かつての日本は美しかった

日本人の為の日本、かつての美しかった日本を取り戻さなければなりません。

Entries

【韓国不要論】

【北核は中国と歴史は日本と話すアメリカ・・・『痛恨の』国政空白】
2017.03.26 16:21 フィナンシャルタイムス

 目の前に近付く北朝鮮のミサイル挑発問題で、最近アメリカ国務部の新長官と韓・中・日担当の副次官補が連鎖的に我が国を訪問した。広報は大層なものだったが苦々しい事が残った。

 レックス・ティラーソン国務長官は、日本・中国に適用した『礼儀』を我が国には適用せず、ジョセフ・ユン国務部対北朝鮮政策特別代表が我が国の大統領選挙候補に相次いで会った事について解釈は交錯した。

 表向きは違うと言いつつ政府関係者の大半は、国政空白が原因である事には共感している。『残り40日の政府』と対話する必要があるかと言う意識である。これは、我が国の周辺で形成されている外交地形からも推察可能である。

 アメリカは、朝鮮半島問題を中国と相談している。北朝鮮問題は、米中対話のテーブルで『1/N』として扱われる。我が国が入る隙間は制限される。更に、同盟の深さは、遥かに日本と深くなっている。その結果、慰安婦合意などの歴史認識さえ、日本に耳を傾けている。

 我が国の新政権は業務引継ぎ委員会無しで政権を委譲される為、政策の立案・履行まで一定の『空白』が予告されている 拙速な外交政策が登場しやすい環境にあると言う意味である。元外交・安保首長は、「遅れても正しい政策を悩む必要がある」と助言した。

北核は中国と歴史は日本と話すアメリカ
 先週、我が国を訪れたユン特別代表は、アン・ヒジョン忠南知事とユ・スンミン議員など、大統領候補に会った事が1週間話題になった。『格に合うか』を巡ってである。特に、会談の主な案件がTHAADだった事が分かり、THAAD配備を次期政権の執権前に終える事で釘を刺したと解釈された。

 アメリカのこのような歩みが高圧的と見られるのは、中国との対話の気流と差があるからである。ティラーソン長官やユン代表は、中国には「大国として、国連安保理の対北朝鮮制裁決議を忠実に履行して貰いたい」としただけで、公式にTHAADに言及する事はなかった。

 中国は北核問題を米-朝問題と規定している。ドナルド・トランプ大統領と習近平国家主席は来月首脳会談で北朝鮮問題を議論する。この過程で、我が国の席は見付け難い。

 米日の蜜月も更に深化している。トランプ大統領は、北朝鮮ミサイルに関連するインタビューの中で、「数年前、対応が取られているべき問題で、非常に危険な状況。日本に極めて不公正である」とし、日本だけを取り上げた。ティラーソン長官の東北アジア訪問の時も、最初に日本を訪れ、外相会談、共同記者会見、安倍晋三総理との面会、ワーキングディナーなどの日程を『慣例通り』消化し、日本を最も重要な同盟国とし、その理由を『親切』と説明した。

 日本がトランプの耳を先行獲得した効果で、外交的修辞以上に直説話法を好むトランプ政権の色が合致したのである。

 その間、我が国の安保環境は悪化している。昨年、弾道ミサイル試験24回と、核実験を2回行ったキム・ジョンウン政権は、今年に入りミサイルを6発発射している。その過程で、潜水艦発射ミサイル(SLBM)、固形燃料ミサイル、軌道型移動発射台は、韓国軍が準備して来たキルチェーンの防衛領域を越えている。最近では、アメリカ本土を攻撃出来る移動式大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実験の兆候が、様々な所で捉えられている。

『戦作権持たなければ』
 24日、統一未来フォーラムが開催したセミナー『朝鮮半島の未来』では、元外交・統一長官3人の嘆きが溢れ出た。THAADで悪化した韓中関係、慰安婦の葛藤に包まれた韓日関係、開城(ケソン)工業団地の中断など対北朝鮮問題である。これらは、「米・中のどちらか一方を選択しろと強要されない環境を作る事が最も上手い外交」とし、腹案を具体的に提示した。

 チョン・セヒョン元統一部長官とソン・ミンスン元外交通商部長官は、「アメリカから実質的な『ニンジン』を貰って中国に提示し、北朝鮮を説得する事が我が国が中心を持つ唯一の方法」と説明した。アメリカ-中国-北朝鮮の対話経路で、中枢的な役割を果たす事が出来ると言う事である。元長官は更に、次期大統領が誰であろうが、「政策を季節企画商品の発売のように発表する事はやめる必要がある」と力説した。

 同日、ユン・ドクミン国立外交員長は、『スマートネットワーク外交』と言うタイトルの報告書で、「人を攻撃せず、我々も攻撃されない『針鼠』になる必要があるとし、最優先すべきは戦時作戦統制権を持つ事」と強調した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?oid=014&sid1=100&aid=0003793822&mid=shm&mode=LSD&nh=20170326164817

米中が直接対話し、北朝鮮とアメリカの会談が実現すれば、韓国は不要になる。
アメリカは、核放棄を条件に北朝鮮を国として認め、平和条約を締結し、米軍を撤退させる=米韓同盟破棄。
日本は拉致被害者の返還を条件に経済支援し、中国はそれらを裏で支える。
米中のシナリオは、こんなところかと。

そして、韓国が最も恐れる韓国不要論が現実化する事になる。
スポンサーサイト

【全てが汚ない】

【レストランの使い捨てウェットティッシュに細菌『得失』
・・・致命的な緑膿菌も検出】

2017.03.23 06:15 聯合ニュース

90%が細菌汚染・・・有効期限・保管基準無し
福祉部『衛生用品管理法制定し、安全管理強化』遅い対応

 レストランの使い捨てウェットティッシュ(おしぼり)で手は勿論、顔を拭く人を度々見掛ける。しかし、使い捨てオシボリの使用には注意が必要と思われる。レストランの使い捨ておしぼりで致命的な感染を引き起こし、抗生物質が効かない『緑膿菌』や『黄色ブドウ球菌』が検出されるなど、細菌汚染が深刻な事が分かったからである。

 チョン・ムジョン済州漢拏(チェジュハルラ)大学臨床病理課教授は、昨年4~6月、済州道の大衆飲食店、コーヒー専門店、パン屋などの使い捨ておしぼり55枚を回収し、汚染度を評価した結果、50枚(90.9%)で細菌が検出されたと23日発表した。

 今回の研究結果は、昨年の大韓臨床検査科学会誌で発表された。

AKR20170322172400017_01_i_20170323061603868.jpg

 研究チームは、使い捨ておしぼりの汚染度を測定する為、ウェットティッシュの水分を滅菌カップに絞り出した後、35℃の培養器で18時間培養した。

 その結果、調査対象おしぼりから71の菌株を分離し、細菌数は1ml=平均4,140個検出された。細菌が培養できないウェットティッシュは5枚に過ぎなかった。更に、2枚のおしぼりは1ml=16,670の細菌が培養された。

 更に大きな問題は、おしぼりから分離した71の菌株の内、免疫力が低い人に感染する『機会感染菌』と呼ばれる黄色ブドウ球菌(15個)と緑膿菌(3個)が検出された点である。

 黄色ブドウ球菌は、100℃で30分間加熱しても破壊されない腸内毒素(エンテロトキシン)を作る。手に傷や炎症から感染するケースが多い。激しい吐き気・嘔吐・下痢・腹痛、衰弱感などが代表的な症状で、化膿性感染や敗血症を誘発する可能性がある。この菌は抗生物質も良く効かない。

 緑膿菌は、敗血症、全身感染、慢性気道感染症など、深刻な難治性疾患を引き起こし、死亡する可能性がある危険な細菌である。しかし、各種抗生剤に耐性を持ち、治療は容易で無い。実際、以前日本では、多剤耐性緑膿菌の感染者が相次いで死亡し、社会問題になった。

 チョン・ムサン教授は、「食堂で提供されるおしぼりは使い捨ての物だが、保管方法に関する基準が無く、製造日や使用期限が未表示の製品が『大半』で、数ヶ月~数年間保管し、使用する事で深刻な細菌汚染が懸念される状況」と指摘した。

AKR20170322172400017_02_i_20170323061603877.jpg

 しかし、レストランの使い捨ておしぼりは、有効期限や保管基準が無い状態で流通している。

 保健福祉部が衛生用品の規格・基準を含む告示を改正し、8月16日以降使い捨ておしぼりに殺菌剤や保存剤の成分表示を義務付けたが、おしぼりの有効期限や保管基準は含まれていない。

 これについて福祉部は、今後衛生用品管理法を別途制定し、使い捨ておしぼりの有効期限と保管基準を新設するとしている。

 福祉部は関係者は、「改正告示から有効期限と保管基準規定が無い為、再改正を決め、専門家の意見を集めている。現在推進中の衛生用品管理法が用意出来次第、新薬処と協議の上、使い捨ておしぼりの実態を調査し、安全管理を強化する」と話した。

 イム・ジョンハン仁荷(インハ)医科大学職業環境医学部教授は、「適切に管理されていないおしぼりは使わない方がいい。しかし、食事前の手洗いが必要になる為、有効な代案が無く、出来るだけ石鹸で手を洗うよう努力し、やむを得ずおしぼりを使う場合は、製造日と密閉状況を確認する事が望ましい」と助言した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?oid=001&sid1=102&aid=0009129115&mid=shm&mode=LSD&nh=20170323083253

私は、水が汚染されていて、日本の基準では飲用に使用出来ないと代物だと考えている。
よって、ほぼ全ての物が汚染されていると思っているから、別にどうと言う事も・・・。
そもそも手を洗う習慣が無い。

基準を作るだけで管理・監督はいい加減だし、基準を守ると言う概念そのものが欠落している。
韓国の基準は、海外に『あります』と宣伝する為のもので、あっても無意味。(笑)

被害者面してお騒ぎする癖に、加害者になると知らんぷり。
嘘吐いて逃げようとする。
恐ろしい国、恐ろしい民族だよね?
ちなみに、世界中のコリアタウンが同じだから。(笑)

で、韓国メディアの記者は、調べると言う事は無いの?
通信社の記者の知識が、このレベル。
こんな記事、不安を煽るだけで何の解決にもならないと思うわ。

【世界遺産登録申請撤回】

【漢陽都城(ハニャントソン)世界遺産登録申請撤回・・・『傑出した普遍的価値』不足】
2017.03.21 16:41

23719_14029_1526.jpg

 文化財庁が7月の世界遺産登録を目標に推進して来た『漢陽都城(ハニャントソン)』の登録申請を撤回したと21日発表した。

 文化財庁は、漢陽都城(ハニャントソン)の登録は困難と判断され、専門家と関係機関と協議し、登録申請の撤回を決めた。これは、ユネスコの諮問審査機構 国際記念物遺跡協議会(ICOMOS、以下イコモス)の漢陽都城(ハニャントソン)『登録不可』決定に伴う決定である。漢陽都城(ハニャントソン)は、イコモスの審査の最終段階 専門家のパネル審査で、真正性、完全性、保存管理計画では十分要件を満たしていると評価された。

 しかし、世界遺産の他の都市の城壁との比較研究で、漢陽都城(ハニャントソン)の優秀性を十分に示す事が出来ず、世界遺産の登録基準である『傑出した普遍的価値(OUV,Outstanding Universal Value)』を全体的に充足出来ていないと評価された。

 文化財庁は、「世界遺産登録の各国の競争が激化し、イコモスはパネル審査を強化するなど、審査が厳格化している。今後、登録申請書の作成にあたり、更に綿密で十分な研究・検討を経て、我が国の申請遺産の登録の可能性を高めらるよう、更に努力する」と発表した。

 文化財庁によると、漢陽都城(ハニャントソン)は、朝鮮太祖の漢陽遷都後の1396年、白岳山(ペガクサン)、仁王山(イヌァンサン)、南山(ナムサン)、駱山(ナッサン)の尾根に沿い18.6km規模で築造したもので、世界的に最長期間(1396〜1910、514年)都城の役割を果たした事が分かった。
http://www.areyou.co.kr/news/articleView.html?idxno=23719

ケンチャナヨ復元で、原型留めずの部分が多数ある。
それが、不可の最大の理由だと思うけど、そこに触れる記事は無い。(笑)

都城(とじょう)とは、歴史上の都市計画に関する用語。 中国を始源とする制度(都城制)に基づき建築された都市。 天子の居城(宮城)が北辺にあり、その南に宗廟及び官庁を設け(皇城)、その周辺市街地(京城)が形成され、各々防衛のため城郭(漢語本来の城)で周辺を囲んだ都市。

【産油国の夢・・・妄想に終わる】

【ひょっとして・・・空に散る産油国の夢】
2017.03.22 17:36 韓国日報

浦項(ポハン)廃鉄道敷地の天然ガス火はまもなく消える
地下水噴出周辺に水溜まり
消化後の事後処理が難題
浦項(ポハン)市、公園造成計画通り推進


3e0905dfaf72459abed86b3062ecfdb8_99_20170322173602.jpg

d41448728ede4c95bfc0552a02494153_99_20170322173602_2017032301123708d.jpg

 8日、地下水を掘削中、燃え上がった慶北(キョンブク)浦項(ポハン)市の廃鉄道敷地の『天然ガス田』は近く枯渇すると見られている。22日現在、2週間以上燃え続けているものの火は顕著に弱まり、地下水が混ざっている。浦項(ポハン)市は鎮火後、公園造成工事を再開するとしているが、ボーリング孔の閉鎖など事後対策が必要になると分析されている。

 浦項(ポハン)天然ガス火災は、発火から約1週間後の16日、火の大きさは半分に縮小し、掘削用パイプの隙間から水が噴き出ている。ガスの圧が弱まり、押し出された地下水がガスに混ざって噴き出し始めたと見られている。専門家は、今後1~2週間以内に鎮火すると見ている。

 浦項(ポハン)市も近く鎮火すると見て、韓国地質資源研究院に正式に公文書を送り、研究・調査を依頼した。研究員は23日現場を確認し、浦項(ポハン)市と鎮火後の処理計画を立てる方針である。

 韓国地質資源研究院石油ガスセンターのファン・インゴル責任研究員は、「ガスに混ざって水が噴き出している為、鎮火後の処理が重要である。地下200mまで掘削したボーリング孔を泥などでシッカリ塞ぐ閉塞工事を適切に行う必要があり、再発が防止出来る」と説明した。

 2週間以上燃え続け、周辺の工事が中断した事で、6月末までに700m区間4万㎡に優先的に公園を造成するとしていた浦項(ポハン)市の計画も延期せざる得なくなった。市は燃えている場所を除く地域から造園工事を始めるが、閉塞工事の為の現場調査などで6月末の完成は無理と分析されている。

 浦項(ポハン)市関係者は、「計画通りの完成よりも、安全の方が重要。韓国地質資源研究院に支援を受け、周辺の地質調査と同時に火災の原因になるボーリング孔をどのように塞ぐのか?対策を用意する計画」と話した。

 8日午後、浦項(ポハン)市南区大岑洞(テジャムドン)の廃鉄道の敷地の工事現場で、公園の造成に必要な地下水脈を探す為、地下200m以下に掘削中、天然ガスと推定されるガスが噴出し、火災が発生した。この事故で作業員のイ某氏(58)とオ某氏(58)の2人が顔などを火傷し、病院で治療を受けている。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=469&aid=0000193951

パク・チョンヒ時代に始まった『産油国の夢』を見るのは8度目らしいよ。
過去7回は、完全に失敗?幻想?妄想?に終わり、今回も妄想に終わった。
ホルホルから2週間でガックシ!
残念でした。(笑)

『どうせ、地下のガス管を傷付け、そこから漏れ出たガスに引火しただけじゃね?』と思って取り上げていなかった。

【中国を韓国に直してみた(笑)】

【サド反韓(反日)感情懸念』、44校、中国(韓国)行き修学旅行中止】
2017.03.22 14:00 聯合ニュース

教育部、新学期学生安全緊急点検会議…43ヶ所は場所変更検討中

 THAAD配備(慰安婦問題)による我が国と中国(韓国)の葛藤が激化し、『反韓(反日)感情』を懸念し、中国(韓国)行き修学旅行を中止する学校が続出している。

 教育部(文部科学省)は20日、全国17の市・道の教育庁(教育委員会)の統計を集計した結果、今年中国へ修学旅行を計画していた87校(小19行、中10行、高58高)の内44校が、修学旅行の行先を中国(韓国)以外に変更した事が分かったと22日発表した。

 教育部(文部科学省)は同日、イ・ジュンシク社会副総理兼教育部長官主宰で新学期緊急安全点検会議を行い、このような内容を含む学校安全事故予防対策を協議した。

 まず、修学旅行の安全対策として、昨年12月各校に案内した『修学旅行など現場体験学習運営マニュアル』により、特別な目的がある場合を除き、国外の修学旅行を可能な限り自制するとしている。

 『国外の修学旅行の自制』は、毎年教育部(文部科学省)が勧告する指針だが、今年は特に、THAAD問題(慰安婦問題)で中国(韓国)の反韓(反日)感情が高まり、韓国(日本)行き団体観光が中止されるなど、葛藤増幅を懸念し、中国(韓国)行きの自制を勧告すると伝えられている。

 教育部(文部科学省)関係者は、「ともすれば対外関係問題に発展する可能性があり、政府は「中国(韓国)に行くな」と学校に要求する事は出来ない。しかし、生徒の安全が最優先の為、安全問題が懸念される場合、可能な限り国内に変更するよう伝える事は出来る」と話した。

 これに伴い、当初中国(韓国)行き修学旅行を計画した87校の内44校は、目的地を日本(台湾)など他の国や国内旅行に変更した。

 残りの43校の内35校は、国内への変更を検討し、5校は修学旅行が3~4月中旬に迫る状態で、違約金などを理由に計画通り中国(韓国)行きを推進していると教育部は発表した。

 同日の会議では、最近相次ぐ大学の新入生のオリエンテーション(OT)事故、仁川(インチョン)の学校プールの天井崩壊事故の後続対策、学校給食の点検などの案件も協議された。

 大学のOTイベントについては、大規模なイベントは大学の本部が主管し、可能であれば校内で実施するが、やむを得ず郊外で行う場合、集団研修マニュアルを遵守する事としている。

 更に、仁川(インチョン)の学校プールの天井崩壊事故後の2月28日~3月10日まで、学校・機関が管理するプール152ヶ所を全て点検し、天井の枠組み、支持金属の腐食があった1ヶ所(全南(チョンナム)谷城(コクソン)の石谷小学校のプール)は、即時使用中止を指示した。

 イ・ジュンシク副総理は、「現在のように厳重な時期ほど、政府の事故予防と対応能力は、政府の信頼問題に直結する。各市道の教育庁と大学は、緊張感を持って学生の安全に1mmの隙も無いようにして欲しい」と話した。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0009127537

中国を韓国に置き換えても何の違和感も無い。(笑)
国中にセウォル号が潜み、安全と言える場所は大統領府の地下くらいしかない上、日本人となれば何をしても許される韓国に、大切な子供を修学旅行に連れて行くなど言語道断!!

釜山市が、日本人旅行客を誘致すると発表したけど、『慰安婦像がある限り行かない』とハッキリと断るべきなのよね?
日教組の言う事を聞くと、碌な事は無い。
韓国くらい、家族両行でも行けるし、両親と一緒の方が遥かに安心。
学習と言う意味では、国内旅行の方が10,000倍為になる。

ご案内

プロフィール

Author:nanakotedy
イタリア ローマで生まれ、10歳までイタリア育ち
大学卒業後、帰国
母方の祖父母と同居中

度重なる歴史認識の違いと言う言葉に、改めて近代史を学び直しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック