2~3週間延長休暇に入った。販売減で工場を稼働出来ないからである。今年稼動率は50%を越える事が出来なかった。

 群山(クンサン)工場周辺の野積場には、約2,000台の在庫が積まれている。新車価格で換算すれば1,600億ウォン以上である。経営悪化で来年発売予定だった中小型トラック、バス事業の計画も撤回した。韓国GM群山(クンサン)工場の閉鎖で悪化した群山(クンサン)地域の経済も冷え込み、協力会社は物量が無く、経営悪化に苦しんでいる。

 輸入商用車は攻撃的なプロモーションで高速成長を謳歌している。国産車より新車価格は20~30%高いが、特典を適用すれば大差無い。一部のメーカーは、1億ウォン以上の大型トラックを購入すれば最大3,000万ウォン相当給油権を提供すると伝えられた。

 輸入車業界の販促強化に国産車業界は対応出来ない。業界は、突破口を用意出来なければ稼動率の低下で閉鎖された韓国GM群山(クンサン)工場のように、最悪の状況になる可能性があると懸念している。

 商用車業界関係者は、「商用車は乗用車以上に販売価格に敏感に反応する市場。国産メーカーは、輸入車との競争で数年間車両価格に物価上昇分さえ反映出来ない状況」と話した。

 この関係者は、「グローバル競争で国産商用車が生存するには、研究開発と投資を通じ製品力を強化する必要があるが、販売不振と収益性悪化で、新車の開発を加速出来ない」と話した。
http://www.etnews.com/20180814000471?mc=ns_001_00001

安かろう悪かろうの認識が定着し、新興国でも売れなくなったと言うだけの事。
で?って感じ。(笑)

ご案内

プロフィール

nanakotedy

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新トラックバック